b0166491_03105660.jpg
5月のメモリアルウィークエンドからプール開きした私たちのアパート。
といっても、しばらくの間は肌寒い日と雨が続き、とてもじゃないけどプールなんて入れませんという状態でした。

でも、先週末からやっと暑くなりはじめ、プール日和が続いています。
午前、午後と一日に2回の公園通いをしている我が家ですが、この暑さでプールにスイッチしました。

アパートにあるプールはラクチンでいいなぁ~~♪と思うのだけど、
この暑さの中太陽の下で数時間、しかも午前午後2回と過ごすのは結構体力奪われますね。

毎晩、夕食後にパタンとソファーに倒れ込んで眠りに落ちてしまいそうになっています。
そして週の半分はさらに早く起きてランニングなどに行くので、そんな日は夕食の後片付けがとんでもなく億劫になります。

暑いのが好きなハズなのに、暑さに対する疲れがすぐ出てくる今日この頃。
頑張れ、母ちゃん。166.png


[PR]
by soiallie | 2017-06-14 14:54 | ♪ 日常生活のコト ♪ | Trackback | Comments(0)
b0166491_03305345.jpg
5月末から水が出た毎日通っている公園。でも、今年はまだ「うわぁ~、あっつ~~い!」という日がやってきていません。
みんなブルブルしながら水遊びしてます。122.png

1号の通う幼稚園はアパートから徒歩5分ちょっと。
スクールバスより歩いた方が早いです。
でも、スクールバスに乗りたい‼という1号の希望もあり、スクールバスで登下校しています。

とてもありがたいことに、スクールバスは我がアパートの前で停まってくれます。
(それだけ子供がこのアパートにはいるので)
ほんと、ラクチンです。106.png
寒い冬はアパートのロビーで待っているだけでよく、贅沢と思えるほどのラクチンさ。

朝8時25分頃にバスが来るのですが、先日フト周りを見てみたら、お父さんの数が多いこと。
皆さんスーツ姿で子供をスクールバスに乗るのを見届けてから出勤している模様。
そういう我が家の米Bもその一人。
週に2~3日は米Bが送り出しをしています。

DCのダウンタウンまではすぐなのでできることですね。
毎日お父さんが送り出している家庭もとても多いです。
↑お母さんは数えるほどしか見たことがありません。


本当にラクチンな朝の見送り…
一方、出勤しない(或いは出勤時間の遅い)お母さんたちは格好もラクチン。

パジャマ姿に驚くことはもうないけど、今でも少し驚く姿があります。
それはガウン姿で送り出していること。
ガウン姿で送り出しているのを初めて見た時はびっくりしました。
「は~、私もまだまだだわ!!」
と思ったのを覚えています。(笑)

何だかまるで私はいつも小奇麗な格好で送り出しているような書き方をしましたが…
私は2日続けて同じ洋服を着て送り出すこともあります…。
「1号のマミーったら、昨日と同じ服だわ…」
と思われていること必至。
悪しからず。

[PR]
by soiallie | 2017-06-08 14:09 | ♪ 日常生活のコト ♪ | Trackback | Comments(0)

1号お誕生日パーティー

1号の6歳のお誕生日パーティー、無事終了しました。
パーティー1週間前までは雨予報。その後は曇り予報に変わったものの、強風予報が出ていました。
はぁ、今年も強風か…。
昨年は本当に風が強くて、寒くて、みんなダウンジャケット着てお祝いしました。
しかも強風のためろうそくに火もつかなかった…あぁ、苦しい思い出です。

でも、今年はお天気に恵まれました。
誕生日パーティー時間帯に強風予報が出ていましたが、強風予報の時間帯がどんどん後押しになり、パーティー中は温かく、風も弱く、本当に爽やかなお天気になりました。
b0166491_03164796.jpg
写真真ん中下にストローラーが入っていますが、公園のプレイグラウンドでお手軽パーティーです。
レーザーアトラクション会場や、ジム会場、プール、映画館などなど、皆さん素敵な箱でパーティーをすることが多いです。
でも、我が家は車を所有していないので、家から近いところでしか実施できず…。
かつなるべくお金をかけない方針。
また幸運なことに、1号からは「〇〇でパーティーしたい‼」とか特別なリクエストが出ていないので、外でプレイデイトスタイルのパーティーで十分に喜んでいます。

