b0166491_02535952.jpg
今朝、2号と行った公園。昨夏までは1号2号と一緒に行ったなぁ。

6年前の今日、午前2時46分に1号は米Bと私のところにやってきました。
ドクターも驚きのスピード出産でびっくりした夜でした。(笑)

昨日、幼稚園から帰ってきた1号に、
「ちょうど6年前の今日の夜、あなたがダディーとマミーのところにきてくれたんだよ。
マミーの大事な大事な宝物。来てくれてありがとうね。」
と伝えました。

実はこれをおでかけ先に向かっていたバスの中で話したのですが…
1号、突然目に涙が…。
6歳なりに感動してしまったのか、真意は測りきれなかったけど、私の二の腕に顔をうずめて泣いていました。

それとも、もしかして「長生きしちゃったなぁ~。思い出がいっぱいだぁ。」とか思っているんじゃないでしょうね。
ちみちみ、人生はまだまだこれからですよ。

1号は、私との自宅保育を終えて、昨夏より現地の幼稚園に通っていますが、今でも「マミーと朝は公園に行きたい」と言ってくることがあります。
その姿はとても可愛くて、ついつい抱きしめたくなります。
あ、午後は1号2号両方連れて公園に行っています…。
でも1号よ、5歳まではた~~んまり遊んだのだから(正確には遊ぶことしかさせませんでした…)、午後3時過ぎまでは幼稚園で新しい世界を開拓するのだ。


私もお母ちゃんとして6年が経ちました。
でも、1号の最初2年はナニーに面倒を見てもらっていたので、ナニーに育ててもらったのも同然かな。
その後仕事を離れてから今日までの4年が、お母ちゃんとして随分と私も成長させてもらいました。
自分自身の弱い面や、今まで芽も出さなかった面が見えたことの方が多いけど、
「マミー、大~好き。僕とずっと一緒にいようね。」
と、米Bよりも素敵な言葉をかけてくれる1号を見ると、
これからも頑張ろうと思う。

時々折れて凹むこともたっくさんあるけど、お母ちゃん、頑張ります。



[PR]
# by soiallie | 2017-05-10 13:35 | ♪ ジュニアたちのコト ♪ | Trackback | Comments(0)
今更ネタですが…。

ちょっと前にBBCのインタビュー放送で、お父ちゃんのインタビュー最中に子供2人が部屋に入ってきてしまい、その子たちを女性が連れ出していくという世界中で話題になった映像がありましたね。
FBでもあのインタビュー放送をたくさんの人たちが投稿していました。
そしてものすごい数のコメントもありましたね。

私が今でも忘れられないのはこんなコメント。
「Super Ninja Nanny!」
というもの。

え?そうなの?
コメントをしている人はあの女性がどうしてナニーだと思ったのだろう?

というのが私が最初に思ったことです。私はこの人はお母さんだと思ったからです(理由は下に書きます)。
ナニーだという証拠があったかどうか確かめるべく、再度映像を見ました。(笑)

やっぱりナニーだと確信できるものは私の目には映らず。
そうしていたら日本のウェブサイトでは、偏見がどうのこうのという記事が…。

「お父ちゃん大変だけど、可愛らしいなぁ」と思っていた私の気持ちとは全然違う方向にネット上では議論が向かっていってしまったようです…。



私は、あの女性はお母さんだろうなと思いました。
何故なら…

ナニーであれば彼女の首がかかっているので、私がナニーだったらトイレだって我慢して子供たちから絶対に目を離しません。
瞬きすらしないかも。(笑)
きっとあのお父さんもナニーには「仕事だから」と直前に言ってあるだろうし。

お母さんだったら、私がそうですが、30秒なら…とトイレに行ってしまったり、キッチンに立ってしまったりするからです…。
その隙に子供たちはお父ちゃんの部屋に行っちゃうのです。あぁ、私は、ダメ母ちゃんだぁ。
そしてあのちょっと乱暴な子供たちの連れ出し方、お母さんだからできることだと思います。

