妊娠37週健診

37W2D

今日は妊娠37週健診でした。

妊婦生活もそろそろ終わりが見えてきています。
大好きなドクターに会えるのもあと数回なのかな。
ジュニアもこのドクターが大好き。そりゃそうだ、お腹にいた時から見てもらい、取り上げてくれたのもこのドクター。嫌いなハズがない。

体重:(妊娠前より)11kg増
血圧:異常なし
胎児の心拍数:異常なし
子宮口:4㎝開大

今日は朝からお腹が張りまくり、いわゆる前駆陣痛がまた復活しました。
体重はもう最近は気にしていません。最後はリラックスしたいし、いい気持ちで出産を迎えたいし、この期に及んで体重でカリカリしたくない。←体重については何も言われない米国だからこんな気構えでいられます、体重管理に厳しい日本だったらこうはいかないはずですよね…。

そうそう、妊婦にはよくあることですが、便秘とは仲良くなります。
普段の私は便秘とは無縁なので、妊婦生活の便秘との付き合いは苦しみました。
この2ヶ月ほどは自宅でスムージーを作るようになり、ちょっぴりお通じはよくなったものの、驚くほど快調になることはなく。
でもですね、臨月に入る前後あたりから、あれま!何だか快調になりました。便の質も随分とよくなりました。
どうやらこれは出産が近いですよ~!という兆候のひとつらしいです。

そして子宮口が4㎝開大とのこと。
「いつ出産してもおかしくないわね」
とはドクターの台詞。
もうお腹もこんなに大きいんですもの…いつでもカモーンですよ、本音は。
もう歩くのも大変なんです。
しかも牛より遅い歩みだと自負してます。(笑)

そして今日の健診でも、
「あなたの出産は多分早いと思うから、5分間隔まで待たないで。10分間隔になったらすぐに電話をして、病院に行って!」
と言われました。
はい、そうします。

今日の健診後、ついにハッキリとおしるしがきました。
今まではうっすらおしるしだったり、内診のグリグリによる出血だったりしましたが、今日のおしるしは鮮血でした。
エイたんと会えるまでもうすぐです。

米B、今夜は9時半までクラス受講。そして明日土曜日は終日クラス受講。
というわけで、明日の夜以降ならいつでもいいよ。(笑)

というのは冗談で、いつ出てきてもいいよ。
[PR]
by soiallie | 2014-03-21 16:51 | ♪ 米B・ベイビーのコト ♪ | Trackback | Comments(4)

嵐の前の静けさ

37W0D

37週に入りました。
昨日は咳、頭痛、熱とフラフラでした。
米Bは仕事を休んでくれてジュニアの面倒を全部見てくれました。ありがたい。
その前夜から少しだけ定期的になってきた陣痛が始まったのだけど、とにかくフラフラの状態だった私は出産できる自信を一気になくし、米Bに思いっきり弱音を吐いたのです。
彼は「大丈夫だよ。そんなんでどうする!!」と久々に喝を入れてくれました。

そして昨日は陣痛が定期的にきていました。あ、でも、まったく普通に耐えられる痛みですよ。
30分間隔が2時間ほど続くまでになり、エイたんが押し始めているのも分かり、
「こりゃ、今夜か早朝にはくるかもぉ…」
と思い、諸々の準備をし就寝。
深夜に目が覚めた時には、15分間隔になっていたものの、今朝起きてみたら陣痛はぱったりおさまってました。

昨日はあんなにも頻繁に陣痛がきていたのに、今日は恐ろしいほど静か。エイたんも骨盤にさらに入っていったのでしょう。胎動も今日は驚くほど激しくありません。

でも、これは嵐の前の静けさのような気がします。

あ~、背中が痛いよぉ。
腰が痛いよぉ。
足の付け根が痛いよぉ。
トイレがさらに近いよぉ。
胃も圧迫されているよぉ。
恥骨が痛いよぉ。
まともに睡眠がとれないよぉ。

