育児が苦しい…。

1号は昨年9月より現地の幼稚園に入園し、私の手からちょこっと離れました。
今年は6歳になる1号。
聞き分けもよくなり、再び「マミー、大好き!」って懐くようになり、何だか可愛さ倍増。
あ、でもお弁当は食べてこないし(趣味のお喋りに高じちゃっているみたい)、食べても遅いし、何よりもお喋りが大好きすぎて、それが彼の日々の行動をいろいろ邪魔しています。ちょっと不安だわぁ。

で、2号。
あと本当にちょびっとで3歳になるという今、まさに「魔の2歳児」真っ最中。
日々ひどくなっていき、いつ落ち着くのか先がまったく見えず…。
1号の時も「うわぁ~、大変だ」って思ったけど、2号はそれに輪をかけてひどい…。
すぐに癇癪を起すし、危ないこともケガするまでやめない…いつもどこか出血してギャン泣きして終わるという具合。
そして言葉が遅い。吃音が目に見えてひどく、親としては自然と治っていくことを祈ることしかできない毎日。
食べ物を与えればひたすらに汚してくれる。
オムツも外れない…うんちしたって、報告すらしない。
もうお尻は毎日悲鳴をあげて真っ赤っかに腫れてます。オムツ交換時はいつも大泣き+痛くて大暴れ。なのに「ポティ~」って言わない。
母ちゃんの私は、一日中2号のいろんな汚れ物を処理してもう疲れた…。

子供を授かる前、私はそれなりにいいお母さんになると思っていた。
子供が大好きだったし、一緒に遊ぶのも、一緒にお喋りするのも大好きだったし、あれやこれやと面倒見てあげるのも大好きだった。

愛する人と一緒になって、その人のDNAを受け継ぐ子供を授かって、五体満足でこっちの世界にやってきてくれて、これ以上に幸せなことが世の中に存在するのだろうか?と真剣に思っていたのに…
あの時の私は仮面をかぶっていたのだろうか…偽善者だったのだろうか…。
と、思う毎日。

そのくらい、今は育児が苦痛。キツくて苦しくて仕方がない。
2号も5歳の幼稚園が始まるまでは自宅保育をする予定だけれど、もう早々と仕事を探して社会復帰をしようかと思うほど。
でもそうしてしまうと、5歳まで彼に日本語のシャワーを浴びせたいという目標を達成できずに終わってしまう…。
やっぱり2号が5歳になるまでは頑張ろう。
あと2年半、日本語の基礎をきちんと植え付けるお母さんでいよう。

[PR]
by soiallie | 2017-03-14 16:40 | ♪ ジュニアたちのコト ♪ | Trackback | Comments(2)
あ~、やってしまいました。

「お前さんは、ジゼル文珍じゃなくって、ジゼル・ブンチェンを目指すんじゃなかったの!?!?」と何度も自分に問いかけかけましたよ。


はぁ、一昨日のこと。
人生2度目のぎっくり腰。
はぁ。

1号の鼻を綿棒で彼の後ろから掃除してあげようと、上半身をちょこっとだけ前に倒してしばらくしたら
「グキグキッ」
と背中に痛みが走ったのです。
あ~、やってしまった~~‼
痛みの走り方が前回より軽いというのは何故だかすぐに分かったものの、やっぱり痛い。
腰というより、お尻の限りなく下の方が痛い…。陣痛を思い出す痛みだわぁ。

その日はとっても暖かく、1号2号を連れてフローズンヨーグルトを食べに行こうと話をしていたのだけど、この痛みでは行けそうにない…。
「悪いけど、行けそうにないよぉ…」
と1号にいったら、大泣き。
もう少しで5歳になるというのに、赤ちゃんみたいなあり得ない泣き方をする1号。

結局、ぎっくり腰を和らげる体操なるものをしたら背筋もなんとなくまっすぐになり、歩けるようになりました。
はぁ、こんな時も身体張らなきゃいけない状況にいる私の育児って一体…何。(笑)

1号には何があってもグズらない‼何があってもきちんと横を歩くこと‼をよ~~~く言い聞かせていざ出発。
時々腰をさすりながらだったけど、フローズンヨーグルトも行ったし、その足で日課である公園にも行きました。
あ~、きっつい。
2号をストローラーに入れるのが一番しんどかった…。


