<   2017年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

b0166491_02525538.jpg
1号の現地幼稚園はあと1ケ月弱で終わります。
あぁ~、早い。早過ぎだわぁ。

1号2号の日本語幼稚園(土曜日)も後3回で終わります。
1学期もあっという間だったぁ。

アメリカは5、6月は卒業式のシーズンです。
その後長い長い長~~~~い夏休みを挟んで新学期となります。

我が家の夏休みの行き先は日本です。
日本で1号2号を幼稚園に通わせる予定です。

さ、今夏も日本語のさらなるブラッシュアップと日本文化に触れる夏にします。
*1号2号はいつかきっと「日本には行きたくない」と口にする日がきます。それまでは、私に時間がある限り日本に連れていく予定です。

[PR]
by soiallie | 2017-05-23 13:52 | ♪ 日常生活のコト ♪ | Trackback | Comments(0)

1号お誕生日パーティー

1号の6歳のお誕生日パーティー、無事終了しました。
パーティー1週間前までは雨予報。その後は曇り予報に変わったものの、強風予報が出ていました。
はぁ、今年も強風か…。
昨年は本当に風が強くて、寒くて、みんなダウンジャケット着てお祝いしました。
しかも強風のためろうそくに火もつかなかった…あぁ、苦しい思い出です。

でも、今年はお天気に恵まれました。
誕生日パーティー時間帯に強風予報が出ていましたが、強風予報の時間帯がどんどん後押しになり、パーティー中は温かく、風も弱く、本当に爽やかなお天気になりました。
b0166491_03164796.jpg
写真真ん中下にストローラーが入っていますが、公園のプレイグラウンドでお手軽パーティーです。
レーザーアトラクション会場や、ジム会場、プール、映画館などなど、皆さん素敵な箱でパーティーをすることが多いです。
でも、我が家は車を所有していないので、家から近いところでしか実施できず…。
かつなるべくお金をかけない方針。
また幸運なことに、1号からは「〇〇でパーティーしたい‼」とか特別なリクエストが出ていないので、外でプレイデイトスタイルのパーティーで十分に喜んでいます。

日曜日の朝10時半から午後12時までの時間帯で、子供の人数は20人、大人も20人、併せて40人のパーティー。
プレゼントは要りませんよ~~‼スタイルだったけど、ジュースを提供してくれた家族、ピザを届けるために車を出してくれた家族、お水のボトルを運んでくれた家族、パーティーを抜け出してケーキを自宅から一緒に歩いて運んでくれたお母さん、後片付けを一緒にしてくれた方々、そして荷物を自宅まで一緒に運んでくれた家族…。
そう、1号が楽しめたパーティーはお友達の協力なしでは実施できませんでした。
ありがとうございます‼

b0166491_03164124.jpg
ゲームは何もしなかったけど、ラティーノの血が入っている1号、米Bがピニャータだけはやろう!と準備しました。
「僕も‼」「私も‼」
と皆でワイワイ楽しんでやりました。
楽しかったなぁ。

そしてお金はかけないけど、食事にはある程度力をいれました。
子供全員をカバーできる大きなケーキ、大人用にロールケーキ2本(プレーンと抹茶)
テリヤキチキン(タルタルソース)、お新香巻、スモークサーモン手毬寿司、キヌアサラダを用意しました。
そしてピザだけはWFMで調達。
b0166491_03162409.jpg
毎年1号がリクエストしてくるチョコレートケーキ。
スポンジの周りのクリーム塗りは相変わらず下手ですが…味は悪くなかったです。
ロールケーキもみんなで完食。

公園のプレイグラウンドは予約不要なので、午後12時をまわってもパーティーはエンドレス。
結局公園を後にしたのは午後1時半過ぎ。
いいお天気の下でのパーティー、準備は大変だったけど、1号が心底楽しんでくれたのでいい思い出になりました。

強くで心優しい子に育っていってね~~。

[PR]
by soiallie | 2017-05-21 15:18 | ♪ ジュニアたちのコト ♪ | Trackback | Comments(0)
b0166491_02535952.jpg
今朝、2号と行った公園。昨夏までは1号2号と一緒に行ったなぁ。

6年前の今日、午前2時46分に1号は米Bと私のところにやってきました。
ドクターも驚きのスピード出産でびっくりした夜でした。(笑)

昨日、幼稚園から帰ってきた1号に、
「ちょうど6年前の今日の夜、あなたがダディーとマミーのところにきてくれたんだよ。
マミーの大事な大事な宝物。来てくれてありがとうね。」
と伝えました。

実はこれをおでかけ先に向かっていたバスの中で話したのですが…
1号、突然目に涙が…。
6歳なりに感動してしまったのか、真意は測りきれなかったけど、私の二の腕に顔をうずめて泣いていました。

