<   2010年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

よいお年を!!!

DCはまだ年が明けません…笑。

今日は昨日に引き続きお掃除とお洗濯とお料理で一日が終了。メイちゃんがお腹にいるけど、雑巾がけも無事終わり、お家が綺麗になりました。これでスッキリした気持で新年を迎えられそうです。

今年は昨年の2009年とは比較にならないほど充実感を得られた年でした。まぁ、2009年が辛すぎたと言えばそれまでですが…アハハ。

来年2011年は、2010年同様に頑張りすぎず、気負いすぎないようにいきたいと思います。20代と違い、だいぶ自分のペースが分かってきたというか、「うん、これでいいんだ」と自分で納得できるペース配分が少しできるようになりました。

メイちゃんがお腹の中でスクスクと育ってくれたら、来年は無事メイちゃんをこちらの世界に迎えることができます。米Bは、お腹に向かっての踊り・歌・ジョーク飛ばし・お話に加え、名前を考えるのでさらに忙しくなってます(笑)。

2009年は新婚にもかかわらずすご~い暗い気持ちだった私、2010年はそこからやっと這い出すことができた私、でもそこには相方である米Bの絶対的なサポートがありました。彼には心の底から感謝の気持ちでいっぱいです。

今夜はお家で静かに年を越します。

世界中のほとんどの地域はすでに年が明けていることと思いますが、どうぞ素敵な年末年始を♪
[PR]
by soiallie | 2010-12-31 21:37 | ♪ 日常生活のコト ♪ | Trackback | Comments(0)

生検~生体組織検査~

年を越す前に、生検についてエントリーします。胸に穴を開けて針を刺して、組織体を取る…というような内容ですので、生々しい医療系のお話が苦手な方はスルー願います。

私の胸に異常(しこりです)が触診で見つかったのは今年5月のことでした。30ウン年間、大した病気ひとつせず有難いことに本当に健康に過ごしてきたので、それだけでショックでした…。
でも、触診なので、とりあえず超音波にまわされることに。

アメリカの医療制度は、世間一般に知られているように色々問題を抱えていますが、予約が取れないというのもこれまた大きな問題だと個人的には思っています。
超音波の予約が取れたのは、何と1ヶ月先。げッ。


1ヶ月後、緊張しながら超音波検査に行きました。男性の先生が担当してくれたのですが、触診と超音波のダブル検査で
「大したことないですね。よくあるリンパ線です。私だけの意見で不安でしたら第三者検査をしてみてもいいですよ」
とのこと。

先生は自信満々にそう言ったので、診断書に書かれていた「リンパ腺だと思われますが、胸外科医に相談することをお勧めします。」という内容はさほど気にしませんでした。


そして月日は流れ、メイちゃんを授かりました。定期健診初回の際、万が一のためにと手元にある過去の診断書を全て持って行きました。
私の担当の産婦人科医はもちろんその超音波診断書の内容を見て手を止め、一瞬シーンと静かになりました。

「胸外科医に相談しましたか?」
「リンパ線だと言われたのでしていません」
「この診断内容だと100%ではありません。ドクター〇〇の連絡先をあげるのですぐに予約を入れて相談してください」
とのこと。
この初回診断には米Bも同行していたのですが、検診後にこう言われました…
「ひとつ言っておくね。僕の両親は知ってる通り医療分野で働いているよ。先日これまた医療分野で働いている友達とも話したのだけど、アメリカの医者や看護師の中にはいい加減なのがいるんだよ。信じられない話だろうけど、その分野で働いている人がそういうのだから、そういう現実があるということも覚えておいて。
お願いだから、するにそのドクターに予約を入れて再検査してね」

私、正直言うと病院とか医者とか大の苦手です。歯医者だって嫌い。そして薬も大嫌い。←薬はほとんど飲みません。

そして紹介されたドクターに電話。こちらはすぐに予約を取ることができました。
そして胸外科医による再超音波検査。
結果は…病院で最終検査+生検をしましょう、とのこと。←目の前真っ暗。