愚痴ばっかりですが、これが続くのもきっとあと少し。
あなたに早く会いたくて会いたくて仕方がないんです。
この9ヶ月間、ジュニアの時に比べると随分とストレスをかけただろうから、早く抱きしめてあげたいんだよ。

父さんとジュニアと3人で待ってます。
[PR]
by soiallie | 2014-03-19 20:33 | ♪ 米B・ベイビーのコト ♪ | Trackback | Comments(0)

妊娠36週健診

36W5D

ジュニアの体調不良が移り、扁桃腺は腫れ、咳は止まらず、フラフラな今日月曜日。
でも再び雪が降り米Bのオフィスはクローズ。彼がジュニアの面倒を見てくれました。助かったぁ〜。

さて先週金曜日の妊娠36週健診について。

子宮口は2.5cm開いているんだそうな。ジュニアの時より約1週間早いペースです。やっぱり早く生まれてくるかな。

そして前週35週健診での血液検査の結果、今回もGBSを保菌していることが判明。
出産時には産道内で胎児に感染する可能性があるので抗生剤を最低4時間は点滴するとのこと。でもジュニアの時は出産が早すぎて30分ほどしか点滴できず。でも出産が短ければ短いほど感染する率は低くなります。

私の初産は本当に早かったので(あー、自分でもあの出産が羨ましい。またあんな出産になったらいいなと願って止まないのが本音。)、ドクターは感染率をさらに低くするオプションのひとつとして陣痛促進剤(ただし使用は39週にするとのこと)使用の話をしてきました。

バースプランでは薬も、できれば点滴もない自然分娩を希望している私。
点滴は避けられないのでするけれど、陣痛促進剤はしたくない。いわゆる計画分娩となり確実に4時間は点滴できる時間を確保するためのオプションです。
帰宅後米Bと夫婦会議。いろいろ調べながら陣痛促進剤は使用しないという結論に達しました。やはり自然分娩でいこうと決めました。
あ、予定日1週間を過ぎてもまったく本陣痛がつきそうになければ使用しなければいけないかもしれませんが…。

昨晩は午前2時から午前5時まで15分間隔で陣痛が来てました。その後また穏やかになったけど、そろそろかもしれません。
あの痛みを知っているだけに今回は怖さも感じています。
またジュニアを面倒見ながら、そして叱りながらの妊婦生活だったからエイたんにはストレスもかけてしまったなぁと反省。

あなたが出てきたいタイミングで出てきていいよ。母さんもそれに合わせます。出てきたらい〜っぱい抱きしめてあげるからね。
[PR]
by soiallie | 2014-03-17 22:04 | ♪ 米B・ベイビーのコト ♪ | Trackback | Comments(4)

妊娠35週健診

35W1D

今日は妊娠35週の健診日。
備忘録です。

体重:妊娠前より10kg増
血圧:異常なし
血液検査:後日連絡あり
エイたん心拍数:異常なし(130)
子宮口:1.5~2㎝開き
出血:前回より多い出血確認(内診)
バースプラン提出:数点を除き対応可能とのこと。

子宮口が35週ですでに2㎝近く開いているようです。しかも中ではすでに出血してるという…おぉ。
経産婦は早めに開くようですが、こりゃあのんびりしていられなくなりました。
来週末くらいから出産後の食事(米Bとジュニア用)を作って冷凍し始めようと思ったけど、これは今週末にやってしまわなくっちゃ。
ジュニアの病院行き荷造りも今夜してしまおう。と言っても大したものは持っていきませんが…。

バースプランは、基本的には前回同様に自然分娩を希望。薬とは無縁の出産をしたいと今回も強く熱望している私です。
逆子ではないけど、帝王切開についても言及。これは本当に最後の最後のオプション。その場合には米Bもジュニアもオペ室に入ることを希望。
エイたんに問題がない限りカンガルーケアを希望。
エイたんには授乳したいので、砂糖水やミルクは与えない。ついでにおしゃぶりも与えないことを希望。
(前回もこう希望したけど、黄疸が出てしまってミルクは与えることにしました)
産後はエイたんと同室で過ごすことを希望。
臍の緒は米Bによるカットを希望。
などなど。