私があの女性をお母さんだと思ったのはこういう理由です。
でも、こういう見え方ができるようになったのは私も子供が生まれて育児をしてからです。
実際のところですが、あの映像を見て、彼女がお母さんなのかナニーなのかが大切なのではなかったように私は思います。

ただただ「可愛いなぁ」と思ったのです。
もちろんお父ちゃんはせっかくのBBCのインタビュー、格好良くキメたかっただろうから、それは遂行できず残念だったけど、とっても可愛らし映像だなと思いました。


私は、毎日子供を連れて1日2回の公園通い(本音:もうこれも疲れてきたなぁ…)をしていますが、周囲の人は私のことナニーだと思っている人がたくさんいます。
「あなたはこの子たちのナニーなの?」
「この子たちはあなたの子ですか?」
とかよ~~~く聞かれます。

うちの子供たち半分アジアの血が入っているのは見た目でも分かるけど、聞かれます…。
この辺ではナニーの多くは、アフリカ系、南米系、そしてアジア系が多いのが主たる理由です。

私、この子たちのお母ちゃんですから~~~。

あ、今朝もあるナニーに公園で同じこと聞かれました。

[PR]
# by soiallie | 2017-05-09 13:41 | ♪ 日常生活のコト ♪ | Trackback | Comments(0)
来月5月は1号の6歳のお誕生日月。

あ~、頭が痛い…。
本当に痛い…。

ソツなくこなしたいのに、考えるだけで後ろ向きになります…。
「前みたいにお家で家族だけでお祝いしたいな」って言ってくれたらいいのにな。ボソッ。

4歳の時は、友人数人を呼んで自宅でパーティー。
(公園の予定が天候のため自宅に変更)

5歳の時は、日本語幼稚園の友人数人と公園友達数人を呼んで公園でパーティー。
(5月半ばだというのに極寒+強風でみんなダウンジャケット着てお祝い…)

6歳の今年、「幼稚園(現地校)のクラス全員と日本語幼稚園のお友達を呼んで公園でしたい‼」というのが1号の希望。
幼稚園のクラス全員が来るとしたら25人。
日本語幼稚園のお友達も全員が来るとしたら5人。
全員足して子供たちの参加者だけで30人。
そこに兄弟やら父兄やらを足していくと…頭が痛い…。

子供には言えないけど、参加者が一番少ないであろう時間帯で誕生日パーティーを開催する予定です。(汗)
パーティーは土曜日が多いけど、我が家は日本語幼稚園が土曜日にあるので、1号の誕生日パーティーは日曜日!
お昼まで提供するのは無理なので、朝の10時開始11時半解散!

これで数人は不参加になるかな…。
(親としてど~~なの!?!?!発言なのは分かってます…)

今年はケーキを4ホール作らなければ子供たち全員の口にはわたりません…。
4ホールかぁ…。
プラス、軽食も作らなくっちゃ…。
頭がガンガンしてきました…。

頑張れ母ちゃん。


[PR]
# by soiallie | 2017-04-13 13:43 | ♪ ジュニアたちのコト ♪ | Trackback | Comments(0)

テニスウェア

昨年春からテニスを始めました。
バンコクにいた時は、小3から中2までAUAでコーチについて確か週に2、3時間練習をしていました。
小さい時は毎日習い事をしていたけど、一番惚れ込んでいた習い事はテニス。
いつもいつも真剣に取り組んでいたし、上手くなりたい‼いつかコーチをぎゃふんと言わせたい‼と思いながら励んでいました。

私が住んでいたボロアパートからはAUAのテニスコートが見えて、ベランダに出てはテニスを眺め、他のコーチのラケット捌きを見たりしていました。懐かしい思い出。★

そしてタイ留学時は再びAUAで同じコーチのもとで週に2時間練習をしていました。
それくらいテニスが好きでした。
当時AUAのテニスコートは1時間50バーツほどだったと記憶しています。日本円で約150円でしょうか。
コーチ代は別だったけど、いくら払っていたか記憶がない…。いくらだったっけ…。


