タグ:ナニー ( 3 ) タグの人気記事

今更ネタですが…。

ちょっと前にBBCのインタビュー放送で、お父ちゃんのインタビュー最中に子供2人が部屋に入ってきてしまい、その子たちを女性が連れ出していくという世界中で話題になった映像がありましたね。
FBでもあのインタビュー放送をたくさんの人たちが投稿していました。
そしてものすごい数のコメントもありましたね。

私が今でも忘れられないのはこんなコメント。
「Super Ninja Nanny!」
というもの。

え?そうなの?
コメントをしている人はあの女性がどうしてナニーだと思ったのだろう?

というのが私が最初に思ったことです。私はこの人はお母さんだと思ったからです(理由は下に書きます)。
ナニーだという証拠があったかどうか確かめるべく、再度映像を見ました。(笑)

やっぱりナニーだと確信できるものは私の目には映らず。
そうしていたら日本のウェブサイトでは、偏見がどうのこうのという記事が…。

「お父ちゃん大変だけど、可愛らしいなぁ」と思っていた私の気持ちとは全然違う方向にネット上では議論が向かっていってしまったようです…。



私は、あの女性はお母さんだろうなと思いました。
何故なら…

ナニーであれば彼女の首がかかっているので、私がナニーだったらトイレだって我慢して子供たちから絶対に目を離しません。
瞬きすらしないかも。(笑)
きっとあのお父さんもナニーには「仕事だから」と直前に言ってあるだろうし。

お母さんだったら、私がそうですが、30秒なら…とトイレに行ってしまったり、キッチンに立ってしまったりするからです…。
その隙に子供たちはお父ちゃんの部屋に行っちゃうのです。あぁ、私は、ダメ母ちゃんだぁ。
そしてあのちょっと乱暴な子供たちの連れ出し方、お母さんだからできることだと思います。

私があの女性をお母さんだと思ったのはこういう理由です。
でも、こういう見え方ができるようになったのは私も子供が生まれて育児をしてからです。
実際のところですが、あの映像を見て、彼女がお母さんなのかナニーなのかが大切なのではなかったように私は思います。

ただただ「可愛いなぁ」と思ったのです。
もちろんお父ちゃんはせっかくのBBCのインタビュー、格好良くキメたかっただろうから、それは遂行できず残念だったけど、とっても可愛らし映像だなと思いました。


私は、毎日子供を連れて1日2回の公園通い(本音:もうこれも疲れてきたなぁ…)をしていますが、周囲の人は私のことナニーだと思っている人がたくさんいます。
「あなたはこの子たちのナニーなの?」
「この子たちはあなたの子ですか?」
とかよ~~~く聞かれます。

うちの子供たち半分アジアの血が入っているのは見た目でも分かるけど、聞かれます…。
この辺ではナニーの多くは、アフリカ系、南米系、そしてアジア系が多いのが主たる理由です。

私、この子たちのお母ちゃんですから~~~。

あ、今朝もあるナニーに公園で同じこと聞かれました。

[PR]
by soiallie | 2017-05-09 13:41 | ♪ 日常生活のコト ♪ | Trackback | Comments(0)
米B不在2日目のフィールドトリップ先はスミソニアン国立動物園

ジュニアを2年近く面倒見てくれたナニーは、今、実はこの動物園近くでナニーをしています。そのため、動物園や近辺に行く際にはできる限りナニーのところに顔を出しています。
ナニーもジュニアもお互いのことが大好きだったし、彼女にはとってもお世話になりました。

本当は動物園に行ってからナニーに会いに行く予定だったのだけど、動物園着前にナニーに会いに行ってもいい?!テキストをしたら、ナニーから早速から電話が。
ちなみに、駅から動物園の道中でナニーに会いたいとナニーの名前を連呼し始めたジュニア。動物園よりもナニーに会わせろ‼ってのが彼の主張らしい。

ナニー:今、私も動物園にいるわ!!

こりゃあ、一緒に動物園を楽しむしかないでしょぅ。
ジュニアもナニーも再会するなり、熱い抱擁とキス。うんうん、母さんは二人がお互いに大好きなのを知っているよ。この再会の抱擁とキスを見るたびに涙が出てくるんだよ。

ジュニアはいつもは手をつながずに歩きたがるのに、ナニーとはがっちり手を繋いでラブラブモード。
ナニーに抱っこしてもらいながらいろんな動物を見たジュニアは大満足。

b0166491_5524111.jpg

こんな二人を後ろから見ているとまた涙が…。
はっ、母さん、最近は涙腺がすこぶる弱くなりました。

最後のお別れも熱い抱擁とキス。
ナニーとのお別れのとき、彼女はいつも心をこめてこの言葉を口にします。

I will always love you.