米B不在だったので、この3週間はまったく運動をしていませんでした。
かつ、どっしりとした2号を抱っこ紐に入れて外出することも多かったのです。
今考えると、この抱っこ紐を使用した時にいつも負担がかかっている場所が今回痛んでいるところ。
もう抱っこ紐は使用しないことにしました。
2号には犬のリーシュならぬ、散歩用の紐を購入したいと思います。
ま、その他にも日々の生活で身体に負担がものすごくかかっているのも実感していました。
それがぎっくり腰という形で爆発したというわけ。

あ~ぁ、結局私も年とったんですね。
ジゼル文珍ならぬ、ジゼル・ブンチェン目指します‼とか言ってるけど、とってもほど遠いところにいることを実感。
家の中では「お婆ちゃん」と呼ばれる始末。

でも、「マミー、大変だね。じゃあ、しばらくみんなで静かに過ごそうね‼」と1号2号が言うわけでもなく。
こんな状況になっても、毎日ぎっくり腰和らげ体操をしながら1日2回公園に連れて行っています。
ま、一生公園通いが続くわけでもないのでもう少し踏ん張ります。

米Bよ、週末は1号2号の面倒を見てちょうだいね。
頼んだ!!←丸投げ。
[PR]
by soiallie | 2016-03-11 14:34 | ♪ 身体のコト ♪ | Trackback | Comments(0)
4歳の1号。
朝から晩までペラペラペ~ラペラ、お喋りマシーンと化してます。

でも、彼の日本語が可愛すぎて訂正する気も起きない時があります。
↑日本人母ちゃんとしてど~なの!?と言われそうですが…。


光る⇒ピカル

日焼け止めクリーム⇒火傷クリーム

ゼラチン⇒ゼラチーノ


いつも大爆笑させてもらっています。
[PR]
by soiallie | 2015-06-05 11:12 | ♪ ジュニアたちのコト ♪ | Trackback | Comments(0)

4歳を迎えたジュニア1号

我が家のジュニア1号、4歳になりました。
あ~、何だかんだ言っても時が流れるのは早い。
もう4歳なんだね。

毎日朝から晩まで大騒ぎの1号。静かにしている瞬間がまったくなくて、こっちは本当に疲れてしまう毎日。午前午後と1日に2度公園に連れていくのだけど、半日が終わった昼食後の時点でこっちはもうクッタクタ。
ソファーで横になる母ちゃんの疲労っぷりなどお構いなしの4歳児…
「マミー一緒に遊ぼうよ~~~」
「な、な、な、何して遊ぶぅぅぅぅ~~~~」
と言いながら浅い眠りに入ってしまうダメ母ちゃん。(笑)

とにかくこれからも元気に生きていければいいか。

b0166491_22564487.jpg
↑今年作ったケーキ。去年と同じくチョコレートケーキのリクエストが来たので同じものになりました。でも、ダメダメだった昨年のものより上手にできました。1号は大満足!!


1号育児は初めての育児ということもあり、手探り状態が続き、2~3~4歳にかけてはイライラがいつもピークに達していました。このままじゃ精神衛生上良くないなぁ、1号も私と過ごす時間がイヤになってしまうのでは…と思うこともしばしば。

でも、4歳になる少し前からさらにおしゃべりが上手になり、自分の思っていることを言葉にして、それを自信を持って伝えることができるようになりました。

ある朝のこと。公園に行くよ~‼というのに、私のベッドでゴロゴロしている1号。何度言ってもいつまでもゴロゴロしている1号。堪忍袋の緒が切れた私は、「これ、行くよ!!」と1号をベッドから引きづりおろしました。静かに従っていた1号だけど、しばらくしたら「僕、ゴロンゴロンってまわりながらベッドから下りたかったの」と私に伝えてきました。

頭では分かっていました、子供の行動には子供なりの理由がともなっているということを。でも、ついつい大人目線で毎日を過ごしてしまいがちな私は、心が穏やかでなくなるとそのことを考える余裕がなくなっていたのです。
でも、この時の1号の言葉が実体験となり、全ての行動に子供なりの理由付けがあるということを理解したのです。

あの日以来、以前より少しだけ心に余裕を持って対応できるようになったと感じています。

1号は4歳。
私も母ちゃんとして4歳になりました。
一緒に大きくなっていこう‼
[PR]
by soiallie | 2015-05-31 09:56 | ♪ ジュニアたちのコト ♪ | Trackback | Comments(0)
寝汗ってかきますか?