この再超音波検査でも、胸には相変わらず黒い影があり、リンパ線なのかいわゆる癌に発展するものなのかどうかの判断ができなかったのです。
ドクターがその時言葉にした生検は、英語でbiopsyって言います。もちろんそんな単語は知らない私…ドクターの口からは「ボブ氏」という単語が発せられているようにしか聞こえず…何、何、ボブ氏って何ぃ~。頭が混乱しました。でも、ボブ氏についての話をドクターから聞く限りでは痛そう。だって胸を切開し、そこに針を刺して、その針がギュイ~ンと回転し、そこから組織体を取り出して、その組織を検査して最終判断を下すというもの。しかもそれを3,4回続けるそうな。
でも、病院での超音波検査でリンパ線だと診断されればボブ氏をする必要はないとのこと。

このドクター、すぐに受付嬢に病院に電話予約をする指示を出し、病院行きは1週間強後となりました。

帰宅してボブ氏を調べると、やっとこさbiopsy(バイオプシー)ということが分かりました。ドクターはブラック系米国人で少しだけ独特の話し方をするので、ボブ氏と聞こえてしまったのかもしれません。ちなみに産婦人科ドクターもブラック系米国人です。どちらのドクターも美人ッ!!!しかも優しい。もう涙が出るほど有難い存在です。おっと、話が反れました…。

病院へ行く前の晩緊張してよく眠れませんでした。第一、切開なんてしたことないし、体に麻酔だって打たれたことないんです!!!しかもその時すでに妊娠11週。メイちゃんに影響はないと言われても、そりゃあ不安になるものです。

そして当日、ガッチガチになりながら病院に行きました。看護師さんがこれまた優しい人で、担当のドクターが来るまで親切丁寧に接してくれました。そしてドクターが入ってきてまずは超音波から…

ガ~~~ン。やはり100%確実な診断を下せるような黒い影ではないとのこと…ガ~~~ン。←凹んだなぁ。

そして生検をすることに…。準備が整うまで少し時間があったのですが、この時に私を産んでくれたお母さんのことを考えてしまいました。そして心の中で
「お母さん、ごめんなさい。せっかく与えてくれたこの体に、今日医療の穴を開けることになってしまいました…」
と謝罪。そして看護師さんにティッシュを下さいとお願いし、お化粧していることも忘れ涙しました…。←三十路過ぎているのにみっともないですね…。

目の前にある大きな生検用機械にスイッチが入れられ、まずは麻酔から。痛かった。しかもド~ンと重たかった。
その後、ドクターが印をつけたところが切開されました。麻酔が効いていたけど、何かの瞬間に大量の血が見えて…ヒェ~~~。
そしていよいよ生検用機械の出番です。こちらも見ないようにしていたのでどんなものが切開部分に入れられたのかはハッキリ分かりませんが、胸にかかる圧力が痛かった…というより重かった。組織体に針が達するとそこでギュイ~ンと何かが回転します。麻酔が効いているので痛くはないのだけど、とにかく音がものすごくって…それだけで意識が遠のきそうでした。組織体を取り出すのに4回針が切開部分に刺されました。はぁ。

きっと10分もかかっていない作業だったのだけど、とにかく体がガッチゴチになりました。無事病院を出て、職場に戻ったはいいけど、麻酔が切れてくると切開部分が痛み始め、普通に歩くのさえも困難なほど痛かったです。
その夜バスルームで胸を確認したら、切開痕がクッキリと…。1ヶ月後には消えるとのことでしたが、やはり身体に穴を開けたショックは大きかったです。

それから3,4日が経ち、病院から診断結果を知らせる電話が入りました。
Fibroadenomaという乳腺繊維線種と診断され、癌や悪影響を及ぼすものではないとのこと。
ホッとしました。本当にホッとして涙が出ました。

長いエントリーになりました。
ボブ氏だと聞こえてしまったbiopsyは精神的にとても痛かったけど、まずは安心して妊娠生活が送れそうです。
メイちゃん、お腹の中でスクスク大きくなぁれ♪
[PR]
by soiallie | 2010-12-30 13:29 | ♪ 米B・ベイビーのコト ♪ | Trackback | Comments(2)
外国人のご主人をお持ちの皆さん、ご主人は日本語が話せますでしょうか?