日曜日の朝10時半から午後12時までの時間帯で、子供の人数は20人、大人も20人、併せて40人のパーティー。
プレゼントは要りませんよ~~‼スタイルだったけど、ジュースを提供してくれた家族、ピザを届けるために車を出してくれた家族、お水のボトルを運んでくれた家族、パーティーを抜け出してケーキを自宅から一緒に歩いて運んでくれたお母さん、後片付けを一緒にしてくれた方々、そして荷物を自宅まで一緒に運んでくれた家族…。
そう、1号が楽しめたパーティーはお友達の協力なしでは実施できませんでした。
ありがとうございます‼

b0166491_03164124.jpg
ゲームは何もしなかったけど、ラティーノの血が入っている1号、米Bがピニャータだけはやろう!と準備しました。
「僕も‼」「私も‼」
と皆でワイワイ楽しんでやりました。
楽しかったなぁ。

そしてお金はかけないけど、食事にはある程度力をいれました。
子供全員をカバーできる大きなケーキ、大人用にロールケーキ2本(プレーンと抹茶)
テリヤキチキン(タルタルソース)、お新香巻、スモークサーモン手毬寿司、キヌアサラダを用意しました。
そしてピザだけはWFMで調達。
b0166491_03162409.jpg
毎年1号がリクエストしてくるチョコレートケーキ。
スポンジの周りのクリーム塗りは相変わらず下手ですが…味は悪くなかったです。
ロールケーキもみんなで完食。

公園のプレイグラウンドは予約不要なので、午後12時をまわってもパーティーはエンドレス。
結局公園を後にしたのは午後1時半過ぎ。
いいお天気の下でのパーティー、準備は大変だったけど、1号が心底楽しんでくれたのでいい思い出になりました。

強くで心優しい子に育っていってね~~。

[PR]
by soiallie | 2017-05-21 15:18 | ♪ ジュニアたちのコト ♪ | Trackback | Comments(0)
b0166491_02535952.jpg
今朝、2号と行った公園。昨夏までは1号2号と一緒に行ったなぁ。

6年前の今日、午前2時46分に1号は米Bと私のところにやってきました。
ドクターも驚きのスピード出産でびっくりした夜でした。(笑)

昨日、幼稚園から帰ってきた1号に、
「ちょうど6年前の今日の夜、あなたがダディーとマミーのところにきてくれたんだよ。
マミーの大事な大事な宝物。来てくれてありがとうね。」
と伝えました。

実はこれをおでかけ先に向かっていたバスの中で話したのですが…
1号、突然目に涙が…。
6歳なりに感動してしまったのか、真意は測りきれなかったけど、私の二の腕に顔をうずめて泣いていました。

それとも、もしかして「長生きしちゃったなぁ~。思い出がいっぱいだぁ。」とか思っているんじゃないでしょうね。
ちみちみ、人生はまだまだこれからですよ。

1号は、私との自宅保育を終えて、昨夏より現地の幼稚園に通っていますが、今でも「マミーと朝は公園に行きたい」と言ってくることがあります。
その姿はとても可愛くて、ついつい抱きしめたくなります。
あ、午後は1号2号両方連れて公園に行っています…。
でも1号よ、5歳まではた~~んまり遊んだのだから(正確には遊ぶことしかさせませんでした…)、午後3時過ぎまでは幼稚園で新しい世界を開拓するのだ。


私もお母ちゃんとして6年が経ちました。
でも、1号の最初2年はナニーに面倒を見てもらっていたので、ナニーに育ててもらったのも同然かな。
その後仕事を離れてから今日までの4年が、お母ちゃんとして随分と私も成長させてもらいました。
自分自身の弱い面や、今まで芽も出さなかった面が見えたことの方が多いけど、
「マミー、大~好き。僕とずっと一緒にいようね。」
と、米Bよりも素敵な言葉をかけてくれる1号を見ると、
これからも頑張ろうと思う。