私はここ1ヶ月ほど寝汗がすごかったのです。
すでに暖房は切っていて、部屋の温度が高いというわけでもないのに、夜中に目が覚めるとパジャマがグッチョリ。しばらくは気にしないでいたのだけど、ちょっと異常かなぁと思うようになり、米Bも寝汗をかくかどうか聞いてみたら答えはNo。

じつは寝ている時に両手も痺れます。

何か原因もよく分からないし、とりあえずでネットで調べてみることに…。


私の症状はどうやら自律神経失調症に近いようで、いろいろ読みながらフンフンと納得しました。
こりゃあストレスだな…と。(汗)

育児中心の生活ですぐにストレスだろうなと全く気付きもしなかった私…こりゃ酷い。

でも、ようはストレスってことねと分かったら、寝汗をかかなくなりました。

冬も終わったので、週末には外に走りに行き、米Bが1号2号を連れ出して1人だけの時間を部屋で過ごさせてくれるので、ストレスと上手に向き合えるようにしたいと思います。

いや~、ストレスって怖い。
と今更ながら思いました。
↑それくらい酷い寝汗をかいていたんです…。
[PR]
by soiallie | 2015-04-26 09:52 | ♪ 身体のコト ♪ | Trackback | Comments(2)

1号2号の育児

1ヶ月前に2号は無事1歳を迎えました。
2号の育児はとても楽ちんでした。
じつは寝かせつけるためにあやしたことが1度もないんです!!
生後半年くらいまでは空腹時と1号に痛い思いをさせられた時しか泣かなかった2号。
外でもほとんど泣かず、2号の育児だけを見ると本当に手のかからない子です。

でも、ヤンチャでひたすらハイテンションの1号と一緒の育児は…大変です。
世の中には3人も4人も子育てをしているお母さんがいるというのに、私は2人でついつい弱音を吐いてしまいます。

もうすぐ4歳になる1号は、好奇心旺盛・何でもしてみたい・考える前に行動‼・お喋り・社交的・ヤンチャ・言うことをきかず…この年にはよくありがちなのだろうけど、なかなか手ごわいです。悪知恵もついてくるし、口も達者になるし、嘘をつくようにもなる。
本人も認めてます、「どうやって言うこと聞いたらいいか知ってるけど、どうしても悪いことをしちゃうんだよ…」と。
↑これはこれでとっても可愛いのだけどね。

私はその場その場で注意します。叱ります。
でも、これってとってもエネルギーが必要で、お昼食べ終えた頃にはもう疲れ切っているほど。
頑張れ、母ちゃん。


1号は、この春から日本語の幼稚園に通い始めました。
といっても土曜日のみの幼稚園。
友人たちのお子さんたちはデイケアやプリスクールに通っている子がほとんど。
でも、我が家は日本語の幼稚園以外にはまだ通わせていません。
我が家は現地の学校に行くまではできるだけ日本語に触れさせようという方針。
米Bは日本語話せないし書けないけど、この方針以外は考えられないとのこと。ありがたや~~。

余談だけど、幼稚園の入園式は泣けました…。あの元気が有り余ってヤンチャで言うこと聞かない1号が、先生の言うことを聞きながらお友達と静かに歩いて講堂に入ってきた姿を見た時、やればできるんじゃない!!と泣けました。椅子にもきちんと座れたし、静かに座っていられたし、もうそれを見ているだけで報われた気分になりました。
が…1号はそれでは終わらなかった…。入園式の真っ最中、彼は突然椅子から転げ落ちて、床に顔をつけたまま静止。はぁ?!?!
先生がすぐに声をかけてくれたので、その後再び椅子に座った1号。
あとでどうして椅子から転げ落ちたの?と聞いたら…
「小さい虫さんが僕のことを押したの!」と。
3歳児の頭の中は相当ワイルドな想像の世界が広がっているのだろう…。アハハ。

b0166491_23245753.jpg

b0166491_23245935.jpg


私がいるところは5歳(日本の年長にあたります)から義務教育が始まります。
1号は現地の幼稚園に入るまでは私が面倒を見る+日本語の幼稚園でいく予定。
でも、米Bは1年遅らせて幼稚園に入れたい(小学校も全部1年遅れになります)と言っているので、私との生活はさらに長くなるかも…。