うちの相方こと米Bは、自慢したいくらい全く話せません。普段はそれでいいのですが、ケンカが始まり熱くなると、ついつい日本語でブチまけちゃいます。でも、その瞬間に、
「ハ? アナタハ ナニヲ イッテイルノデスカ?」
ってな顔されて、さらにカーッとなってしまうのがオチなのですが・・・トホホ。

ただ今、私のお腹ではメイちゃん(性別まだ分らないけど、五月に生まれる予定なので・・・あと私たち2人ともトトロのメイちゃんが大好きなんです)がスクスクと育っています。
日本語を全く話せないお父さんなんて絶対ダメ!!と米Bは思っているようで、少しずつ日本語を勉強しています。

昨晩は日本語教材をベッドに持ち込んできた米B。で、隣で雑誌を読んでいた私に話しかけてきました。

「オヒサシブリ カンチャナブリ!!」
で一人大爆笑する米B。あなた、一昔前の芸人ですか?

「オゲンキデスカ? バッチリデェーース!!」
で一人大爆笑の米B。何だか一人で楽しそ。

「ワタシハ ニホンニ シュチョウニ キマシタ」
得意げな米B。でも、シュチョウ(主張)じゃなくて、シュッチョウ(出張)のことね。

「イヤラシイ」
は??突然何を言っているの?と思っていたら・・・
「イヤラシイ ニンプ クダサイ」
ニヤニヤする米B。あなたの望みは何ですか?と心の中で呟く私。

「クサイ」
「ワタシノ ニンプチャンハ クサイ デス」
クスッと笑う米B。確かにメイちゃんを授かってからは、おならとゲップが止まりません・・・でもこればっかりは仕方がないのよぉ。

その後も、一人でブツブツ口にしては楽しそうにしていた米B。楽しく学ぶのはいいことだね。そして妻は思うのです。
「この人、日本語環境にポンって置いたら、あっという間に話せるようになると思う」
と。

頑張れ、米B♪
ちなみに米Bの昨晩の教材はこちら↓

旅の指さし会話帳〈21〉JAPAN (ここ以外のどこかへ!)

榎本 年弥 / 情報センター出版局


[PR]
by soiallie | 2010-12-28 07:15 | ♪ 米B・ベイビーのコト ♪ | Trackback | Comments(0)

O'Hare Int'l Airport

乗り換えのため只今シカゴのO'Hare。
外は寒そう…南国仕様の私は、ここには住めそうにありません。
空港も寒いっ‼

サンディエゴ、晴れて暖かくなってぇ~。
b0166491_0383329.jpg

[PR]
by soiallie | 2010-12-20 00:27 | ♪ 旅のコト ♪ | Trackback | Comments(0)

クリスマス休暇

もう気付けば12月18日…師走もとっくに半ばを過ぎていました。

明日からSan Diegoに行ってきます。米Bパパママと一緒に米B祖父母に会いに行ってきます。
昨日の仕事が終わるまで、「何だかなぁ~」って気が重かったのだけど、仕事が終わった途端楽しみになりました。

でも…San Diegoのお天気が芳しくないようで…。ず~~~~~っと雨が降っていて、これからもしばらくそんなお天気らしい…。重ね着生活から完全に解放されるのを期待していたのだけど、カーディガンは必須の模様。

それより、私、夏のお洋服着られるのかしら。お腹ユルユルのお洋服しか持っていかないけど、着られなかったらショックだわぁ。今夜、試着してみた方がいいかもね…。

San Diegoではお天気が許すのならいっぱい歩きたい。たっくさん写真撮りたい。柄にもなくディズニーランドも楽しみたい。そして美味しいご飯が食べたい。何なら日本食料品店+本屋にも行きたい。

