バンコクでの朝食は、4日(MOB宿泊除く)あったのだけど、
予定通りにはいかず、米Bは消化不良感が否めませんでした…。
米Bのためにリサーチしたのに、クローズになっているカフェが2店もあり残念…。


b0166491_01043340.jpg

All Good In The Hood
こじんまりとしていてとても居心地がよさそうなカフェ。
でもカフェに着くと紙切れがペタッと…あ、イヤ~な予感
その紙切れには…
「一時閉店
再オープンは未定」
とのこと。
あ~、とても楽しみにしていた米B…ちょっと不満の顔でした。


Casa Lapin X Ploenchit
支店がたくさんあり、人気のカフェです。
CONRADからも近い店舗があるので、足取りも軽く行ってみたものの…。
探せど探せどないよ…。
近辺には別のカフェが1店あるのみ…。
HPではクローズしたとはなってないよ…。

結局、探せないのでこの近くにあるカフェに入ると…
Casa Lapin X Ploenchitの内装と同じだ…
あぁ、閉店して別のカフェになってしまったのね…。

結局このカフェでは食事はせず…
あ~消化不良です!!


Rocket Coffee

b0166491_01044349.jpg

b0166491_01045491.jpg

b0166491_01045079.jpg

b0166491_01050417.jpg

b0166491_01045983.jpg
スパイシーチキンサンドイッチ
前回もこれを食べましたが… ん~~安定の美味しさ。サイズも丁度良くて嬉しいですね。


2年半前にCentral Embassyに入っていた(今は別のカフェになっています)Rocketの本店。
小さいカフェだけど、平日だったのですぐに座れました。
そこまで暑くない時はテラス席もいいですね。


不発に終わることが多かった朝食…。
HPも当てにならずガッカリ…。
でも、それでも、バンコクにはカフェがたっくさんあるので
食べるものには困らないのが有り難いですね。

[PR]
# by soiallie | 2018-04-19 11:57 | タイ | Trackback | Comments(0)
バンコク滞在中、米Bは毎日マッサージを受けることを目標にしていました。
彼はスパ・マッサージ店6カ所に行き、ほぼ目標達成!!
ちなみに、私は5カ所。

b0166491_19522156.jpg


Ruemrudee Health Masage
ガイドブックにもよく載っているマッサージ店。
私は、両親がこのマッサージ店から徒歩30秒というところにいたので、
バンコクに行く時はこのマッサージ店しか行きませんでした。
閉店前にパジャマで行って、帰宅後はそのままベッドへ…なんてことしてました…。
20年近くここに行っていて、流れも理解しているので、
ここが一番心も体もリラックスできます。
CONRADからも近いです!!

今回は、足+肩+背中マッサージを。
着替える必要がなく、楽ちんです。


Ruen Nuad Massage Studio
シーロム・サートーンエリアで評判のマッサージ店(みたいです…)
1時間のタイマッサージをお願いしました。
ん~~~、普通かな…。
リピはないかな…と…。


The Oriental Spa


PANPURI ORGANIC SPA
Gayson Plaza店に直接出向いて予約。
平日のプロモーションメニューがあり、1人分の料金で2人目まで無料というものを利用。

b0166491_03255767.jpg
スッキリシンプル。清潔感に溢れています。

b0166491_03262107.jpg
予約をした際にも、このおしぼりとドリンクが出てきました。嬉しいですね。
とても美味しいドリンク。

b0166491_03261516.jpg

b0166491_03261086.jpg
施術室もスッキリシンプル。

b0166491_03260438.jpg
施術後は、温かいお茶とフルーツ盛り合わせ。
併設されているオープンキッチンから出来たての物が運ばれてきます。



THANN SANCTUARY
こちらもGayson Plaza店に出向いて予約。
デポジットも支払い、マネージャークラスっぽい人が対応してくれたのですが、
当日お店に行くとお部屋が確保されていない様子…。
早めに行ったけれども、部屋が使えるのが予約時間よりも遅れてしまうというわけで、
併設のウェルネスゾーン(アロマスチームルーム、塩セラピールーム、酸素セラピールーム)利用を
無料でつけてくれました。



b0166491_03254926.jpg
塩セラピールーム

b0166491_03254007.jpg
酸素セラピールーム
床下までデザインされています。



b0166491_03253508.jpg
カップルルーム

ここで出てくるコーンスープドリンク、とっても美味しいです。
おかわりしたいほど美味しかったです。
また、案内役をしてくれたレイディーボーイがとてもスウィートで、
そのスウィートさにチップを渡したいくらいでした!!