1号も2号も日本語できちんと会話ができるようになってほしいし、小学校卒業程度の漢字は書けるようになってほしいと考えています。子供への負担は大きいかもしれないけど、成長してからの物の考え方・世の中の見方が違ってくると思うので、母ちゃんは頑張りたいと思います。←というか、我が家では私しかそれをする人がいませんし…。

1号2号の育児、決して楽しいことばっかりじゃないけど、2人が自分で考え、自分の意見を自分の言葉で口にすることができて、誰に対しても思いやりを持てて、困難なことがあっても前を向ける人間になってほしいので、10年、15年先を見ながら育児をしていきたいと思っている今日この頃。

2人とも今はたくさん身体を動かして遊びまくるのだ~~~‼
それは今しかできないからね。♪
[PR]
by soiallie | 2015-04-25 11:43 | ♪ ジュニアたちのコト ♪ | Trackback | Comments(2)

ついに社交デビュー

ジュニア1号にはいわゆるマブダチがいます。
去年の夏に公園で頻繁に顔を合わせるようになり、と~~~っても仲良くなった友達です。

玩具はちゃんとシェアできるし、2人で楽しくおしゃべりもできるし、とにかく何時も楽しそうにしている2人。

1号は3歳10か月だけど、まだ学校には行かせていません。そのため他の子どもたちと遊ぶのは公園。その公園でも親しい友達ができるかというと、なかなかそうもいかず…。
でも、このマブダチは違った。相性バッチグー(死語?!)だったのでしょう。
とにかく羨ましいほど仲良し。

このお友達はいつもナニーと公園に来ています。
そんなわけで私もこのナニーと仲良くなりました。


夏が終わり、秋も終わり、冬もそろそろ終わろうという先日のこと。ナニーがこのお友達のお誕生日が近いことを教えてくれて、ぜひ誕生日会に来てほしいとそのお友達のマミーが言っていると教えてくれました。
勿論行きますよ~~~。

そしてその数日後、ナニーからそのマミーからの伝言を受け取りました。
「お誕生日会とは別に、息子の本当の誕生日の日に我が家で家族だけでパーティーをするのだけど、ぜひぜひジュニア1号と来てください」
と。

おぉ~。まだこのマミーには会ったことがありません。
しかも最初にお邪魔するのがこのお友達の本当の誕生日。しかもおじいちゃんおばあちゃんも参加する本当に家族だけのお祝いの場だという。
あぁ~、ハードルが高い…高すぎる。プレゼントだって何を持って行ったらいいの~~~。
急にアタフタしてしまった私です。(恥)

バックグラウンドが何も分からないけど、プレゼントはジュニア1号が「ボク、これあげたい‼!」というものを購入。とにかく1号のこのお友達を想う気持ちを最優先しました。

その後、お誕生日会(本当のお誕生日とは別)の招待状が我が家に届きました。カードの裏にはそのお友達のマミーからの熱い思いがカードにびっしりと書かれていました。そのお友達がジュニア1号のことをベストフレンドだとお家では話していること、1号のことが大好きだということ、何か1号の母として涙が出るほど嬉しかったです。

そしてプレゼントはお誕生日会のときに持って行った方がいいか、それとも本当のお誕生日の方がいいのか確認してみたら、本当のお誕生日の方がいいですとのこと。
え~~~、お誕生日会の方がいいかなぁと私が思っていたから、違う答えにまたアタフタした私。(苦笑)
あぁ~~~、ハードルがさらに高くなったわぁ。

まずは本当のお誕生日当日、大雪の後で歩きにくかったけど、頑張ってお家まで行きました。
ついに社交デビューの時を迎えます‼
家に入るなり緊張する私…。
そのお友達のマミーとは初対面。
でも、なかなか上手にお話ができず…。
こればっかりは言葉よりも性格的なものなのだろうけど、やっぱりうまくいかないのは歯がゆいもの。
でも、考えたところで解決できるわけではないので、時の流れに任せることに。

