<   2017年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

Kombucha

ここ4,5年でスーパーでkombuchaを見かけることが多くなりました。
でも、頭の中ではkombucha=昆布茶となっていた私…当然買う気など起きず、完全スルーでした。

ここ1年ほど、ネットでコンブチャの効果などを読むことが多くなり、フムフムとうなずいてはいましたが、購入までは至らず。
何しろ、1本$4~5はしますから…。家で水飲んでた方がいいわ~~~。(笑)

3ヶ月ほど前に友人一家を自宅に招いてご飯を一緒に食べた際、友人がkombuchaを毎日飲んでいるという話をしてくれました。
彼女によると、美味しいらしい。
微炭酸で酸っぱくて(アルコールちょっぴり含みます)、とてもさっぱりするらしい。
フムフム。なるほどぉ~。

この話を聞いたその翌週に会った友人が、
「いずみんみん、コンブチャ知っている?スコービーあるけど、いる?」
と聞いてきました。

話を聞いてみると、自宅で作るのはどうやらとても簡単そう。
コンブチャの菌であるスコービー(株)を早速いただくことに。

紅茶に砂糖を入れ、常温になったそれをスコービーの入っている瓶に注ぎ、待つこと2週間ちょっと。
最初のコンブチャができました。でも、初回だったからかそんなに美味しいなとは思えず。
ところが、2度目からはとても美味しくなりました。
その後、市販のものと比べてみようと3,4本ほど購入して飲み比べをしました。

ずばり!!自宅で作ったものの方が断然美味しい!!
市販のものは炭酸が強すぎて、上手に飲めませんでした。
自宅のもののほうが何も自然の味がして飲みやすいのです。

カフェイン断ちをしましたが、このコンブチャだけは少量を週に数回飲んでいます。
コンブチャは紅茶で作られていますが、発酵過程でカフェイン量は減り、最終的には作った時の3~4/1の量になっているのだそうな。
作るときに砂糖も結構入ります(紅茶1000㎖に対し、砂糖80g)。でもこちらも同じように発酵過程で菌がどんどん砂糖を食べてくれるのだそうです。

見た目は、一瞬「ギョッ」としますけど…。
b0166491_05573119.jpg

[PR]

by soiallie | 2017-02-11 15:15 | ♪ 食のコト ♪ | Trackback | Comments(0)  

ザ・オリエンタル・バンコクへの憧れ

DC話は一切ない最近のエントリーです…。(失笑)

まだ続きます、タイ話。
もう結構です…という方はスルーでお願いします。

バンコクには昔からホテルがたくさんありますが、21世紀に入った現在もバンバンとホテルが建設されています。
今年はついにあのパークハイアットバンコクがオープンしそうです。

昔から憧れていたホテルがあります。
バンコクにいた頃は、当時ペニンシュラ、その後リージェントと呼ばれたホテル。(現アナンタラバンコクホテルです。)
b0166491_05560131.jpg
このホテル、私がバンコクにいた時に、ペニンシュラからリージェントに名称変更し、その後フォー・シーズンズに変わり、現在はアナンタラです。
辛口ですが、ちょっと格落ちした感が否めませんね…あ、言っちゃった
このホテル、当時住んでいたアパートのベランダから見えていたのです。いつも見ては「いつか泊まってみたいなぁ~」と幼心に思い、ホテル前を歩くときは背筋がピンとしたのを覚えています。
そしてその夢を2000年に叶えました。まだリージェントという名称でした。
は~、豪華だった。そして素晴らしいロケーションです。

そしてすっかり大人になった今(笑)、憧れるのは泣く子も黙る(?!)このホテル。
b0166491_05561673.jpg
マンダリンオリエンタルホテルです。バンコクにいた頃は、マンダリンの名はついていなくて、オリエンタルホテルという名称でした。
2012年に米Bとこちらのバンブーバーに行こうとホテルに足を踏み入れた時に、圧倒されました。
凛とした佇まい、こじんまりとしたロビーなのに荘厳ともいえるオーラ、100年以上の歴史が醸し出す雰囲気にのみ込まれたのを覚えています。
そして「いつかここでゆっくり宿泊できるよう頑張ろうね」と米Bと話しました。
ちなみに…バンブーバーに行きたかったのに、あまりにすごい人で溢れ返っていたその夜のバーでは落ち着いて話もできないね…と入店せずに立ち去ったのです。


マンダリンオリエンタルホテル、開業140周年を迎え、改装も終え、伝統を守りつつも新しい時代を築こうとしている模様。
米Bとの結婚10周年は、バンコクに2人だけで行ってマンダリンオリエンタルに泊まりたいなと昨日伝えました。
さ、いよいよ憧れのホテルに行けるかな。
まだ2年先だけど…。

[PR]

by soiallie | 2017-02-08 16:31 | ♪ タイのコト ♪ | Trackback | Comments(0)  

タイ語モードに火がつきました

昨年初秋にネットでรถไฟฟ้า มาหานะเธอ(Bangkok Traffic Love Story)を見て、一気にタイ語モードに火がつきました。
この作品は2009年にタイで大ヒットした映画。タイ人女子気質満載の作品で、すっごく楽しかったです。最初から笑いっぱなしでした。
いや~、タイ人女子やっぱり可愛いですね。