あとはいつも担当をしてもらっている大好きなこのドクターが出産当日は病院勤務であることを祈るのみ。
ジュニアを妊娠した時からずっとこのドクター。ジュニアを取り上げてくれたのもこのドクター。デルモイド膿胞をオペで取り出してくれたのもこのドクター。エイたんをずっと見てくれているのもこのドクター。我が家は全員このドクターに全幅の信頼を寄せています。
ちなみにドクターもジュニアが大好き。本当にありがたいことです。

さ、エイたん、いつでもカモーーン‼
[PR]
by soiallie | 2014-03-06 17:08 | ♪ 米B・ベイビーのコト ♪ | Trackback | Comments(2)

喜びと不安

35W0D

妊娠35週目に突入。
体重は10kg増。
あぁ、臨月前に10kg増になってしまったよ…トホホ。

昨晩は10時過ぎにベッドに入ったものの午前3時まで眠りに就けず…。
ベッドに横になっていても…
・お腹が重い
・エイたんがやたらと動く
・時々下へ下へと押している
・不定期な軽い前駆陣痛あり
・手がしびれる
・恥骨痛

また起きている時は足の付け根も痛い。
出産前の兆候が教科書通りにやってきています。
臨月じゃないのに、お腹はすでにこ~~~んなに大きいです。
母としての直感ですが、予定日より2,3週間ほど早く生まれてきそうな気がします。
ジュニアの時は2週間早く、しかもドクターもびっくりの超ウルトラスピード出産。
ドクターはエイたんはさらに早いスピードで出てくるかもと心配しています。


今回の2人目の出産、正直言うとジュニアの時より喜びと楽しみが大きく、また不安も大きい。
出産時の達成感と感動、新たな一章を始める興奮、育児の大変さ、そして母になる喜びをジュニアの時に教えてもらったので、これを2度も経験できるのかと思うと、正直今から涙が出てきます。
その反面、またあの痛みがやってくるのかと思うと…ふぅ。
ジュニア出産時は、私自身が当時の自分を心底羨ましく思うくらいにドクターもびっくりの安産でした。
あの肛門が裂けそう!!っていう激しい痛みはたったの2時間ほど。
ジュニアは破水後12分でこっちの世界にやってきました。
でも、あまりに早く、骨盤も産道も一気にグワ~~~ッと開いたのも事実。
痛かったなぁ。
産後も随分と長い間痛かったなぁ。(涙)
痛みを知っているだけに不安…。


痛みへの不安もそうだけど、ジュニア同伴での出産がどうなるのかも時々不安になります。
私の両親は日本、米Bパパママは西海岸なので、ジュニアの時同様に今回も誰も出産時も出産直後も来ません。
近くに米B同僚が住んではいるものの、私たちはジュニアと一緒に3人で出産を乗り切ることを決めました。
ジュニアは私のお腹にエイたんがいることは十分に理解していて、お腹によく話しかけもするし、また時々嫉妬している様子もみせます。
ジュニアは現在2歳10か月。ドクターに確認したら出産に立ち会うのは問題ないとのこと。
彼が分娩室でどんな動きをし、どんな反応をするのかが予想がつかないので、これが時々不安になります。
でも、この経験を通して「お兄ちゃんになるんだ!!」という意識を持ってほしいなと母は思うのです。


明日は健診の日。
バースプランを手に大好きなドクターに会いに行きます。
[PR]
by soiallie | 2014-03-05 14:18 | ♪ 米B・ベイビーのコト ♪ | Trackback | Comments(0)

妊娠33週健診記録

33W0D

妊娠33週に突入。
今日は健診の日でした。
ジュニアも一緒です。
私はジュニアがお腹にいる時からずっと同じドクターに診てもらっています。
ジュニアを出産した時も、幸運なことにこのドクターが病院勤務だったというナイスタイミングでした。
ジュニアはこのドクターが大好き。
ドクターもジュニアが大好き。
2人とも顔を合わせるととっても嬉しそうにしています。

