<   2018年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

顎関節症

昨年2017年4月中旬のこと。
朝目が覚めると、口が開けられず右顎に違和感を感じました。
こめかみを押しながら開口を試みること数回、
「カクン」
という音とともにやっと開口。

こんなことが2日続き、3日目の朝もまたもや開かず…。
何と3日目は、もう開口できませんでした…。
完全に右顎にロックしている様子。

その日は、時間を経るごとに、
開口しようとすればすりほど顎がますます痛くなり…
遂にはもう口がまったく開かず…。

顎関節症になりました…。161.png

その日は何度も開口を試みるも、もう右顎が痛くて痛くて開けられません。
「明日は良くなるかも!」
と淡い希望を抱くも、翌朝も全く開口できず…。

右下奥歯のさらに奥の歯茎も明らかに腫れているし…。

何と、指が1本入れるのも辛い状況で、
歯磨きがとにかく痛かったです。
歯ブラシを入れるのも大変なのだけど、
口内で歯ブラシの向きを変えようと回転させるときに
激痛が走ってました…。

米Bが色々調べてくれたのだけど、
何と顎関節症の手術が目が飛び出るほど高いらしい。
しかも完治には至らないことも多々あるらしい…。

それ以前に…指1本入るか入らないかしか開口できないのに
歯医者に行けるわけがない…拷問だわ!!

もういやだ~~~。(号泣)

友人に聞くと、痛み止めを飲むのも手だよとのこと。
普段は薬は飲まないのだけど、背に腹は代えられず…
少しだけ痛みがひきはじめました。

ネットで調べたり、人の話を聞いたりして、
歯医者にはいかず様子を見ることに。

サンドイッチを噛切るのも痛かったです…。
ましてやアメリカ牛なんか食べられません…。(笑)

色々調べたのだけど、私の右顎はクローズドロックという状態かと思われます。
上顎と下顎の間にある関節円盤がズレている状態です。
歯医者に診てもらわなくても開口状態と痛みで分かるほどでした。

それでも日々開口するよう努力はし、
右顎に負担がかからないよう荷物は両肩を使うようにし、
寝返りも両方にするようにし、
夏ころには指3本くらいが入るようになったのです。

日本で歯医者に診てもらったときに話をしてみると、
様々な生活習慣(歯ぎしり、ストレス、身体の右側を酷使などなど)が原因で手術をしても完治は難しいとのこと。
私の開口状態(歯医者で開口できる状態)でもう御の字ですよ、
と言われました。

あれから1年2ヶ月ほど経ちますが、指3本は確実に入るし、
何ならゲンコツも入りそう。(笑)

でも右顎にはまだ違和感が残っています。
関節円盤には自然治癒力はない(と読みました)らしいので、
円盤はズレたままです。
多分この違和感は一生取れないかと。
今でもとても硬いものを食べると違和感を感じるので、
食べ物にはこれからも気をつけなければいけないかなぁと。

医療費がとにかく高い米国、
いつまでも健康な身体でいたいものです。
もう若くはないので、
身体を大事にしなければいけないなぁ。

因みに顎関節症になる直前に食べていたのはこれ↓↓
b0166491_05265980.png
Trader Joe'sの大好きなイチジクとオリーブのチップス。
これすっごく硬いんです。
でも、すっごく、すっごく、本当に美味しいのです。

顎関節症になって以来、もう食べていません…。
あ~、食べたいな。


[PR]
by soiallie | 2018-06-13 15:55 | 身体 | Trackback | Comments(0)

Poison Ivy

フルタイムで仕事をしながら、
パートタイムでPhD取得を目指し、
それでも可能な限り家族と時間を過ごす、
我が家の超人こと米Bがポイズンアイビーにやられました…。

私がジュニアたちを連れて毎日行く公園に、
米Bが仕事が少し早く終わったからと、
仕事帰りに公園に来てくれました。
「キミは家に帰って少しゆっくりしてな~~」
と、優しい言葉をかけてくれた米B。

