<   2016年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

あ~、やってしまいました。

「お前さんは、ジゼル文珍じゃなくって、ジゼル・ブンチェンを目指すんじゃなかったの!?!?」と何度も自分に問いかけかけましたよ。


はぁ、一昨日のこと。
人生2度目のぎっくり腰。
はぁ。

1号の鼻を綿棒で彼の後ろから掃除してあげようと、上半身をちょこっとだけ前に倒してしばらくしたら
「グキグキッ」
と背中に痛みが走ったのです。
あ~、やってしまった~~‼
痛みの走り方が前回より軽いというのは何故だかすぐに分かったものの、やっぱり痛い。
腰というより、お尻の限りなく下の方が痛い…。陣痛を思い出す痛みだわぁ。

その日はとっても暖かく、1号2号を連れてフローズンヨーグルトを食べに行こうと話をしていたのだけど、この痛みでは行けそうにない…。
「悪いけど、行けそうにないよぉ…」
と1号にいったら、大泣き。
もう少しで5歳になるというのに、赤ちゃんみたいなあり得ない泣き方をする1号。

結局、ぎっくり腰を和らげる体操なるものをしたら背筋もなんとなくまっすぐになり、歩けるようになりました。
はぁ、こんな時も身体張らなきゃいけない状況にいる私の育児って一体…何。(笑)

1号には何があってもグズらない‼何があってもきちんと横を歩くこと‼をよ~~~く言い聞かせていざ出発。
時々腰をさすりながらだったけど、フローズンヨーグルトも行ったし、その足で日課である公園にも行きました。
あ~、きっつい。
2号をストローラーに入れるのが一番しんどかった…。


米B不在だったので、この3週間はまったく運動をしていませんでした。
かつ、どっしりとした2号を抱っこ紐に入れて外出することも多かったのです。
今考えると、この抱っこ紐を使用した時にいつも負担がかかっている場所が今回痛んでいるところ。
もう抱っこ紐は使用しないことにしました。
2号には犬のリーシュならぬ、散歩用の紐を購入したいと思います。
ま、その他にも日々の生活で身体に負担がものすごくかかっているのも実感していました。
それがぎっくり腰という形で爆発したというわけ。

あ~ぁ、結局私も年とったんですね。
ジゼル文珍ならぬ、ジゼル・ブンチェン目指します‼とか言ってるけど、とってもほど遠いところにいることを実感。
家の中では「お婆ちゃん」と呼ばれる始末。

でも、「マミー、大変だね。じゃあ、しばらくみんなで静かに過ごそうね‼」と1号2号が言うわけでもなく。
こんな状況になっても、毎日ぎっくり腰和らげ体操をしながら1日2回公園に連れて行っています。
ま、一生公園通いが続くわけでもないのでもう少し踏ん張ります。

米Bよ、週末は1号2号の面倒を見てちょうだいね。
頼んだ!!←丸投げ。
[PR]
by soiallie | 2016-03-11 14:34 | ♪ 身体のコト ♪ | Trackback | Comments(0)

心の故郷、バンコク

昨年2015年の夏、日本に行った際にバンコクにも行ってきました。
一度に2か所も行かせてもらえて、本当に贅沢です。
米Bに感謝感謝。

あ、2号がまだ1歳なのでバンコクに行くなら2号のチケットがほとんど無料に近い今だ‼というわけです。

ずいぶん古い話ですが、思い出の写真たちです。
ごめんなさい…大した写真ではないです。
自己満足の写真です。(汗)

b0166491_3304210.jpg
エアコンの効いているホテルからすでに30度超えの外に出ると、カメラのレンズは曇ってしまいこんな仕上がりの一枚になってしまいました。@ルンピニ公園

b0166491_3303156.jpg
毎朝通いました。1号は3年半前に初めてバンコクに行った時からこの白鳥ボートに乗りたいと言っていました。やっと叶えてあげることができたよ~。@ルンピニ公園

b0166491_3302665.jpg

b0166491_330646.jpg

b0166491_3302382.jpg

Central Embassyに入っているRocket。2回も行きました。
DCなど足元にも及ばないくらいレベルが高いです。

b0166491_3301745.jpg

b0166491_3301383.jpg

By Myeslf@Asiatique
3年半前に米Bと行った際に魅了されたお店。まだ営業されていて嬉しかったです。
と~~~っても真面目そうな若店主が作り出す皮を使った小物たちは味があります。生半可な気持ちで仕事はしてないですから、という気持ちがヒシヒシと伝わってきます。
入口のノブだって味が出てます。

b0166491_330223.jpg

b0166491_3295424.jpg

最終日は「一人で外に行ってきな」とおひとりさまタイムをくれた米B。朝はルンピニ公園で走り収めをしたけど、ホテルに戻る際に一人泣いた…。ウルウル涙じゃなくて、結構な大粒涙を流しながらラジャダムリを歩いたよ。
そして映画館Scala近辺を散歩。ここは小さい時にお母さんが小さな私と弟と連れてきてくれた思い出の映画館。
塗り替えはしてあるけど、今も相も変わらず天井デザインが美しい。