さて、今日のエントリーは健診記録です。

・妊娠33週
・体重、何も言われず
・血圧良好
・膣がすでに柔らかい
・子宮口は閉じている
・少量の出血を確認
・胎児が少し下りてきている
・浮腫み異常なし

懸念事項はすでに感じ始めている小さな陣痛。これについてドクターに相談。
疲れたら休みなさいとのこと。
「このおサルのジュニアがいてはそれはなかなかできないんです…」と言いたいところだけど、なるべくリラックスする心掛けることを自分に言い聞かせる。
あとはたくさんお水を飲みなさいとのこと。
はい、もっと飲みます。

もう一つの懸念事項は、いざその時が来たらいつ電話を入れるのがいいのか。
ジュニアの時は511(5分間隔の陣痛が1分間続き、それが1時間続いたら病院に行くタイミング)のタイミングで最後の電話を入れました。
でも、今回は前回より進み具合が早い可能性があるので、511では間に合わないのでは…と思っているのが本音。

そしてドクターは、
「ジュニアの時のことを考えると、511では間に合わない可能性もあるわね。1時間に陣痛が4,5回来たら病院に来てほしいわ。大体10分から15分間隔のタイミングだわね。」
と答えてくれました。そして
「あなた覚えている?あなたの初産は驚くほど早かったのよ。」
とさらに付け加えました。

そうだったなぁ、ジュニアの出産時は本当に早かった。結局ギリギリまで家を出られず、病院に到着し、分娩室に入り、着替えてベッドに入り、その30分後くらいに破水して、その12分後にジュニアがこっちの世界にやってきたんです。
所謂陣痛のあの最高に痛いのは2時間くらいで済んでしまったんだよなぁ。
自分自身でも羨ましくなるほどのスピード感。
今回もそうであってほしいと心底願ってやまないのがこれまた本音。
ジュニア出産記録

今回の妊娠では出血をまだ自分で確認したことはありません。
でも、今日の内診でドクターが少量の出血を確認。子宮口は開いていないけど、膣はすでに柔らかいとのこと。経産婦は初回妊娠の時より膣が柔らかくなるとのことだけど、内診状況とドクターの経験から、今回ももしかしたら出産が早いかもしれないね、とのこと。

米国では日本と同じく37週以降が正期産。
でもドクターは34週でも問題なく育つ可能性は高いので、少なくともあと1週間はお腹にいてもらいましょうね、とのこと。
とにかく疲れないようにすること、疲れたら休むこと、ジュニアも含め重たいものはなるべく持たないこと、そしてお水をたくさん飲むこと‼
だそうです。

無事の出産に向け、母さん頑張ります。
[PR]
by soiallie | 2014-02-19 21:02 | ♪ 米B・ベイビーのコト ♪ | Trackback | Comments(0)
b0166491_10231680.jpg

5週間の日本滞在を終え9月30日に無事DCに戻ってきました。
日本滞在中はネット環境はあったものの、パソコンを開くことはほとんどなく、このブログは一度もチェックしませんでした…。トホホ。

というわけで久々のエントリーです。何か懐かしいわ。

タイトルにあるように我が家にやっとやっとコウノトリがやってきました。第2子を妊娠しました。はぁ、長かったなぁ。一度は化学流産なるものをし、よくあることとは言え、やはり涙しました。生理不順もなく、基礎体温を計らずともそれらそれは妊娠に向けて見事に計算のしやすいこの体。なのになかなか思うようにはいかず不安にもなりました…。
でも、やっとお腹に新しい命が宿ってくれました。

妊娠が分かったのは生理が予定通りこなかった数日後。それは7月末に引っ越しをした直後。とりあえずは確認を‼と血液検査できちんと妊娠を確認。
だけど、確認ができた翌日からはポートランドの義両親のところに遊びに行く予定が。そしてポートランドから戻ってきた10日後からは日本行が控えていました。