時々折れて凹むこともたっくさんあるけど、お母ちゃん、頑張ります。



[PR]
by soiallie | 2017-05-10 13:35 | ♪ ジュニアたちのコト ♪ | Trackback | Comments(0)
今更ネタですが…。

ちょっと前にBBCのインタビュー放送で、お父ちゃんのインタビュー最中に子供2人が部屋に入ってきてしまい、その子たちを女性が連れ出していくという世界中で話題になった映像がありましたね。
FBでもあのインタビュー放送をたくさんの人たちが投稿していました。
そしてものすごい数のコメントもありましたね。

私が今でも忘れられないのはこんなコメント。
「Super Ninja Nanny!」
というもの。

え?そうなの?
コメントをしている人はあの女性がどうしてナニーだと思ったのだろう?

というのが私が最初に思ったことです。私はこの人はお母さんだと思ったからです(理由は下に書きます)。
ナニーだという証拠があったかどうか確かめるべく、再度映像を見ました。(笑)

やっぱりナニーだと確信できるものは私の目には映らず。
そうしていたら日本のウェブサイトでは、偏見がどうのこうのという記事が…。

「お父ちゃん大変だけど、可愛らしいなぁ」と思っていた私の気持ちとは全然違う方向にネット上では議論が向かっていってしまったようです…。



私は、あの女性はお母さんだろうなと思いました。
何故なら…

ナニーであれば彼女の首がかかっているので、私がナニーだったらトイレだって我慢して子供たちから絶対に目を離しません。
瞬きすらしないかも。(笑)
きっとあのお父さんもナニーには「仕事だから」と直前に言ってあるだろうし。

お母さんだったら、私がそうですが、30秒なら…とトイレに行ってしまったり、キッチンに立ってしまったりするからです…。
その隙に子供たちはお父ちゃんの部屋に行っちゃうのです。あぁ、私は、ダメ母ちゃんだぁ。
そしてあのちょっと乱暴な子供たちの連れ出し方、お母さんだからできることだと思います。

私があの女性をお母さんだと思ったのはこういう理由です。
でも、こういう見え方ができるようになったのは私も子供が生まれて育児をしてからです。
実際のところですが、あの映像を見て、彼女がお母さんなのかナニーなのかが大切なのではなかったように私は思います。

ただただ「可愛いなぁ」と思ったのです。
もちろんお父ちゃんはせっかくのBBCのインタビュー、格好良くキメたかっただろうから、それは遂行できず残念だったけど、とっても可愛らし映像だなと思いました。


私は、毎日子供を連れて1日2回の公園通い(本音:もうこれも疲れてきたなぁ…)をしていますが、周囲の人は私のことナニーだと思っている人がたくさんいます。
「あなたはこの子たちのナニーなの?」
「この子たちはあなたの子ですか?」
とかよ~~~く聞かれます。

うちの子供たち半分アジアの血が入っているのは見た目でも分かるけど、聞かれます…。
この辺ではナニーの多くは、アフリカ系、南米系、そしてアジア系が多いのが主たる理由です。

私、この子たちのお母ちゃんですから~~~。

あ、今朝もあるナニーに公園で同じこと聞かれました。

[PR]
by soiallie | 2017-05-09 13:41 | ♪ 日常生活のコト ♪ | Trackback | Comments(0)
来月5月は1号の6歳のお誕生日月。

あ~、頭が痛い…。
本当に痛い…。

ソツなくこなしたいのに、考えるだけで後ろ向きになります…。
「前みたいにお家で家族だけでお祝いしたいな」って言ってくれたらいいのにな。ボソッ。

4歳の時は、友人数人を呼んで自宅でパーティー。
(公園の予定が天候のため自宅に変更)

5歳の時は、日本語幼稚園の友人数人と公園友達数人を呼んで公園でパーティー。
(5月半ばだというのに極寒+強風でみんなダウンジャケット着てお祝い…)

