タグ:オリンピック ( 3 ) タグの人気記事

えっと、今日は言いたい放題のエントリーになる予定です。悪しからず。

フィギュア女子シングル、こちら米国東海岸では深夜に終盤滑走を迎えました。ひゃ~、昨日の金曜日は眠かったです…笑。

キム・ユナの圧勝でしたね。あのプレッシャーの中で本当に圧巻、そして美しい完成度の高い演技を披露した彼女の精神力の強さにはあっぱれです。

SPを踏まえ、真央ちゃんが金メダルを取るだろうと個人的に思っていました。あの5点差、真央ちゃんにとっては痛くも痒くもないだろうと思っていました。

ところが…真央ちゃんの直前に滑走したキム・ユナのFPが、ミスひとつない完璧なパフォーマンス。素晴らしかったです。高得点も間違いないだろうと素人の私も思いました!!
そしてジャッジが彼女のFPに付けた点数は…150点越え。
130ちょっとだろうなと思ってましたが、目の玉飛び出るような得点に正直驚きました。
あぁ~、真央ちゃんもうこれは越えられないな…と思った人は多かったのではないでしょうか。
真央ちゃんも驚きつつ、そんなことを考えたのではないでしょうか…。
*余談ですが、私の周りにいる男性陣、キム・ヨナの美しさと妖艶さに完全にメロメロです(笑)。

真央ちゃんの登場姿、とても堅かったのが印象的でした。
それでも2回もトリプルアクセルを決めたのは彼女にしかできない偉業中の偉業です。彼女もこの4年間、いや、トリノの前からものすごいプレッシャーがあったはず。それでも、そのプレッシャーをはねのけ、偉業に果敢に挑戦し成功させたこと、本当に感動しました。そして彼女のステップ、力強かったですね。
でも、ミス(そのうちのひとつは、真央ちゃんにとっては凡ミスでしょう)が響いてしまいましたね。流れも一瞬止まってしまいました…。

スコアが出た時の、真央ちゃんの表情…。見ているこちらも泣きそうでした。


でも、表彰式の時の悔しくて堅そうで悲しそうな真央ちゃんの表情から、並々ならぬ決意を感じたのは私だけでしょうか。

彼女は次のソチに向けて、とてつもない成長を遂げて金メダルを確実に取りに行くと思います。3回転半は完璧どころか、4回転を披露してくれるのではないかと思います。スケーティングもより滑らかに、そして妖艶さを増してくると思います。

銀メダルおめでと~っ。そしてお疲れ様でした。

何だかなぁ。
[PR]
by soiallie | 2010-02-27 20:52 | ♪ スポーツのコト ♪ | Trackback | Comments(0)
オリンピックの開催地はカナダで、米国からは近いけど、ここDCとバンクーバーは3時間の時差があります。

フィギュアスケートくらしいか真剣に見ていませんが、トップスケーターは終盤滑走なので、DCでは深夜前後になります。というわけで、ここ数日間は寝不足気味…。

さて、フィギュアスケート好きな人は多いと思いますが、私もそんな一人です。
私が日本で生活し始めた14歳の時、大きな環境の変化の中、唯一興味を示したのが、Harry Conick, Jr.とフィギュアスケートでした。後者は今も大好きです。

オリンピックではフィギュアスケート男子が終わりましたね。
ごめんなさい…私はプルシェンコがどちらかと言うと嫌いです。SPはまぁまぁでしたが、FPはひちょっとぉ…ねぇ。大きなジャンプミスがなかったので、何とか銀メダルでしたが、あれはちょっと見るに耐えかねるFPでした…。至る所で彼の自信過剰振り・敵意むき出し振りも見えて、痛かったです…。
インタビューでは、現在の採点システムを批判し、4回転を飛ばないことにフィギュアに未来はないと不満をぶちまけていました。彼のFPを見る限り、何だか10年前のフィギュアレベルで彼は止まってしまっているようにも見えました。ジャンプで高得点が稼げる時代はだいぶ前に終わりを告げています。
もういいですよ、戻ってこなくって…だって見るのが痛いもの…。