血液検査は行ったものの、最初の検診は妊娠8~10週の間が基本とのこと。←私が行っている産婦人科の話です。
日本に発つのは8週に入る直前。とりあえず電話で事情を話したら「超音波で心音だけは確認しておきましょう」とのこと。月曜出発だったので、その直前の金曜日にきちんと心音を確認して一安心。こっちでは妊娠初期のフライトはあまり問題とはされていません。もちろんそのフライトがストレスフルなものであれば別ですが…。私がいつも診てもらっているドクターは間違いなくこう言うハズ。

oh、日本に行くことでストレス発散できるのなら大賛成よ‼

と。
ところがだ…心音を確認したのに、その翌日の土曜日は腹痛に襲われました。日本に行くのに妊娠で体調が優れずお土産を買うこともままならなかったので、この土曜日の夕方にストローラーをえっちらこっちら押して家を出たものの、えらい腹痛に襲われて道で蹲ってしまうほど。
「あ~、これで出血したら日本行きはやめよう」ってその時本気で考えました。新しい命が何より大切‼

でも、翌日曜日には治まり、出血もなく、出発の月曜日には本当に奇跡的に気持ち悪さにも襲われず体調が万全だったので、ジュニアと2人で飛行機に乗り機上の人となりました。
でも、14時間フライトは長いねぇ。ジュニアの世話でほぼ眠れなかったし、機内食は匂いがキツくて食べられなかったし、最後の2時間は気持ち悪くなってしまい成田到着時は何だかグロッキー。
そしてスカイライナーに乗ったら窓から見える景色はとても近く、近くに見える建物がものすごいスピートで目の前を過ぎていくので、車内では吐きそうになりました。本当は実家についてから両親に落ち着いて妊娠報告をしたかったのに、スカイライナーで座席でものすごい態勢を取りながら、そしてものすごい顔で両親に報告。
もっといい雰囲気で報告したかったなぁ。(涙)

日本に着いてからの数日間は長時間フライトの疲れと時差ボケでつわりがひどかった。ひたすら気持ち悪かった。吐きたいのに吐けないあの感覚。あ~~、ジュニアの妊娠時を思い出すぅ。

妊娠が分かったときからずっと気持ち悪く、食事を作ることもままならず、米Bには迷惑かけっぱなしだったし、それそのものがストレスに感じていたので、日本ではおんぶにだっこ状態で母には甘やかしてもらいました。
ありがとう、お母さん。

日本滞在中の中3週間は米Bも仕事の出張で合流していたので、彼が退屈しないよう+日本満喫のためにあっちへこっちへと連れていきたかったのに、それはほとんどできず、家でのんびりと過ごすことが多かったこの滞在。突然会いに行けなくなった皆さん、予定を変更してもらった皆さん、すみませんでした…。ペコリ。

吐くことはなかったけど、気持ち悪いのはいっつも感じていました。何も感じなかったのは滞在最後の5日間くらい。DCに戻ってくる日も奇跡的に気持ち悪くはならずに済みました。でも、フライトの最後2時間ほどはオエッってなってました。
そして戻ってきてからの約1週間はこれまたひどいつわりで…。米Bに食事を作ってもらい、朝晩はジュニアの面倒を見てもらい、世話になりっぱなし…。

そしてやっと体調が上向きになり始めたのがここ数日ほど。それでも夜はムズムズ脚症候群ってのに襲われ、夜になるとぐっと疲れるし、吐くまではいかないもののオエッとなることはあります。
ジュニアの時みたいな食べ悪阻ではないけれど、それなりに食べて、気づけば何だかすでに腹ボテ気味…。

妊娠5か月をそろそろ迎えます。来春にはジュニアはお兄ちゃんになります。
米Bは2人の子供を持つパパになります。

お腹の中で無事成長しますように。
そしてドクターには次はもっと早い出産になると思うから覚悟してねと言われているのだけど、タクシーの中で産まれてきたりしませんように。
そして、おい、私、妊婦生活頑張れ。