6歳の今年、「幼稚園(現地校)のクラス全員と日本語幼稚園のお友達を呼んで公園でしたい‼」というのが1号の希望。
幼稚園のクラス全員が来るとしたら25人。
日本語幼稚園のお友達も全員が来るとしたら5人。
全員足して子供たちの参加者だけで30人。
そこに兄弟やら父兄やらを足していくと…頭が痛い…。

子供には言えないけど、参加者が一番少ないであろう時間帯で誕生日パーティーを開催する予定です。(汗)
パーティーは土曜日が多いけど、我が家は日本語幼稚園が土曜日にあるので、1号の誕生日パーティーは日曜日!
お昼まで提供するのは無理なので、朝の10時開始11時半解散!

これで数人は不参加になるかな…。
(親としてど~~なの!?!?!発言なのは分かってます…)

今年はケーキを4ホール作らなければ子供たち全員の口にはわたりません…。
4ホールかぁ…。
プラス、軽食も作らなくっちゃ…。
頭がガンガンしてきました…。

頑張れ母ちゃん。


[PR]
by soiallie | 2017-04-13 13:43 | ♪ ジュニアたちのコト ♪ | Trackback | Comments(0)
先週は2号が3歳の誕生日を迎えました。
当日もいつもの通りいろいろ頭に来ることがありました。
「もう、あんたにはケーキなんて作ってやらん!!136.png136.png136.png
って思いました。
でも、何とか気持ちを落ち着かせて作ったよ。
b0166491_03244466.jpg

米Bも昨日誕生日でした。
ラザニア・ラムチョップ・パン・ティラミスにと彼のリクエストに応えたのに、彼は体調をひどく崩してしまい、ほとんど何も食べられず…。
早く、回復しますように。
b0166491_03250565.jpg


ケーキは両方ともバースデーソングを歌っている間に、2号に指攻撃されてしまいました。あ~ぁ。
b0166491_03252337.jpg

[PR]
by soiallie | 2017-03-30 14:15 | ♪ ジュニアたちのコト ♪ | Trackback | Comments(0)
前回のどんより後ろ向きなエントリー後、大丈夫かぁ?!メールやらコメントいただきました。
まだちゃんと2本足で立って、毎日生活しています。

あの数日後、子抜きでまた集まる会があったのですが、予定通り参加してきました。
同じアパートに住むママ達とディナーに行ってきました。
アパートのロビーで待ち合わせして、Uber乗ってレストランまで行き、ドリンク片手に笑いの絶えない時間を過ごしました。

実はその日の朝、1号をスクールバスに乗せるためにロビーに行った際、ロビーのいすに座ったらどうしてだか涙が溢れてきてしまい、親しくしているママが「are you okay?」と声をかけてきました。もう作り笑い+大嘘の「fine...I am okay」も言えなかった私。「just tired......so tired...」と言ってしまいました。
その後一言二言だけ言葉を交わし、彼女は爽やかに去っていきました。その爽やかさが何だか嬉しかったなぁ。

その夜、レストランで「今朝は涙してごめんね…」と言ったら、「大変なんでしょ。分かるわぁ…」と話は続きました。
その後も他のママ達といろいろな話をしました。でも、とても楽しかった。久々に笑いました。
同じアパートに住んでいるというだけなのに、子供たちが同じ学年でもないのに、とても楽しかった。

そしてその週末はイライラの原因を考えました。
まず、日本で買ってきたlaQueというブロック玩具。
2号がこれがどっさり入っている缶をひっくり返す時に私はイライラが頂点に達してしまいます。
「2号、それで遊ぶなら終わったらきちんと片づけてね」
「はい」
というやりとりをしても片づけた試しがない2号。
もうこれは2号には一切触らせないことにしました。
はい、これでイライラ1つなくなりました。