ライサチェク、金メダルおめでと~~~ッ!!あの長い手足はリンクで映えますね。手首・肘・膝・足首をもっと柔らかく使えたら、もっと素敵な滑りができるのではないかと思います。大きなミスもなくクリーンにまとめましたが、どこか堅いなぁ~という印象でした。ミス・取りこぼしをした者が墜ちていくのがオリンピックなんだよなぁ…。

そして高橋くん。本当に素敵な選手ですね。前はヒヤヒヤしてしまう滑りでしたが、この数年で見違えるほどの選手になった気がします。そして怪我をした後、しっかりとバンクーバーに合わせてきたその強さはすごい。
今ではライサチェクを含め世界中のスケーターが彼の滑りを絶賛するほどです。
4回転は失敗してしまったけど、本当に素晴らしいパフォーマンスでした。個人的にはライサチェクよりもず~っと上手だと思います。滑りもランディングも柔らかいし、あのステップは世界一です。そして、今の彼のパフォーマンスには艶があります。その艶に私は惹きこまれてしますのです。個人的にはソチも目指してほしいな♪

私が好きな高橋君のパフォーマンスはこちら→2007-2008

さ、女子も楽しみですね♪

*余談ですが、私は小塚選手の将来が楽しみで仕方がありません!!しっかり成長してくださいね!!!応援しています。
[PR]
by soiallie | 2010-02-20 11:41 | ♪ スポーツのコト ♪ | Trackback | Comments(0)
オリンピック始まりましたね。

開会式当日はアスリートが亡くなるという悲しい出来事がありましたが、開会式は素敵でした。
感動的なシーンはいくつもあったのですが、やはりこの一曲がもっとも感動しました。
Hallelujha by K.D. Lang
歌の持つ力ってすごいですね。

オリンピック大好きな人は、たくさんいると思います。私もそんな一人です…。

オリンピックは私たち人間が持っている優しさ、物事はとてもシンプルであるのでは…ということを教えてくれます。

開会式も競技も閉会式も、ホスピタリティー精神に溢れ、私たちが持っている最大限のものを発揮します。でも、最大限がどのようなものであれ、みんなお互いに認め合い・讃え合います。メダリストが下位のアスリートを見下すこともないし、下位のアスリートたちがメダリストに対し憎悪を抱く、あるいは武器や他の力をもって何かをしかけることもありません。←あ、でも過去にはあったか…でもあれは下らなかったなぁ。

開会式や閉会式で、ホスト国の文化を貶すこともないし、ホスト国も「おもてなし」精神で迎え・送りだすので鼻にかけすぎることもない。そして、ホストされる側は、寛大な心を持ってそれを受け入れ・楽しむ。

私たち人間が、まわりに存在する全てのものに対して、こういう心を持てたら、究極なところ…戦争は起きないと思う。互いを認め合い、そして受け入れる。この「受け入れる」ことができたら、世の中暮らしやすくなるのでは。

争いごとのない世界の実現は、本当は至極シンプルなのではないかと思うのです。

でも、人間は悪い意味でも差別化をするし、ずる賢くもなります。そして、自分がどれだけ「学」を積んでいるのかを見せつけたがるし、それを積んでいる者が何よりも・誰よりも偉いと勘違いしてしまうことも多々あります。

私だって、このDCでの生活で「受け入れ」られないことがたっくさんあります。私の心にも、無意識のうち上に挙げたような作用が働いているのかもしれません。そんなことを思うと、大反省しきりです…。

まずは、人間ひとりひとりがシンプルにならないとダメですね。というわけで、まず私から「治し」に取りかからなければですね。

だって、DCに対して寛容になりたいもの♪
[PR]
by soiallie | 2010-02-15 10:34 | ♪ 日常生活のコト ♪ | Trackback | Comments(0)

バンコクで15年も排気ガスまみれの生活をしたけど、未だ超健康優良人。タイと日本の大学→民間企業→米国大学院→NPO勤務→現在は旦那の米BとジュニアとワシントンDCで生活中。☆DCでの仕事+育児奮闘記ブログ☆


by soiallie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30