THANNもPANPURIもタイを代表するアロマブランド。
特徴は正直、どのブランドも似たり寄ったり…。
使い心地やパッケージデザインを見たりして自分なりに特徴を捉えていたつもりでした。
でも、実際にスパに足を運ぶと、ちょっと違いました…。

PANPURIは、そのロゴから割とラグジュアリー寄りなのかなと思っていましたが、
実際には至極シンプルなスパ。スタッフも押しは全く強くなく、制服デザインもシンプルで、
むしろいい意味で印象が薄い。
軽やかな印象を残してくれました。

THANNのロゴはとてもシンプルで分かりやすいのですが、スパ店内はそれとは違った。
緑や自然イメージを取り入れた斬新なデザインで、慣れるのにちょっと時間が…。
私も歳とったんだなぁ~。落ち着くものが好きになってきたと認めざるをえません…。

制服も洒落ていて、スタッフもちょいと押しが強い…強気だなー。
アロマのオプションはTHANNの方が圧倒的に多かったです。

THANNの施術室は私にはとても寒くて、温度設定変更をお願いしたけれども、
最後まで寒かったです…。

一方PANPURI…施術室のベッドは最後まで温かく感じました。
あれはヒーターが施術台に仕込まれているのかな?未確認ですが、もしそうであればすごい贅沢です。
でも後半に仰向けになった際には、やはり少し寒かったかな…。
冷え性なのでもうしょうがない…。

こんなブランド比較も今回はとても楽しかったです。

因みに、米BはPANPURIのヘッドマッサージが気持ちよすぎたと…。
また寝落ちしてました…。(笑)

[PR]
# by soiallie | 2018-04-18 14:19 | タイ | Trackback | Comments(0)
今回のバンコク旅行では行きたいカフェやレストラン、バーが本当にたくさん…。
でも日数の都合上不可能…。

その中でも絶対に今回は外したくないよ!!とつよく思っていたのがMa Maison


b0166491_05153878.jpg

昔、在泰英国大使館の後ろにナイラートホテルがありました。
↑天皇皇后陛下もご宿泊された素敵なホテル
またそこから数ブロック隣にはソイ・ナイラートと言い、
ラート氏の名がつけられた道があります。
この辺りの土地を所有していたことが理解できますね。

このラート氏は大変な実業家で、
その功績が認められて王室から称号「ナイ」と授かり、ナイ・ラートと呼ばれるように。

こんな歴史を知ったのも、恥ずかしながら、最近のことです。
バンコクにいた当初は、な~~~にも考えず・思わずに、
ナイ・ラートホテルやソイ・ナイラートを通り過ぎてました。


このナイ・ラート氏の邸宅の一部がレストランやカフェになり、
また博物館、
そして邸宅の一般公開もしているんだそうな。

ソイ・ソムキットを奥に進んでいきます。
このソイとプルンチットを挟んで、向いのソイ・トンソンには
所謂ドブ川が…。
異臭にはわりと慣れているつもりですが、
それでも呼吸するのが嫌になる臭いが…。
この臭いは昔から変わっていません…。



b0166491_04474098.jpg

b0166491_04475401.jpg

b0166491_04480411.jpg

b0166491_04485049.jpg

b0166491_04481372.jpg

b0166491_04485790.jpg
私はタマリンド蜂蜜ジュース、米Bはライチシェイクを。美味。

b0166491_04490780.jpg
ラート家オリジナルのスープ。これ家庭の優しい味がしてとっても美味しかったです。

b0166491_04491485.jpg
大好きなトート・マン・プラー。安心の美味しさ。
米Bは2つ。私は3つ頂きましたー‼


b0166491_04492161.jpg
「そうだ、パッタイ食べてない」と好きでもないのにオーダー。やっぱりパッタイはそんなに好きではないことを再確認…。
ゴメンナサイ、食べきれませんでした…。



Ma Maisonにはこの日の夜に行きたかったのですが、
もうすでに予約でいっぱいだったので、ランチに行くことに。

夜はライトアップされてぐっと大人の雰囲気になるかと思われます。
私たちが行ったランチ時は、びっくりするような超ハイソなマダムたちで
埋まっていました。
この日のランチ、全テーブルが予約されていました。

平日でも確実に食事をした方は予約をお勧めします‼


お料理は3品しかいただいていませんが、とても美味しかったです。
デザートまでは満腹のため手が届かず…。
また雰囲気もいいので、いろいろな使い方できるお店かと思います。

おすすめです!!

[PR]
# by soiallie | 2018-04-17 15:45 | タイ | Trackback | Comments(0)
バンコク滞在最後の宿泊先はSukhothai Bangkokです。
昔、キムタクがバンコクで宿泊するホテルだとよく雑誌で見ました。(笑)

タイ初の王朝、スコータイ王朝をイメージして作られたこのホテル。
ホテルのあちこちに置いてある調度品はアンティーク感がありとても素敵です。
でも、お化けを信じるタイ人はちょっと近づきがたいホテルかも…。←余計なお世話ですね。
気持ち薄暗いです…。