悩みのタネであるオムツ。
オムツはまだまだ外れません。夢のまた夢。
これにイライラするのもやめようと考えました。
2号のペースでやればいいさ。これだけいろいろ母ちゃんはやってきたけど、もう力尽きたよ。
困るのは2号だ。母ちゃんじゃない。
4月から日本語の幼稚園始まるけど、恥ずかしい思いをするのは2号だ。母ちゃんじゃない。
自分の頭と身体で完全に理解できるまでオムツをつけているがいいさ。
(と言いつつ、トイレに連れて行っておしっこもウンチも出ないと言われオムツを再び履かせた数分後にオムツからウンチの臭いがしてくると、とてもイライラしてしまうのです…)

食事以外で飲み物を飲むときはキッチンで飲ませることに。
2号はとにかくこぼすこぼす。1号が飲んでいるものにも手を出して、1号のをドバ~ッとこぼす始末。
これでイライラまた1つなくなりました。

3歳になったばかりの2号に変わることを期待しても何も変わりません。
母ちゃんの私が変わるしかありません。
できる。できる。私にはできる。(と言い聞かせるしか方法がない…)

そして、結婚10周年記念に予定していたバンコク行きを1年前倒しし、来年2018年に決行することにしました。
1年後のバンコク行きをご褒美だと考え、これからの1年頑張ります。
結局、辛い時のバンコク頼み…。

[PR]
by soiallie | 2017-03-29 21:29 | ♪ ジュニアたちのコト ♪ | Trackback | Comments(0)
家庭保育も限界かなぁ。

2号の5歳の義務教育までは私が自宅で面倒を見るって決めたけど、これ以上頑張れないって今日は思った。
そして泣いた。しくしく泣きじゃない。わんわん泣いた。
しかも2号の前で…。
2号がとことこ寄ってきて、頭なでなでしてくれた。
それでも感情がコントロールしきれず、突き放して泣いた。

本当に久々に「育児 ノイローゼ 3歳」ってネット検索した。

ノイローゼに近いなという自覚はしている。
特にここ数週間。

眠いのに眠れない。
無表情。笑えない。
毎日目がすわっていて、ぼんやり気味。
思考能力ゼロ。
突如何も考えず「食」に走る。
朝起きられない。深い溜息をつきながら身体を無理に起こす。
私に一体何の価値があるのだろうか…と自問。

外に出るのも疲れたなぁ。
人に会って会話して笑うのも疲れたなぁ。

先日友人たちと子抜きで遊んだけど、楽しめなかった。
数日後にも子抜きで集まる会があるのだけど、気が重い。
ちょっとした会話の流れで涙が出ないようどこかで何かに必死にブレーキをかけている自分が疲れる。

でも、実際には外でも涙が止まらないことが多くなった。
このアパートのエレベーターでも涙目のまま人に会うことも多々。

2年半後の社会復帰を目指しているけど、こんな状態で自分の棚卸する余裕がない。
米Bに「次はどんなことしたい?」って聞かれても答えに詰まる。
聞かないでほしいって思う…。(涙)
もうそういうことを考える余裕もエネルギーもない。

米Bは一人時間を時々くれるけど、全然リラックスできない私。
どうしたら落ち着いた心と笑顔を取り戻せるのだろう。

もう限界かなぁ。
人に話して余計なダメージ受けたくないし、こうして一人で心の中でこもりがちになってしまう。
医者に診てもらうのも、こういう複雑な気持ち(しかも日本語でだって上手に表現できないのに…)を英語でするのかと思うと、余計に気が遠くなる。

もう2号はデイケアに預けて、社会復帰を目指そうかと思う。
その一方で、あの手のかかる2号はきちんと面倒を見てもらえるか心配になる。
愛情をもって接してもらえないのではと…。
きちんとしたところとなると、お金がとてつもなくかかるよね。

でも、私のこのどうにもならない息詰まる日々はお金を出せば解決されるのかなぁ。
それも疑問。

と同時に、こんなお母ちゃんと一緒の2号は、今私と一緒の毎日が楽しくないだろうなと思う。
日本語の基礎を植え付けたくてこうして家に入ったけど、こんな毎日なら2号だってデイケアの方がいいのかも。
でも、言葉が出てこない2号の思っていることは何一つ聞けず…引き出せず…。