そして昨年からここアメリカで始めたテニス。
小さい時の熱い想いが再び湧いてきたこの1年です。
こっちのコートは無料です。でも、利用者が多い場合には、1時間とかキリのいい時間で切り上げるよう自分たちで判断をするシステム。
私たちがいつも使用しているコートはほとんど利用者がいないので、途中で早めに切り上げたことはありません。


ラケットやらウェアやらはタイ留学時代に揃えたもので、何もアップデートをかけていません。
ラケットはその後ほとんど使っていないので、ガットを張り替えて現在も使っています。

ウェアはちょっとダサすぎる。
特にスコート。←今でもスコートって言いますか?
でも、足の付け根くらいの短さで身体にとても馴染むので、結局手放せずに今日まできました。
テニスボールを入れるポケットがついたパンツにすっと手が伸ばせるので本当に使いやすいのです。
でも、さすがにダサい…。

そんなわけで、この1年間テニスウェアをいろいろ見ました。
欲しい‼体に馴染みそう!!と思ったのはこのウェア。このウェアだけがひたすらに欲しいと思いました。
b0166491_03195457.jpg
Galadarlingより拝借

addidasのテニスウェアが好きなのですが、このスカートの短さが何より使いやすそうなのです。
ね、パンツに手が伸ばしやすい長さでしょう。

でも、これはStella McCartneyがデザインしていて、結構なお値段…チーン💵💵💵。
そして2012年か13年のもので、随分探したのですが、もうどこにもない。Ebayにローズピンク(くすんだ色でこちらも可愛いです)を発見したけど、サイズがきっと合わない。

というわけで、諦めました。ないものはしょうがない…。
諦めてから数か月…次の出会いがやってきました。

J.CrewがNew Balanceとスポーツ商品をコラボ開発・展開をしています。
そしてついに数週間前、ここにテニスウェアが仲間入り!!
まだウェブにアップされてから2,3週間しか経っていないのだけど、あるテニスウェアのあるサイズがすでに「ONLY A FEW LEFT」と。
え?本当に?

つい先日のこと…某サイトで買い物をしようと買い物かごに入れたものの、お会計までにちょっとパソコンから離れたりとモタモタしていたら、パソコンに戻った時にはすでに商品が売り切れてしまい買い物かごから消えてしまったという苦い経験をしました。

最近、ストレス解消(?!)とばかりにネットショッピングをしてしまっているのですが、J.Crew/New Balanceのテニスウェアは米Bに相談もせずにポチッとしました。💓

無事にテニスウェアのアップデートがやっとできました。
来週あたりからまたテニス再開です。



AUAは今…。
[PR]
# by soiallie | 2017-04-06 14:01 | ♪ スポーツのコト ♪ | Trackback | Comments(0)
先週は2号が3歳の誕生日を迎えました。
当日もいつもの通りいろいろ頭に来ることがありました。
「もう、あんたにはケーキなんて作ってやらん!!136.png136.png136.png
って思いました。
でも、何とか気持ちを落ち着かせて作ったよ。
b0166491_03244466.jpg

米Bも昨日誕生日でした。
ラザニア・ラムチョップ・パン・ティラミスにと彼のリクエストに応えたのに、彼は体調をひどく崩してしまい、ほとんど何も食べられず…。
早く、回復しますように。
b0166491_03250565.jpg


ケーキは両方ともバースデーソングを歌っている間に、2号に指攻撃されてしまいました。あ~ぁ。
b0166491_03252337.jpg

[PR]
# by soiallie | 2017-03-30 14:15 | ♪ ジュニアたちのコト ♪ | Trackback | Comments(0)

バンコクで15年も排気ガスまみれの生活をしたけど、未だ超健康優良人。タイと日本の大学→民間企業→米国大学院→NPO勤務→現在は旦那の米BとジュニアとワシントンDCで生活中。☆DCでの仕事+育児奮闘記ブログ☆


by soiallie
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31