そうそう、写真は日本で気が狂ったかのように飲んでいたキレートレモン。とにかく梅系のお菓子とこのキレートレモンで気持ち悪さを紛らわしてました‼
C.C. Lemonとかではダメで、このキレートレモンじゃなきゃダメだったんです。これ、ひたすら酸っぱいです。
あ~~~飲みたい‼
[PR]
by soiallie | 2013-10-15 20:42 | ♪ 米B・ベイビーのコト ♪ | Trackback | Comments(6)

妊娠33週

今日で妊娠33週目に入りました。
お腹出てきたねぇ。もうお臍に凹みがなくなりました。自分のお臍好きだったんだけどなぁ…出産後、お臍の凹み戻ってきてくれるかなぁ。
お腹のかゆみも妊娠後期に入ってからはなくなりました。
お腹に妊娠線も今のところなし。
体重は9kg増し。5月24日の出産予定日まで増加出来る許容範囲はあと1kg。
先生にも"So tiny!!!"って言われるけど、私は妊娠での増量は可能な限り日本基準でいきたいんです!!!何が何でも!!!

32W6Dの母さんはこんな感じ。
b0166491_10592979.jpg


食べ物は、それなりに気をつけてきました。今までと変わらず自炊を心がけ、美味しい!!と思えるものを食べてきました。時々ジャンクフードも食べたけどね。

カフェインも摂りすぎないように気をつけてきました。

妊娠中期からは運動も心がけました。

腰回りを中心にメイたんのために脂肪も蓄えました。

痒み・肌荒れ・痔・便秘・腹痛・頻尿・こむら返り・お腹の張り・不眠等々、いわゆるマイナートラブルもしました(このうちのほとんどがまだまだ進行形です)。

米BとChild Birth Classにも参加しました。

時々不安になって涙もするけど、お腹にいるメイタンを母さんと父さんは大切に大切に育ててきました。



でも、コケた。
そして病院のERへ…。
この時期にコケるだなんて…ほんと、ダメ母さん。
父さんとパニックになりました。
ごめんね。
でも、メイたんにも胎盤にも異常は見られなかったので一安心。

コケて病院に行った話は次回のエントリーにします。

メイたん、こっちの世界に来るまであと少し、元気に成長してね♪
[PR]
by soiallie | 2011-04-05 21:37 | ♪ 米B・ベイビーのコト ♪ | Trackback | Comments(4)
実は先月の2月上旬、こんなこと思ってました…
「今月2月はキツいけど、来月3月はちょっとゆったりした月になるなぁ」
と。

実際は…ゆったりどころか…もう心も体もグッタリです。

3月11日には東北地方太平洋沖地震が発生しました。あの日の朝、起床してTVをつけたら衝撃的な映像が目に入ってきました。被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。
映像が本当に衝撃すぎて、あれから嫌な夢を見る日々が続きました。夢の中で地震を体験し、夢の中で津波になって街を襲い、夢の中で津波を体験する…翌朝目が覚めた時に「夢か…」と理解するのですが、気持ちのいい夢ではありません。夜中に魘され、自分の魘された声で目覚めることも…。
海外にいてこれだけ精神的に参ってしまっているのだと思うと、現地の人たちの体験したことはどれだけ恐ろしかったのだろうかと思います。また妊婦さんや、乳児を抱えている家族、そして子どもたちはどれだけ怖かった、そして今も怖いのだろうかと思うと、胸が締め付けられます。
海外にいる身ではありますが、米Bと2人でできることをさせていただきました。
復興ももちろんそうですが、人々の顔に笑顔が戻ることを願ってやみません。

3月は仕事もバタバタでした…。有り難いことに周囲も無理はしないようにと気にかけてくれていたので、私も無理はしまいと丁度良いであろうと思われる加減で仕事をしていました。
また身体にも異常が表れ…。そして、数日前こんな夢を見ました。

