Mandarin Oriental Washington DC -プロポーズ11周年‐

米Bパパママが遊びに来ている間に、DCでホテルステイを楽しむことにした私たち。
ホテルは最後はパークハイアットかマンダリンオリエンタルの二択に…。

再開発が進んでいるThe Warfも楽しみたい、
そしてタイダルベイスンの近くという、「ちょっと非日常感を味わいたい‼」
というわけで、マンダリンオリエンタルに決定。
フォーシーズンズも見たけど、あれは高すぎて即選考から外しました。(笑)
St.Regisも候補に挙がったけど、テイストが私たちには非日常過ぎて、
こちらも選考外し。
でも、あーでもないこーでもないってホテル選びをするのは最高に楽しかったです。

そして3月のマンダリンオリエンタルバンコク(MOB)に続き、今年まさかの2度目のマンダリンオリエンタル。

写真はお部屋のみ撮影しました。
b0166491_05570321.jpeg

b0166491_13065783.jpeg
タイダルベイスンを望めるお部屋にアップグレード。
ペンタゴンもエアーフォースメモリアルも見えます。
カーテンには素敵な模様がありいい気分にさせてくれます。
ベッドは心地よいのだけど、枕が柔らかすぎて快適睡眠にはならず…。
お水はターンダウン時のみの提供。


b0166491_05573225.jpeg
テイファニーブルーをだいぶくすませた色です。
最初は驚いたけど、慣れたら素敵に思えました。
ベッド横にあるオリエンタル調家具が冷蔵庫になっています。
でも、これをターンダウン後に開けると、ゴンッ!とベッドサイドテーブルにぶつかるんです…。
皆同じことをするので、扉の一カ所だけ異常なほどに傷だらけ…。


b0166491_05574629.jpeg
シングルシンク。
時間に余裕があったので、全く問題なしでした。
でも、MOBにはあったバスソルトや細々としたアメニティはなし。
お水もなし…。

b0166491_05580847.jpeg
残念…お掃除が行き届いていなかった。
前の人の髪の毛も残っていたし、バスタブもツルッツルではなかった…あぁ。(涙)
でもお水の出はよく、バスタブにお水を溜めるのに時間はそこまでかからず。


b0166491_05583500.jpeg
マンダリンオリンエタルオリジナルを期待していましたが、あったのはAtelier Cologne(仏製)。
香りがきもち強くて、かつ持続時間が長い気がします。
でもシャンプーコンディショナーは髪がギッシギシに…。

プールはタオルやお水補充スタッフが入るのみで、
基本スタッフゼロです。

ジムもセルフサービスで、施設・設備ともに
うちのアパートのジムの方がいいなぁというのが感想。

辛口ですが…これが米国内のマンダリンオリエンタルの標準かなぁと思うとちょっと寂しい。
ホテルを去る時も、別に何の感情も…。
MOBを離れた時は、本当に泣いてしまいそうなほど寂しかったし、また是非泊まりに来たい!!と強く思ったのに。

それなりに綺麗だけど、DCという場所柄もあり
やっぱりビジネスホテルの域を出てない感が強いです。
歓迎されている感はゼロで、ビジネスライクなホテルでした。

このホテルに滞在しながら考えたのは、やっぱりMOB。
「そんなに好きなのか~~い‼」と何度も自分にツッコミを入れました。(笑)
そして
「またMOBに絶対に行こう‼」と誓ったのです。(笑)
本人「バンコク」という名の病気ですので…悪しからず。

3泊目は米Bパパママにプレゼントしました。
とっても喜んでくれたので、それが一番嬉しかったな。




[PR]
トラックバックURL : https://soiallie.exblog.jp/tb/29056649
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by soiallie | 2018-12-30 15:48 | | Trackback | Comments(0)

バンコクで15年も排気ガスまみれの生活をしたけど、未だ超健康優良人。タイと日本の大学→民間企業→米国大学院→NPO勤務→現在は旦那の米BとジュニアとワシントンDCで生活中。☆DCでの仕事+育児奮闘記ブログ☆


by soiallie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31