これから2時間ちょっとの仮眠をとって空港に行きます…早いなぁ…3時15分に家を出るのって…。しかもボルチモアから飛ぶんです…失笑。

では、リサーチがかなり不十分なのだけど…行ってきます♪
[PR]
by soiallie | 2010-12-18 23:38 | ♪ 旅のコト ♪ | Trackback | Comments(0)

マタニティーウェア

ゆるゆるだったズボンがそろそろキツイ。

ブラジャーもパンツもそろそろキツイ。

ジーパンもダメ。

スカートなんてもう穿けない。チャックがあがらないもの。

ニットワンピースでこれからの1ヶ月ほどは乗り切るつもりだけど、お腹がまんま~るくなったらどこでお洋服買ったらいいんだろう。

お勧めありますか?
モールまで行かなくっちゃダメかな、やっぱり…。


今日も米Bはお腹に向かってダンスをし、歌を歌ってます♪
アナタ、いいお父ちゃんになるの間違いないね。
[PR]
by soiallie | 2010-12-16 20:28 | ♪ 米B・ベイビーのコト ♪ | Trackback | Comments(0)

うさぎやのどら焼き

食い気先行気味のブログでごめんなさい…。(笑)

ここ数日間私の頭を占領しているのが、うさぎやのどら焼き。我が家ではここのどら焼きしか食べていないほど、一家揃って大好きなどら焼き。

口触り・歯触り、香ばしさ、そして口どけが素晴らしいあの皮。そして甘すぎず、粒食感が堪能できるあの餡。だめぇ~~~~よだれが…。食べられないのに考えるだけで…。あぁ、食べられないのが苦しい。

うさぎやさん、それこそ職人気質です。
昔、お正月前にどら焼きを買いに行った時、会話の成り行きでお店側にとある事情ですぐに食べられないことが伝わってしまい、店頭で怒られました。美味しく食べてもらうことが何より大切なので、すぐに食べてくれないお客さんには売らないなんてことも。私も「販売しないよ」って言われましたから…ハハ。

起承転結も何もないエントリーで失礼。

うさぎやのどら焼き…今夜夢の中ででもいいから食したい。
↑半分、病気ですね♪
[PR]
by soiallie | 2010-12-09 21:34 | ♪ 日本のコト ♪ | Trackback | Comments(0)

妊婦の食生活

妊娠5ヶ月目に入りました。お腹出てきたなぁ。5ヶ月目ってこれくらい出るものなのかなぁ…私のお腹、単なる皮下脂肪ではないことを祈る。(笑)

前にも書きましたが、私は母のように吐いて吐いて吐きまくる悪阻かと思いきや、食べて食べて食べまくるという食べ悪阻でした…。(痛)
満腹なのに、次から次へと食べ物を口に運んでいた妊娠初期…恐ろしい。職場のデスクの引き出しには、今でこそ飴が可愛らしく1袋だけ入っているだけですが、一時はもう溢れんばかりのお菓子が入っていました。引き出し1つでは足りず、2つ目の引き出しまでお菓子が入っていました…恥。

食べると気持ち悪くなるもの
◆サルサソース
我が家ではサルサソースは手作りですが、それが食べられなくなりました。妊娠初期に一度作って食べたけど、今では思い出すだけで気持ち悪い…パス。

◆インスタント出汁の素
我が家は、基本昆布と鰹節できちんと出汁をとります。でも、時間がない時にインスタント出汁の素を使ってお味噌汁を作ったのですが…不味ッ。というわけで、それ以来パス。

◆洋物の食事
クリームパスタは妊娠初期に一度食べて以来×。ピザとかコッテコテのディップとか考えるだけで×。脂っこいものも×。食べたいのはひたすら和食やアジア食。

◆マクドナルドとPopeye
妊娠初期はマクドナルドのダブルチーズバーガーとポテチばっかり考えてました。そしてPopeyeに行ったことはないのに、あそこのフライドチインが妙に美味しく見えて…。でも、先日マクドナルドに行ったら、意外にも不味く感じられて、「もう食べられないな…」と思いました。憑かれていたかのようにあんなに頭の中マックでいっぱいだったのに、意外にも簡単にサヨナラできました。