木造の古い下り線路を両手両足を使って恐る恐る歩いていました。次の一手を出そうという時、次に手をかける場所が腐りかかっているのが目に入りました。と同時に、後ろから日S夫妻が大きな声で私に話しかけます。
「ダメ!!ダメ!!次の場所に手をかけちゃだめ!!!」
それと同時に手をかけてしまった私…木造の古い下り線路は当然グシャッと音を立てて壊れ始めました。

というところで目が覚めました。お腹のメイたんからのメッセージだったかもしれません。
「あ~気をつけよう。少しリラックスした日々を送らなくちゃダメだなぁ」
と思いました。反省月間です。

そして反省した矢先、病院のERに行くことに…はぁ。
また後日書きます。
メイたんは無事だけど、本当に「はぁ…」な出来事でした。

というわけで、あと少しで3月も終わりますね。DCは桜が咲き始めたというのに、冬に逆戻りのお天気…寒いです。
日本の皆さんもどうか風邪などひきませんように♪
[PR]
by soiallie | 2011-03-28 16:55 | ♪ 日常生活のコト ♪ | Trackback | Comments(2)

尿路感染症

妊婦生活も28週目に入り、お腹がググッと出てきました。
体重も増えた…ゲッ。
ここアメリカ標準で行くと、私はと~っても小さいお腹だし、妊娠していることを知って「Oh my!!」と驚く人もいるほど。体重増加は一度も注意されたことがありません。
でも、日本標準で行くと、きっと先生から注意を数ヶ月前から受けていると思います。
10kgに収めたいのに、すでに8kg増。出産予定日まであと2ヶ月半…あと2kgだなんて厳しいわぁ。
28W5Dのお腹。これからさらにお腹出てくるのね!!
b0166491_6405932.jpg


さて、仕事中にドクターオフィスから電話が入りました。よっぽどのことがない限り、ドクターオフィスからの電話は取ります。で、今回は…は~ぁ。
「いずみんみんさん、前回の検査の結果で、尿路感染症が確認されました。今日抗菌薬を出すので今日から飲んでください。」
とのこと。尿路感染症…英語でUrinary Tract Infection(UTI)と言います。電話でこれを言われても、もう何のことかすぐには分からず…すぐにgoogleしました。日本語名のとうり、尿路が病原菌に感染しているのです。妊婦は赤ちゃんが大きくにつれて子宮もどんどん大きくなっていきます。そのため尿の正常な流れが妨げられてしまうそうな。私も頻尿になったし、また残尿感も常にあります。尿路に尿が長時間排出されずに溜まってしまうと菌が繁殖して炎症を起こすそうな…トホホ。妊婦にはよくある話らしいとはいえ、原因が自分にあるのが分かっているので二重にが~ンでした。

米Bからもいつも言われているのですが、私は妊娠する前から水分摂取量が少なく、妊娠中も以前よりは取っているものの、それでも「足りない足りない!!」と常に言われています。
そう、水分をたっぷり摂取することでこの尿路感染症は予防できるのです。私は、それが明らかに不足していたというわけ。お水、たくさん飲みます。クランベリージュースもいいって聞くけど、いっぱいお水を飲みたいと思います。あと、少しでも催したくなったら我慢せずにおトイレに行くことを心がけます。あ~、母さん反省ッ!!
おかげで夜中に3,4度もおトイレに行くことになってますが…トホホ。

お腹のメイたんがスクスクと育ちますように♪
[PR]
by soiallie | 2011-03-07 06:42 | ♪ 米B・ベイビーのコト ♪ | Trackback | Comments(4)

バンコクで15年も排気ガスまみれの生活をしたけど、未だ超健康優良人。タイと日本の大学→民間企業→米国大学院→NPO勤務→現在は旦那の米BとジュニアとワシントンDCで生活中。☆DCでの仕事+育児奮闘記ブログ☆


by soiallie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31