そして別れた後は涙が止まらない母さん。
ジュニアとナニー、いい関係がず~~~っと続きますように。


この2人を見ていると、私もある人を思い出します。
それはバンコクで一番長い間アヤさん(女中さん)をしてくれていたピーナリー。
バンコクで過ごした14年の間に、我が家には3人のアヤさんが来ましたが、一番好きだったのはピーナリー。年をとってしまったため、私が日本に本帰国する1年前に辞めてしまったのだけど、あのお別れの日の胸の痛みを20年経った今でも覚えています。
あぁ、考えただけでも涙が出てくる…。

ピーナリー元気かな。数年前に父が道でバッタリ会い電話番号をもらったと言っていたけど、今でも生きているかな。
実はそんなことも知らない…。
[PR]
by soiallie | 2013-11-19 15:25 | ♪ ジュニアたちのコト ♪ | Trackback | Comments(4)
ちょうど一年ほど前に、妊娠したことが分かりました。
あぁ、もうあれから一年が経つのね…2回妊娠検査薬を利用し、婦人科の先生にその後の流れをどうしたらいいかを教えてもらい、私が絶対の信頼を寄せる先生に会ったという流れだったなぁ。懐かしい。

米Bの子供を授かることができ本当に嬉しくて、お腹の中でメイたんをきちんと育てて、生まれてくるのを待つのみだ~~~って思ってました。
当時の私たちには赤ちゃんのいる友人もいなくて、あることについて随分と楽観視していました。というより、盲点でした。
それは…デイ・ケア。所謂託児所です。

結論から言うと、子供を授かる前に申し込みをしてウェイティングリストに載せてもらうのがベストです…。

DCのデイ・ケア、4ヶ所を見学して申し込みました。どのデイ・ケアも乳幼児から預かってくれます。でもウェイティングリストに名前を載せても空きが出るのは大体12ヶ月後くらいだとのこと。げッ。10月から預けたかったのに、私達ったら申し込みをしたのが2、3月…間に合いそうにもないわぁ。

しかもウェイティングリストが長いだけでなく、お値段もべらぼうに高い!!区域によっては良心的だわぁって思えるところもあるけど、私たちはアパートの近くと私の職場に近いところで探したものの、平均して$1,700はします。ちなみに、申込時にはウェイティグリストに名前を載せてもらうのに大体$50~$100かかります。
んもう、ちょっとした…どころではなく、立派な学費だわぁ…。
私が仕事を辞めるという選択肢も当然浮上。でも、2人で色々考えて、その選択肢はナシにしました。
*教会併設のデイ・ケアは多少安いけど、これは教会に来ている人達が優先なので、期待度はさらに低く…。

7月に空きがでそうかどうか各デイ・ケアに連絡を取るも、10月に空きそうな気配はなし。

デイ・ケアはもう諦めて、11月からナニーシェアをするという方向で動くことにした私たち。すぐにナニーシェアを希望するカップル3組と会い、一番相性のよかったカップルとナニー探しを開始。
私たち、前のめりになっていて、11月からナニーをしてくれる人を探したのが7月末。どのナニーも新学期の9月からが希望で、日程が合わずナニー探しは一旦停止。

そして今月からナニー探し再開。現在、ナニーが決定するかしないか最終段階にあるのだけど、今日、申し込みをしていたデイ・ケア1カ所から連絡があり、11月から空きがあるとのこと。
ナニーの方向で行くのは確実だけど、デイ・ケア…ちょっぴりだけ未練もあるなぁ。

妊娠する前にデイ・ケアは申し込むべきだったと今さら大反省…。
[PR]
by soiallie | 2011-09-26 14:47 | ♪ ジュニアたちのコト ♪ | Trackback | Comments(0)

バンコクで15年も排気ガスまみれの生活をしたけど、未だ超健康優良人。タイと日本の大学→民間企業→米国大学院→NPO勤務→現在は旦那の米BとジュニアとワシントンDCで生活中。☆DCでの仕事+育児奮闘記ブログ☆


by soiallie
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30