ムシャムシャ食べちゃうもの
◆Whole Foods Marketのスイカ
冬にスイカなんて、ホント季節外れでお金の無駄遣いに変わりないのだけど、一時期本当に止まらなかったです。つい2週間くらい前に買ったスイカが突然不味くなったのだけど(そりゃそうだ、季節外れだもの)、それでもしばらく買い続けていた私。米Bにyou should stop if it is not tasty!!と言われ、やっと止まりました。
その他、青りんご、グレープフルーツ、バナナ、ブルーベリー、止まりません。

◆ひたすら和食
サラダは食べたくない。作るのに時間がかかっても煮物やらきんぴらが食べたい。

◆煮干し
母が送ってくれた青森県産の煮干し。青森県は幼少時日本に一時帰国するたびに訪れていた母の地元。思い出いっぱい。煮干し食べただけで、あの当時の美味しい思い出が蘇る。
b0166491_9575163.jpg


飲みもの
◆アルコール
呑んべえに見えるタイプですが、体はあまり受け付けません。妊娠発覚半年前から完全にアルコール断ち実行。

◆コーヒー
妊娠発覚から3ヶ月くらいまでは完全に断っていました。でも、それがストレスになってしまい…色々リサーチした結果、1杯/日は影響がないということで、数日間に一度くらいのペースで、マグカップ1/4くらいの量を飲んでいます。すごくリラックスできます。

あとは、今まで通り、手作りのご飯・パン・お菓子を食べています。
ちなみに、私が胎児だった時は、母はマラコー(パパイヤ)をひたすら食べていたみたい。いいなぁ、私もマラコー食べたい…。マラコー、マラコー、マラコー…。

妊婦はとにかく食べることで頭がいっぱい。お昼食べながら「今晩何食べよう」って考えてますから…。下手すると週始めに週末のメニュー考えてるくらい…イヒッ。
太りすぎないようにだけ気をつけないと…♪
[PR]
by soiallie | 2010-12-07 19:25 | ♪ 米B・ベイビーのコト ♪ | Trackback | Comments(0)

Rotiboy

Rotiboyって聞いたことありますか?

ここDCでRotiboyを食べるなんて全く想像すらしていませんでした…。
といっても、本場のマレーシアでも、大行列ができていたバンコクでも食べたことはないのですが…失笑。

バンコクにRotiboyが出来た時は、評判が評判を呼び、とにかく大騒ぎと言ってもいいくらい話題になり、暑いのも待つのも苦手なタイ人が長蛇の列を作って購入していました。私は、いつも横目にしていただけで、実際に購入して食べたことはありません。

職場の近くにBourbon Coffeeがあり、とある朝、いつもは覗かないガラスケースを何とな~く覗いたら、端っこにRotiboyと書かれたパン発見。そして早速購入。

b0166491_10155250.jpg

思っていたより中はしっとりしていて美味しい!!その辺で下手に購入してしまうパンよりずっとずっとず~っと美味しいッ!!
本場の味は一切知らないのだけど、私は美味しくいただいています。結構ヘビロテ食です。
あ~明朝寄り道してRotiboy食べたいなぁ。
↑妊婦は食べることで頭がいっぱい、私だけ?