古いホテルですが、昨年からリノベーションが開始しています。
私たちが滞在した時は、別館がリノベーション真っ最中でした。

この旅行を企画した当初、
Conrad2泊、MOB3泊、Conrad2泊を考えていました。
ところが…いろいろとリサーチをしていた最中…
破格の値段でスコータイバンコクに泊まれることが分かり…
Conradよりちょびっと高いくらいの破格金額でした!!
Conrad2泊、MOB2泊、Sukhothai3泊に決定。


b0166491_03442728.jpg

b0166491_03444639.jpg

b0166491_03450211.jpg

低層で左右対称なデザインが美しいホテルです。
静かに過ごしたい人にはうってつけですよーー。

予約したのは一番下のカテゴリーのスーペリアルーム。
でも予約はホテルHPではなく、旅行サイトでしました。
だからなのか…?!
通された部屋225は入ると同時に、蒸し暑い…。
エアコンを入れ忘れたのだろうと、スタッフが出ていった後にスイッチを入れる。
でも、空気が出てくる音がしない…。
それにしても暑い…。
そして部屋に来るまでに通った廊下がカビ臭さを超える、
ちょっと呼吸するのが嫌だなと思う匂いがしました…。
全スタッフも気づいていると思います。
次にリノベーションが行われるのはこの本館ではないかと…。


早速電話を入れてエアコンが故障している旨を伝える。
すぐにメンテナンスの人がやってきたけれど、何だか難しい顔していますよぉ。
その間、私と米Bはベッドで座っているだけ。

するとまたメンテナンススタッフが1人やってきて、2人態勢で天井を開け始めました‼
嘘でしょ~~。
それをゲストの前でしちゃう~~~?!?!

米Bがどれくらいで直りそうですか?と聞いたら
2,3時間とのこと。
部屋はどんどん暑くなる一方。2,3時間も待てません!!

荷解きもしていないし、このままではどこへも行けないので米Bは受話器をすぐさま取り
フロントに電話をし部屋を変えてくださいとお願い。

結局2つ隣の227に移動することに。
スーペリアルームからエグゼクティブスイートに変更です。


b0166491_03453138.jpg
広々としたホワイエ。写真左側にもトイレがあります。
右にはバスルーム。正面はお部屋。
米Bは、このホワイエの床の張り方がお気に入り。

b0166491_03452099.jpg
鏡効果もあり広々としたバスルーム。バスタブの右側もトイレ、左側にはシャワールーム。
ダブルシンク、クローゼットも2か所あり、とても贅沢な作り。

b0166491_03454182.jpg

b0166491_03455341.jpg
シルク張りのソファーと椅子、贅沢ですね。でも座り心地はイマイチ…。

b0166491_03460046.jpg
結婚記念にお祝いの美味しいケーキをいただきました。
また花束もいただき、更にエアコン故障の謝罪として豪華なフルーツセットも運ばれてきました。

b0166491_04515744.jpg
南国情緒たっぷりのモンステラ。我が家のリビングルームを思い出します。(笑)


b0166491_04511425.jpg
お部屋から見える中庭。綺麗に手入れがされています。


このSukhothai Bangkokでもゆっくりホテル滞在をと思っていたのだけど、
結局外に繰り出すことが多くなってしまいました。

ルンピニー公園にも徒歩圏内なのですが、歩道橋もなく、横断歩道は大通りにのみ。
非常に行きづらかったなぁ。
近辺にはカフェなどもあるものの、徒歩で行くにはちょっと遠く、
結局至近距離をタクシー移動することに。

とても評判の良いホテルですし、静かな時間を過ごせるホテルなのですが、
頻繁に外に繰り出すには、ちょっと不便かなと。
↑私は、思っていた以上に不便でした…。

ジムやプールを朝食を堪能することもなく終わってしまった3泊…。


米Bも私もリピートするならConrad‼となりました。

[PR]
# by soiallie | 2018-04-16 15:54 | タイ | Trackback | Comments(0)
バンコクで大人気のルーフトップバー。
以前はシロッコやヴァーティゴがメインでしたが、
今ではあちこちにできていますね。
高いところからドリンク片手にバンコクの街並みを・夜景を見るのは最高です。

今回行ったのはScarlett Wine Bar & Restaurant
シーロムのPullman Hotel Gにある人気店です。


b0166491_03110353.jpg

MOBコンシェルジュはお願いした通り、テラス席を取ってくれていました。
有難いです!!


b0166491_03111340.jpg

b0166491_03112543.jpg

b0166491_03113470.jpg

b0166491_03113931.jpg

肝心の食事ですが…
もう毎日食べ過ぎで少量にしました。
2品しかオーダーしませんでしたが、フツウかな…と。
この味なら私でもできる…というレベルです。あ、言っちゃった…。
お値段も割高かなぁ…と。

味とお値段柄でしょうか、タイ人はほとんど見かけず、
外国人が多かったです。



[PR]
# by soiallie | 2018-04-16 14:06 | タイ | Trackback | Comments(0)

バンコクで15年も排気ガスまみれの生活をしたけど、未だ超健康優良人。タイと日本の大学→民間企業→米国大学院→NPO勤務→現在は旦那の米BとジュニアとワシントンDCで生活中。☆DCでの仕事+育児奮闘記ブログ☆


by soiallie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30