この日はこのお友達の家族だけのお祝い。とても特別な場にお呼ばれされたことに恐縮しつつも、1号が来てくれたことを大喜びしているお友達とみるとやっぱり嬉しくなりました。そして1号も楽しそう。
どうやらこのお友達にとっては初めてお友達がお家に来てくれた日となり、初めてのプレイデートであった様子。そりゃあ嬉しいよね。
ご家族の皆さんともお喋りをし、無事社交デビューを終えました。
どっと疲れたけど、またハードルをひとつ越えた気がしました。

その3日後、またプレイデートにお呼ばれされた1号。また嬉しそうな2人。
そしてこの日はマミーとの会話でこんなことを彼女は言いました。
「I am very shy.」
と。なんだ~~、私だけじゃないのね~~、とスッと楽になった気がしました。

その2日後、このお友達のお誕生日会でした。
机に名前が書いてあったわけじゃないけど、自然と2人で並んで座って何だか楽しそう。
b0166491_23442584.jpg


さぁ、今年はジュニア1号のためにお誕生日会を開くとしよう!!
[PR]
by soiallie | 2015-03-10 09:57 | ♪ ジュニアたちのコト ♪ | Trackback | Comments(0)
ただいま午前9時半過ぎ。
我が家はとっても静か。

もうすぐ1歳になる2号は朝のお昼寝中。
そして3歳10か月の1号は部屋のお片づけ中。
といってもベッドで横になっている1号…おいッ!!

昨日1号はある小さい玩具を探す出すべく、部屋中を汚ったなくしました。足の踏み場もないほど…。
昨日は片づけをしなかったので、今朝に持ち越されたというわけ。

片づけをしないと公園も行かないよ、お絵かきもないよ、TVもないよ!!だから片付けなさい!!

と言われ、ハ~イ…と朝から部屋の中でガサゴソガサゴソしている1号。
全く片づける気なし…。

途中でおトイレ~。
お洋服のボタンして~~。
絵本読んで~~~。

そして終いには眠い~~~~。

やりたくないことは色々と理由をつけて後回しにしよ~って魂胆だな。
あわよくば最後はマミーがやってくれるだろうって考えているんだろうな。

悪いけど、今日はマミーはお手伝いしません。
最後まで自分でやりなさい。
[PR]
by soiallie | 2015-03-10 09:40 | ♪ ジュニアたちのコト ♪ | Trackback | Comments(0)
明日はいよいよ引越し。
このアパートとやっとお別れができます。1年間よく頑張りました。
明日からは快適な生活が待ってます。ふぅ。

荷造りはまだ終わらず…
2週間ほど前、興味大有りのポジションの採用告知があったので即応募。1週間以内で最終面接まで終了したというフルスピードの超集中プロセス。
この間は面接に集中するため荷造りは一切しませんでした。
というわけで米Bと必死で荷造りのここ数日。
今夜もベッドが遠い…。

b0166491_856818.jpg

Windmill Hill Parkには片道40分かけてよく歩いて行きました。
ここでジュニア1号を膝に乗せながらブランコ乗ったなぁ。
1号との思い出がいっぱいだ。

アレキサンドリア、また遊びにきまーす。
[PR]
by soiallie | 2014-07-30 19:43 | ♪ 日常生活のコト ♪ | Trackback | Comments(2)

ウンチ記念日

本日、ジュニア1号がおトイレでウンチができました。

1歳半からなんとな〜く始めたトイレトレーニング。

トレーニングに本腰を入れたのはここ半年ほど。
オシッコはできるようになったけど、おトイレでのウンチは絶対拒否の1号。

「おトイレでウンチできたらラムネ(日本のやつです)あげるね」
と言っても何が何でも拒否していた1号。

本日、「ウンチする〜」と昼寝中に出てきて素直にポトン。

母ちゃんは嬉しくって感動したよ。
そして泣きました。
声に出して泣きました。
人のウンチでこんなにも感動するとは思ってもいなかった。

2014年6月3日、1号のウンチ記念日です。

今夜はいい気分で眠れそうだよ。
[PR]
by soiallie | 2014-06-03 23:51 | ♪ ジュニアたちのコト ♪ | Trackback | Comments(2)

バンコクで15年も排気ガスまみれの生活をしたけど、未だ超健康優良人。タイと日本の大学→民間企業→米国大学院→NPO勤務→現在は旦那の米BとジュニアとワシントンDCで生活中。☆DCでの仕事+育児奮闘記ブログ☆


by soiallie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30