子供と電子機器

タイトルの電子機器、ここではiPhoneやiPad、子供用ゲーム機のことを指します。

我が家では基本与えていませんし、触れさせていません。
ただし、飛行機など移動時間が長い乗り物に乗る時と、私が美容院に行く時(日本で)のみは電子機器を許可しています。
どっぷり浸かっちゃうから許可したくないのが本音だけど、機内などでぐずってぐずって大暴れされても困るので許可しています。

ジュニアたち、普段は「iPad使いたいよ~~」など絶対に言いませんが、いつかは「やらせて」「携帯電話持ちたい」という日がやってくることは必至。
私たち姉弟が小学校低学年の時にファミコンにどっぷり浸かったように…。(笑)

今でも朝スクールバスを待っている時に、年上のお兄ちゃんお姉ちゃんがiPhone見ながらバス待ちをしていると、静かにサッと横について覗き込んでいます。
↑私はあんまり好きではないのですが…。きっと親が朝一緒にバス待ちができないから持たせているのかと。そしてその子はそのiPhone持って学校行ってしまっています。そして時々iPhoneに夢中になり過ぎてスクールバスに乗り遅れたことも…。


「欲しい‼」とジュニアたちに言われる日を可能な限り先延ばしにするためにどうしたらいいか…。

米Bと私が出した答え。
それは、子供の前でiPhoneを触らないようにする。そして興味を持たせるのを遅らせる。

食事中、ついついiPhoneに手が伸びてしまう米Bですが、即対応しなければいけない件以外は触れないでもらっています。

公園で子供たちの面倒を見ている時、時間を潰すためにはiPhoneが活躍してくれますが、iPhoneは触りません。
以前は時間確認のためにiPhoneを出してはチラチラ見ていましたが、今は腕時計をつけることで子供たちの目にiPhoneが入らないようにしています。

あと、iPhoneばかりいじっていると、ジュニアたちが
「あれ~、マミーは僕たちには興味がないのかなぁ~」
とそのうち思い始めるのでは…と思うとちょっと怖い…のが本音。


私は、就職活動をするまで携帯を持ちませんでした。企業から携帯に電話がかかってくることがほとんどだという話だったので、「面倒くさいなぁ」と思いながら購入したのを覚えています。全くイマドキじゃない子だったなぁ。(笑) 
皆の携帯番号知っていれば、こっちからは連絡つくし…全然事足りるよ~って心底思ってました。
高校時代も、ポケベルが大流行していたけど、これにも興味は一切なし。携帯同様、欲しいとも思わなかったなぁ。

私の経験では、
・興味がないこと
・大流行しても見向きもせず我が道をいく
・電子機器よりもっと楽しいこと、注力したいことがあった
という3つが電子機器を欲しいとも思わなかった大きな理由だったと思います。

うちのジュニアたち、電子機器よりも外で遊んで、広い空を見ながら逞しく育っていってほしいなと思う。
ボーイスカウトやスポーツなど、全身を使って注力、心から楽しんでできることを見つけてほしいと思う。
電子機器に世界を作ってもらうのではなく、自ら自分の世界を作ってほしいとおかんは心底思うのです。
b0166491_05030154.jpg
「欲しい‼」と言われるその日まで、私も子供たちの前でiPhoneを触らないように努めたいと思います。

あ~、でも仕事持っていたらそうもいかないのかなぁ…。
それはその時になったら考えま~~す。

[PR]
トラックバックURL : https://soiallie.exblog.jp/tb/28166137
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by soiallie | 2018-02-28 14:24 | ジュニア | Trackback | Comments(0)

バンコクで15年も排気ガスまみれの生活をしたけど、未だ超健康優良人。タイと日本の大学→民間企業→米国大学院→NPO勤務→現在は旦那の米BとジュニアとワシントンDCで生活中。☆DCでの仕事+育児奮闘記ブログ☆


by soiallie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30