それとも、もしかして「長生きしちゃったなぁ~。思い出がいっぱいだぁ。」とか思っているんじゃないでしょうね。
ちみちみ、人生はまだまだこれからですよ。

1号は、私との自宅保育を終えて、昨夏より現地の幼稚園に通っていますが、今でも「マミーと朝は公園に行きたい」と言ってくることがあります。
その姿はとても可愛くて、ついつい抱きしめたくなります。
あ、午後は1号2号両方連れて公園に行っています…。
でも1号よ、5歳まではた~~んまり遊んだのだから(正確には遊ぶことしかさせませんでした…)、午後3時過ぎまでは幼稚園で新しい世界を開拓するのだ。


私もお母ちゃんとして6年が経ちました。
でも、1号の最初2年はナニーに面倒を見てもらっていたので、ナニーに育ててもらったのも同然かな。
その後仕事を離れてから今日までの4年が、お母ちゃんとして随分と私も成長させてもらいました。
自分自身の弱い面や、今まで芽も出さなかった面が見えたことの方が多いけど、
「マミー、大~好き。僕とずっと一緒にいようね。」
と、米Bよりも素敵な言葉をかけてくれる1号を見ると、
これからも頑張ろうと思う。

時々折れて凹むこともたっくさんあるけど、お母ちゃん、頑張ります。



[PR]
by soiallie | 2017-05-10 13:35 | ♪ ジュニアたちのコト ♪ | Trackback | Comments(0)
今更ネタですが…。

ちょっと前にBBCのインタビュー放送で、お父ちゃんのインタビュー最中に子供2人が部屋に入ってきてしまい、その子たちを女性が連れ出していくという世界中で話題になった映像がありましたね。
FBでもあのインタビュー放送をたくさんの人たちが投稿していました。
そしてものすごい数のコメントもありましたね。

私が今でも忘れられないのはこんなコメント。
「Super Ninja Nanny!」
というもの。

え?そうなの?
コメントをしている人はあの女性がどうしてナニーだと思ったのだろう?

というのが私が最初に思ったことです。私はこの人はお母さんだと思ったからです(理由は下に書きます)。
ナニーだという証拠があったかどうか確かめるべく、再度映像を見ました。(笑)

やっぱりナニーだと確信できるものは私の目には映らず。
そうしていたら日本のウェブサイトでは、偏見がどうのこうのという記事が…。

「お父ちゃん大変だけど、可愛らしいなぁ」と思っていた私の気持ちとは全然違う方向にネット上では議論が向かっていってしまったようです…。



私は、あの女性はお母さんだろうなと思いました。
何故なら…

ナニーであれば彼女の首がかかっているので、私がナニーだったらトイレだって我慢して子供たちから絶対に目を離しません。
瞬きすらしないかも。(笑)
きっとあのお父さんもナニーには「仕事だから」と直前に言ってあるだろうし。

お母さんだったら、私がそうですが、30秒なら…とトイレに行ってしまったり、キッチンに立ってしまったりするからです…。
その隙に子供たちはお父ちゃんの部屋に行っちゃうのです。あぁ、私は、ダメ母ちゃんだぁ。
そしてあのちょっと乱暴な子供たちの連れ出し方、お母さんだからできることだと思います。

私があの女性をお母さんだと思ったのはこういう理由です。
でも、こういう見え方ができるようになったのは私も子供が生まれて育児をしてからです。
実際のところですが、あの映像を見て、彼女がお母さんなのかナニーなのかが大切なのではなかったように私は思います。

ただただ「可愛いなぁ」と思ったのです。
もちろんお父ちゃんはせっかくのBBCのインタビュー、格好良くキメたかっただろうから、それは遂行できず残念だったけど、とっても可愛らし映像だなと思いました。


私は、毎日子供を連れて1日2回の公園通い(本音:もうこれも疲れてきたなぁ…)をしていますが、周囲の人は私のことナニーだと思っている人がたくさんいます。
「あなたはこの子たちのナニーなの?」
「この子たちはあなたの子ですか?」
とかよ~~~く聞かれます。

うちの子供たち半分アジアの血が入っているのは見た目でも分かるけど、聞かれます…。
この辺ではナニーの多くは、アフリカ系、南米系、そしてアジア系が多いのが主たる理由です。

私、この子たちのお母ちゃんですから~~~。

あ、今朝もあるナニーに公園で同じこと聞かれました。

[PR]
by soiallie | 2017-05-09 13:41 | ♪ 日常生活のコト ♪ | Trackback | Comments(0)

バンコクで15年も排気ガスまみれの生活をしたけど、未だ超健康優良人。タイと日本の大学→民間企業→米国大学院→NPO勤務→現在は旦那の米BとジュニアとワシントンDCで生活中。☆DCでの仕事+育児奮闘記ブログ☆


by soiallie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31