ところで、バンコクのRotiboy支店達、今はどうなったんだろう??
[PR]
by soiallie | 2010-12-05 20:01 | ♪ 食のコト ♪ | Trackback | Comments(1)
秋のNYC、DCより寒かったです。

◆ラーメン◆
今回はラーメン食べたい!!!願望がとても強く、いつものように色々リサーチしました。
いやはや、自分のこの食べたい願望を満たすためのこのリサーチに注ぐ情熱にまずビックリ。

DCではありつけない美味しいラーメン、NYCには色々ありますね。
でも、DCではありつけないからこそ、絶対に失望したくないという思いも強く、幾つかの候補から、米国・日本人ともに評価の高い一風堂に行くことに。
NYCでも一風堂の値段はド~ンとトップクラスです。日本で1杯700円くらいで食べられるものが、NYCでは1杯1400円ほどと約倍。

でも、美味しいのなら!!ということと、1000円払って失望する可能性があるなら、1400円払って満たされる方がいい!!というわけで、1時間ちょっとも待ちながら、やっとこさテーブルに通されました。

写真撮らなかったけど、美味しかった~~~~!!久々に頂くとんこつラーメン、大満足。でも、私以上に大大大大満足したのはうちの米B。目を離すと、目を閉じてあっちの世界に行っていました。それくらい彼は満たされたようです(笑)。そして…
「いずみんみん、僕は残念だよ。こんなに美味しい食べものが世界にはあるというのに、ピザやハンバーガーで満足しきっている、そして量ばっかりを求める人たちがその美味しいものの存在さえ知らないなんて、本当に残念だよ…」
と、悲しい顔してました。
あなた、本当に米国人?!?!?!?
というくらい、うちの米Bはどちらかと言うとアンチ米国食(笑)。
米B、よかったね。

◆日本料理◆
Brooklynでの食事は米Bがリサーチをして決めました。日本食は外してくるだろうなぁと思ったら、何と日本食を選んだ彼。どんだけ日本食が好きなんだか…って感じです(笑)。
彼が予約を入れたのはZENKICHI。各テーブルが小さく、個室みたいな感じで、デートや好きな人と距離を縮めるにはもってこい、なレストラン。でも、そんな目的がなければちょっと居心地悪いかも…。

私たちは久々にデート気分になりました!!
お任せとアラカルトで迷った結果、アラカルトで色々頂くことにしました。料理は日本サイズで出てくるので、盛り付けもそれだけで満足です。iPhoneで撮った写真たちは暗いので、アップしませんが、どれもこれも美味しかったです。久々につくねやら西京焼きを頂き、大満足+お腹いっぱい。

ここでも驚いたのは米Bの日本食へのオープンな姿勢。彼が前菜に選んだものの一つがたこわさび。たこを口に運ぶ度、またもや目を閉じて別の世界に飛んでしまう米B。
味も食感も堪らないらしい…。よかったねぇ。
デザートも繊細な味で美味しかったです。

◆バー◆
ZENKICHIの後、ハロウィーンパーティーまで時間があったので、Ryeのバーカウンターに寄り道しました。私は、お腹に赤ちゃんがいるので、ジンジャエール専門。
ハロウィーンだったので、恰幅のいいクマみたいなバーテンお兄ちゃんが、チュチュを着てバレリーナになってました。←可愛かった。
とても雰囲気のいいバーカウンターで、お勧めです。

◆ハンバーガー◆
Brooklyn最後のブランチは、DuMont
私は確かローズマリーマリネートチキンバーガー。
b0166491_814735.jpg

出てきたのは胸肉。私、胸肉より断然もも肉派なんです…事前にウェイトレスに確認するべきだった、失敗。ついてきたサラダがとっても美味しかったので、バーガーではなくサラダにすればよかったと後悔…アハハ。

毎日出されているのか分からないけど、最初に出てくる手作りドーナツがすこぶる美味!!!
b0166491_8161925.jpg

バーガーよりずっと美味しい。もう、堪らない美味しさでした。

秋のNYC、今回も美味しいものをありがとう♪
[PR]
by soiallie | 2010-12-05 17:45 | ♪ 旅のコト ♪ | Trackback | Comments(0)

バンコクで15年も排気ガスまみれの生活をしたけど、未だ超健康優良人。タイと日本の大学→民間企業→米国大学院→NPO勤務→現在は旦那の米BとジュニアとワシントンDCで生活中。☆DCでの仕事+育児奮闘記ブログ☆


by soiallie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31