その後、間髪入れずにタイのドラマを物色。タイのドラマはとにかく賑やかで煩くて、女性同士の嫉妬恨みに端を発したケンカなども多く、そんなに得意ではありません。
なので、大人向けのオフィスが舞台のドラマを探したらありました、ありました‼
แอบรักออนไลน์
主役はタイではベテランの域に入っているであろうAnn姉さん(昔からずいぶん年上だろうなと思っていたら同年代でビックリ!)が主役ならコッテコテのドラマには出ないだろうと睨んでみました。
Ann姉さんに続き準主役がこちらも昔から芸能活動をしているPeter Korp Dyrendal。このPeter演ずるボス役があんまりにカッコよくて、Peterもチャラ男からいい男になったなぁと思ったら、私生活は相変わらずチャラ男っぽいようで…。(笑)

でも、このドラマ、やっぱり途中からは女性間の嫉妬恨みなど満載でダラダラしちゃいました。

ドラマの次は歌です。
実はこのタイミングであの大好きだったASKA再逮捕のニュースが流れました。このニュースで、ついに諦めがついた私。
iPhoneに入っていたのはChage&Askaの歌のみだったのですが、ここで全部消去。
バイバーイ029.gif
空っぽになった私のiPhoneに収まることになったのは、タイの国民的スター、そうP'Birdこと、トンチャイ・マッキンタイです。


花嫁道具のひとつ(?!)として持ってきていたトンチャイのアルバムCDたちは、こうしてiPhoneに収められ日の目をみることとなりました~~‼
トンチャイ、好きでも嫌いでもなかったけど、アルバムはコンスタントに購入していて、DCまで持ってきていたのです。(笑)

あ、トンチャイとはタイの超国民的スターで、タイ人に死ぬまでに会いたい人は?と聞くと
・ラマ9世国王(昨年お亡くなりにならてしまいました)
そして
・トンチャイ
と答える人が多いそうな。

トンチャイが亡くなることがあったら、公式発表はないだろうけど、多くのタイ国民が喪に服すと思います。それくらいすごいスターなのです!!

こうしてタイ語に火がついてしまった私。
2号が昼寝をしている間は、夕食の準備をしなくてもいい日は、タイ語の勉強に今は充てています。
そういうわけで、このブログも放置気味になってしまっています…。

余談ですが、トンチャイがコンサートで歌っているこの歌が、私のタイ語モードに本格的に火をつけました。コンサートビデオはアップできないようなので、本家の歌をアップします。

これタイ企業の面接で外国人が披露したら一発で採用だろうなぁと勝手に思っています。(爆笑)
そのくらい大ヒットした歌です。しかもルクトゥンはタイ人の魂を鷲掴みにしてしまいますしね。(あ、今の若いコは知らないけど…)

[PR]

by soiallie | 2017-02-08 14:44 | ♪ タイのコト ♪ | Trackback | Comments(0)  

カフェインフリーボディー

皆さんどのくらいの頻度でどのくらいの量のカフェインを摂っていますか?
(私は、ソーダも紅茶もお茶もほとんど飲みませんが、コンブチャは少量(週に少量を2,3回)飲んでいます)

私は気づけば毎日コーヒーを飲んでいて、だいたい200~250mgの量を摂取していました。
以前、カフェイン断ちをしたのですが、禁断症状のひとつであるあの頭痛に耐えられず2日目で諦めました。

そして今回再度挑戦することに‼
米Bが出張に行くというので、それを機に二度目のカフェイン断ちに挑戦です。
b0166491_06011249.jpg

結論から言いますと、今回は大成功。
カフェインを断ってから2週間半経ちますが、カフェインフリーボディーを取り戻しました。
夜の寝つきがよくなり、肩・首の凝りが和らぎ、コーヒー貯金ができ(年間で考えるとそれなりの金額ですネ)、何よりも水が美味しく感じられるようになりました。コーヒーを飲んでいた時の倍の量ほどの水を今は飲んでいます。気のせいか、お肌が潤った気がします(特に顔が)。

でも、最初は本当にキツかったです。もし仕事をしているのであれば突然のカフェイン断ちはお薦めしません。カフェイン摂取量を減らしていく方法をとった方がいいかと思います。

カフェイン断ち初日、まず予定通り頭痛が襲ってきました。そして強烈な吐き気がその次にやってきました。
これは想定外だったのだけど、調べると禁断症状のひとつだということが分かりました。
2日目3日目はさらにひどい頭痛。あまりに酷い痛みで夜もなかなか寝付けず、夜中に目を覚ましたらその痛みで今度は眠れないほど…。これはキツい…。
4日目5日目は頭痛は治まったかのように思えたのですが、頭を振ったり、首を動かすと、首から頭にかけてズキーン!と強烈な痛みが走りました。
そして、カフェイン断ちをする前から体調不良で、カフェイン断ちをした週に発熱・関節痛・悪寒・咳にヤラれました。

私は、この症状を風邪だと捉えていたのですが、もし禁断症状だったのであれば、突然のカフェイン断ちは本当におすすめしません…。
カフェイン断ちをした週は、育児も本当にテキトーで、横になっていないとキツかったので、子供たちにはTVを見せていました(←ダメ母?!)。

そしてカフェイン断ちをした週に、体重も落ちました。コーヒーにはいつも砂糖+クリームですが、この糖質がなくなり、お菓子作りもこの週は中断、炭水化物を少し減らしてアボカド・卵をいつもより多めに摂取したら、あっという間に年末にかけてググッと増えた脂肪が落ちました。

というわけで、ものすご~~~~く苦しかったけど、大成功したカフェイン断ち。
カフェインフリーになったら「あら、何だかいいこと尽くしだわ!!」となったわけです。

カフェインフリー万歳ッ!

[PR]

by soiallie | 2017-02-08 13:52 | ♪ 身体のコト ♪ | Trackback | Comments(0)