b0166491_3295014.jpg

タイのジャンクフードが大好き。ママータレー。
ママーという泣く子も黙る超有名インスタント麺とシーフードを和えたサラダ。

次にバンコクに行けるのはいつかなぁ。
いつかまた米Bと2人で行って、のんびりするのが夢です。

バンコクが恋しくなると見るのがこの動画。私が住んでいたところ。30年前とは姿は随分変わったけど、空気は変わらず。キットゥン。

映画館で本編上映前に流れる国王賛歌。米Bと初めてバンコクの映画館に行った際、本編前に涙している私を見て彼はびっくりしていました。
そう、そのくらい何故だか毎回毎回感動するのです。タイ国民の父、いつも涙せずにはいられません。
[PR]
by soiallie | 2016-03-04 13:29 | ♪ タイのコト ♪ | Trackback | Comments(0)
先週より米Bは1週間ちょっとの出張に行っています。
行き先はキューバ。
国交が回復し、こうしてキューバに米国から行けるなんて本当に歴史的なことですよね。
米国人の米Bはまた私とは違う感想を持つと思うので、戻ってきたらいろんな話を聞くのが楽しみです。

さて本題へ。
いつものことですが、米B出張中の育児はキツいです…。いつにも増してキツいです。
冬の育児はなおさらキツいです…。

少しだけ暖かくなったと感じる2月からは毎週1度は博物館へ足を運ぶようにしています。
今週の行き先はNational Museum of American History。

2,3週間前に行った時に、子供向けの施設が新しく年末にオープンしたというので、今回はそこを訪れることに‼

1号はAmerica On the Moveが好きなのだけど、今回はそこには行かずまずはDraper Spark! Labへ。
ここではいろいろな実験を自分で体験することができるスペースで、1号はゾッコン。
帰宅してから知ったことですが、対象年齢は6-12歳だそうです。
4歳の1号と、1歳の2号と入ったけれど、スタッフの皆さんはとても良くしてくれました。

スタッフの方が教えてくれたのだけど、このLabは3ヶ月毎にテーマが変わるようです。
現在は「音」がテーマになっていて、各実験はテーマに基づいたものになっています。
来月からは「見る」がテーマとのこと。
これはまた連れて行かなくっちゃね。

このLabの隣にあるのが、Wegmans Wonderland
乳幼児を対象にしたいわゆるプレイエリアです。1号にはちょっと幼いけれど、2号はこっちにゾッコン。
Wegmansの支援によりできたこの施設、食品関連の遊びが充実しています。
スタッフもとても優しかったです。

どちらの施設も10時半くらいからの1時間はフィールドトリップの子供たちで混雑していたけれど、11時半過ぎからは人数がググッと減り、思いっきり楽しむことができました。でも週末は大混雑でしょうね…。
我が家はオープンの10時過ぎに入り、結局博物館を出たのは午後3時…。

楽しかったけど、疲れた…。
とっても疲れたけど、楽しかった~‼
また行かなくっちゃ。
[PR]
by soiallie | 2016-03-04 10:13 | ♪ ジュニアたちのコト ♪ | Trackback | Comments(0)
節約節約エントリー、しつこいですが、もうひとつ続きます‼

行くつか前のエントリーでサラッと書きましたが、私はずっとオートミールが苦手で「一生食べることはないだろうな」と思っていました。

何が苦手って、あの食感と味と見た目。どう見ても美味しくなさそうで、「アメリカで身体にいいとされているものは本当に美味しくないなぁ」と思ったものです…。(笑)
だからこそ、みんなあそこにいろいろなものを入れるのかもしれませんが…。

そしてあることを境に食べられるようになったのです!!
私にとっては奇跡です。
だって、一生食べないだろうなと思っていたものですから~~。

ある朝、ジュニア1号がこんなことを言いました。
「パイナップルジャムを入れてオートミールが食べたい」
と。

早速パイナップルを購入して作りました。
とにかく水分が多い果物なので、煮ても煮てもジャムみたいには固まってくれません…。
どちらかというとコンポートかな?!

でも、パイナップル1個からできるジャムの量がとても多いことに気づきました。
あ、ちなみに我が家は芯も小さく切ってジャムにするから量が多くなります。

これはコストパフォーマンスが驚くほど高いジャムです。
しかも美味しい。

そしてこのパイナップルジャムと蜂蜜でオートミールを食べてみたら、驚くほど美味しかったのです。
パイナップルの甘味と酸味と、何よりも歯ごたえが何とも言えません。

我が家の男子たちにこれまた大人気‼
ジャム好きな男子たちだけど、イチゴやブルーベリーよりも大分安くおさまります。
ただ…小さくカットするのに手間がかかります。

我が家にこうしてまた節約一品が増えました~~‼
[PR]
by soiallie | 2016-03-04 09:48 | ♪ 食のコト ♪ | Trackback | Comments(0)

バンコクで15年も排気ガスまみれの生活をしたけど、未だ超健康優良人。タイと日本の大学→民間企業→米国大学院→NPO勤務→現在は旦那の米BとジュニアとワシントンDCで生活中。☆DCでの仕事+育児奮闘記ブログ☆


by soiallie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31