イライラしないよう、怒らないよう、叱り過ぎないようもっともっと心がければもうちょっと楽しい毎日になるのかなぁ。
それならもう少し努力してみようと思う。
きっと、私の努力も足りない。

近くに同じように家庭保育しているお母さんいたらいいな。
いろいろ共有できる人が欲しい。
今の私はきっととんでもない負のオーラが出ているはず。
そんな状態で会っても相手もいやだろうな…。
余計に心が奥に奥に向かっていく毎日。

育児してみて初めて、あまりに大変な毎日にゲッソリ😨。
出産前には見えなかった自分自身の姿や考え、本音にも驚かされる。
そしてお母ちゃんとしてあまり成長していない自分にこれまたびっくり。

明日は2号の3歳のお誕生日。
美味しいご飯も作ってあげたいし、美味しい誕生日ケーキも作ってあげたい。
2号と一緒にたくさん笑いたい。
今日よりもうちょっと自分をコントロールできるように努めよう。


[PR]
by soiallie | 2017-03-22 16:13 | ♪ ジュニアたちのコト ♪ | Trackback | Comments(2)

育児が苦しい…。

1号は昨年9月より現地の幼稚園に入園し、私の手からちょこっと離れました。
今年は6歳になる1号。
聞き分けもよくなり、再び「マミー、大好き!」って懐くようになり、何だか可愛さ倍増。
あ、でもお弁当は食べてこないし(趣味のお喋りに高じちゃっているみたい)、食べても遅いし、何よりもお喋りが大好きすぎて、それが彼の日々の行動をいろいろ邪魔しています。ちょっと不安だわぁ。

で、2号。
あと本当にちょびっとで3歳になるという今、まさに「魔の2歳児」真っ最中。
日々ひどくなっていき、いつ落ち着くのか先がまったく見えず…。
1号の時も「うわぁ~、大変だ」って思ったけど、2号はそれに輪をかけてひどい…。
すぐに癇癪を起すし、危ないこともケガするまでやめない…いつもどこか出血してギャン泣きして終わるという具合。
そして言葉が遅い。吃音が目に見えてひどく、親としては自然と治っていくことを祈ることしかできない毎日。
食べ物を与えればひたすらに汚してくれる。
オムツも外れない…うんちしたって、報告すらしない。
もうお尻は毎日悲鳴をあげて真っ赤っかに腫れてます。オムツ交換時はいつも大泣き+痛くて大暴れ。なのに「ポティ~」って言わない。
母ちゃんの私は、一日中2号のいろんな汚れ物を処理してもう疲れた…。

子供を授かる前、私はそれなりにいいお母さんになると思っていた。
子供が大好きだったし、一緒に遊ぶのも、一緒にお喋りするのも大好きだったし、あれやこれやと面倒見てあげるのも大好きだった。

愛する人と一緒になって、その人のDNAを受け継ぐ子供を授かって、五体満足でこっちの世界にやってきてくれて、これ以上に幸せなことが世の中に存在するのだろうか?と真剣に思っていたのに…
あの時の私は仮面をかぶっていたのだろうか…偽善者だったのだろうか…。
と、思う毎日。

そのくらい、今は育児が苦痛。キツくて苦しくて仕方がない。
2号も5歳の幼稚園が始まるまでは自宅保育をする予定だけれど、もう早々と仕事を探して社会復帰をしようかと思うほど。
でもそうしてしまうと、5歳まで彼に日本語のシャワーを浴びせたいという目標を達成できずに終わってしまう…。
やっぱり2号が5歳になるまでは頑張ろう。
あと2年半、日本語の基礎をきちんと植え付けるお母さんでいよう。

[PR]
by soiallie | 2017-03-14 16:40 | ♪ ジュニアたちのコト ♪ | Trackback | Comments(2)

バンコクで15年も排気ガスまみれの生活をしたけど、未だ超健康優良人。タイと日本の大学→民間企業→米国大学院→NPO勤務→現在は旦那の米BとジュニアとワシントンDCで生活中。☆DCでの仕事+育児奮闘記ブログ☆


by soiallie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31