その後2号ととある木のところで遊び楽しい時間を過ごした様子。

2日後、腕・お腹・肘裏に蕁麻疹が現れました。
しかも真っ赤っかで大きい…オヨヨ、こりゃスゴイ。
「何かな~。最近食べたものかな~…」

その翌日、湿疹はほぼ全身に…
そして瞼が腫れ始めました…。

さらに翌日、普段は二重の米B、
もうその二重が完全に隠れてしまうほど瞼がひどく腫れまして…
本当に痛々しい姿に…。

最初は食べ物を疑っていたけど、この時点で公園のどこかでポイズンアイビーに
触れたことを確信。
(公園で遊んでいた木にはポイズンアイビーのツタが絡まっていました)

ちなみにポイズンアイビーとはツタウルシの一種で、
北米ではあちこちで見られる「触るな!危険」の植物。

米Bの肌はもともととても敏感で弱いので、このポイズンアイビーが
全身に広がりました。
興味のある方はネットで画像検索を。

ステロイドや他いくつかの飲み薬を処方してもらい、
結局2週間ちょっと飲み続けました。
この間、米Bは仕事が多忙になり、
PhDの学期末試験があり、しなくてはいけないことが山積みなのに
全く集中できず…。
見ていて本当にかわいそうでした。

b0166491_03432251.jpg

b0166491_03440255.jpg
ほぼ完治寸前の写真



発症してから3週間半経ったところでやっと完治。
2週間経ったところで薬を飲むのを止めた米B。
でも特にステロイドの副作用なのでしょうか…薬を止めた途端に
体調が優れない米B。
その後は1日起きに再び薬を飲みはじめることに。

ポイズンアイビーもいやだけど、
身体が薬漬けになってしまうのも怖いなぁと思わされた一件でした。

皆さんポイズンアイビー気をつけてください。
米Bは、長袖長ズボン(靴下も)にも拘わらずヤラれましたので…。
もし触ったらすぐに手を洗ってくださいね‼


[PR]
by soiallie | 2018-06-12 14:21 | 身体 | Trackback | Comments(0)
我が家は明後日から日本です。
今夏もジュニアたちは学校へ。
1号は小学校へ。2号は幼稚園へ。
1学期が終了したら米Bが合流し、日本での夏を大満喫する予定。
きっと楽しいに違いない‼

と、思うべきなのに…
考えるとちょっと後ろ向きな気分になってしまう。
静かに生活をしている両親のとことろに、
とんでもなく煩いヤンチャなジュニアたちを
放り込むこの罪悪感。

b0166491_03465297.jpg

昨年、日本に行って1週間で母は寝込みました…。トホホ。
そして父はジュニアたちと遊ぶ時間より昼寝する時間がどんどん長くなった…。

外出先ではあっちに頭下げ、こっちに「すみません…」と謝り…。
DCに戻ってきてホッとしたのを覚えています。(笑)


でもでも‼
大事なのは子供たちが日本で楽しい夏を過ごすこと。
我が家はブログでも分かるように、日本語の基礎を身につけさせたいがために
デイケアにもプリスクールにも行かせずに、私が家で面倒を見ています。

けど…これだけでは言葉は上手にならないと思っています。
日本での楽しい思い出こそが、彼らの日本への強い関心を維持する
源だと思っているんです。

b0166491_03485430.jpg

私がタイが好きで好きでどうしようもないのは、
今でもタイ語を勉強しているのは、
やっぱりタイが好き‼
という強いつよい思いがあるから。
その強い思いは、タイでの思い出は
何にも代えがたい素晴らしい素敵なものばかりというところからきています。

そんな時間があれば、彼らの日本への感心はいつまでも色褪せないと信じています。
その気持ちがあれば日本語も上手になっていくはずだと思うのです。

だから、母ちゃんはどんなに疲れても
可能な限り日本でジュニアたちをいろいろなところへ連れていき、
いろいろなものを食べさせるのです。

b0166491_03494119.jpg

さ、今夏も全身汗だくになりながら頑張りま~~す。166.png

同じように子供を連れて日本に行くお母さんたちも頑張ってください‼

[PR]
by soiallie | 2018-06-12 14:06 | 日本 | Trackback | Comments(0)

バンコクで15年も排気ガスまみれの生活をしたけど、未だ超健康優良人。タイと日本の大学→民間企業→米国大学院→NPO勤務→現在は旦那の米BとジュニアとワシントンDCで生活中。☆DCでの仕事+育児奮闘記ブログ☆


by soiallie
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30