Poison Ivy

フルタイムで仕事をしながら、
パートタイムでPhD取得を目指し、
それでも可能な限り家族と時間を過ごす、
我が家の超人こと米Bがポイズンアイビーにやられました…。

私がジュニアたちを連れて毎日行く公園に、
米Bが仕事が少し早く終わったからと、
仕事帰りに公園に来てくれました。
「キミは家に帰って少しゆっくりしてな~~」
と、優しい言葉をかけてくれた米B。

その後2号ととある木のところで遊び楽しい時間を過ごした様子。

2日後、腕・お腹・肘裏に蕁麻疹が現れました。
しかも真っ赤っかで大きい…オヨヨ、こりゃスゴイ。
「何かな~。最近食べたものかな~…」

その翌日、湿疹はほぼ全身に…
そして瞼が腫れ始めました…。

さらに翌日、普段は二重の米B、
もうその二重が完全に隠れてしまうほど瞼がひどく腫れまして…
本当に痛々しい姿に…。

最初は食べ物を疑っていたけど、この時点で公園のどこかでポイズンアイビーに
触れたことを確信。
(公園で遊んでいた木にはポイズンアイビーのツタが絡まっていました)

ちなみにポイズンアイビーとはツタウルシの一種で、
北米ではあちこちで見られる「触るな!危険」の植物。

米Bの肌はもともととても敏感で弱いので、このポイズンアイビーが
全身に広がりました。
興味のある方はネットで画像検索を。

ステロイドや他いくつかの飲み薬を処方してもらい、
結局2週間ちょっと飲み続けました。
この間、米Bは仕事が多忙になり、
PhDの学期末試験があり、しなくてはいけないことが山積みなのに
全く集中できず…。
見ていて本当にかわいそうでした。

b0166491_03432251.jpg

b0166491_03440255.jpg
ほぼ完治寸前の写真



発症してから3週間半経ったところでやっと完治。
2週間経ったところで薬を飲むのを止めた米B。
でも特にステロイドの副作用なのでしょうか…薬を止めた途端に
体調が優れない米B。
その後は1日起きに再び薬を飲みはじめることに。

ポイズンアイビーもいやだけど、
身体が薬漬けになってしまうのも怖いなぁと思わされた一件でした。

皆さんポイズンアイビー気をつけてください。
米Bは、長袖長ズボン(靴下も)にも拘わらずヤラれましたので…。
もし触ったらすぐに手を洗ってくださいね‼


[PR]
トラックバックURL : https://soiallie.exblog.jp/tb/28364217
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by soiallie | 2018-06-12 14:21 | 身体 | Trackback | Comments(0)

バンコクで15年も排気ガスまみれの生活をしたけど、未だ超健康優良人。タイと日本の大学→民間企業→米国大学院→NPO勤務→現在は旦那の米BとジュニアとワシントンDCで生活中。☆DCでの仕事+育児奮闘記ブログ☆


by soiallie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31