2009年 05月 13日 ( 2 )

AIネタばっかりで申し訳ない…笑。お化け番組の戦略にどっぷりハマってしまっている自分が滑稽なくらいです…ハハハ。

今回は真面目な話です。
私は、Adamに優勝してほしいと思っているし、彼ならMJやPrinceのような大スターになれると思うのです。DannyもKrisもすこぶる上手ですよ。米Bともよく話をするのは、彼らは上手なのだけど、彼らのどちらかが優勝しても、過去のAI優勝者と何ら変わらないのでは…と思うのです。過去の優勝者は名も知られているし、そこそこには売れています。でも、ビヨンセクラスの大スター級がまだいなのです。←少なくとも私たちはそう思っています。

でも、Adamなら、彼なら、大スターになれる!と思うのです。

昨夜Top3のパフォーマンスがありました。今夜いよいよフィアナリストが決定し、来週には優勝者が決定します。それを決めるのは視聴者による電話投票数。

最近思うのは、もしかしたらDannyが優勝するのでは?ということ。何故か…それはDannyの信仰、Adamのバックグラウンドです。Dannyは、教会の音楽監督。彼にはきっと毎週信じられないくらいの(教会・信者)電話投票数があると思うのです。←勝手な憶測ですが…。Dannyは今まで一度も、一度たりともボトム3に入ったことがないのです。日本にいると、なかなか想像するのが難しいのですが、アメリカでの教会の及ぼす影響というのは想像をはるかに超えていると思います。

AdamはAIではゲイ色に蓋をしていますが、彼のバッググラウンドはよく知られていることです。
アメリカって、フレンドリーで、何でもありで、何でもおおっぴろげというイメージがあったりすると思うのだけど…いやいや、日本なんかよりもう~んと保守的だなぁと思うことが多々あります。←保守的だからいい・悪いではありません。
政治にも、中絶なんかにも宗教・宗派色が濃いぃ国です。自分の信じるものに賛同しない者には厳しいひとたちがたくさんいるのもこの国の側面です。

そんなことを普段の生活の中で見たり聞いたりすると、Dannyに投票すること、優勝させることで、antiゲイを世間につよくアピールするのだ!と思う人たちもたくさん出てくるのではないか…と思うわけです。もうそうなると、歌がうまいとか、将来性とかアーティスト性なんか関係無くなっちゃうんですよ。私と米Bだけかしらねぇ…こんなことを考えてしまうのは…。

Adamはスターになれると思います。優勝しなくっても、もう今からあちこちのレコード会社が争奪戦を繰り広げていると思います。優勝しなくっても、間違いなくレコードデビューするはず。でも、やっぱり彼には優勝してほしいの。そしてAIから大スターを輩出してもらいたいの♪







意外や意外…Krisが優勝したりして…。
[PR]
by soiallie | 2009-05-13 13:06 | ♪ TVのコト ♪ | Trackback | Comments(2)

Bishops Garden

昨日、やっとこさ日本国大使館に婚姻届と氏の変更届けを提出してきました。実は、婚姻届は今日が提出期限で、相変わらずこういうことはギリギリにならないと行動しない私です…苦笑。

届を提出した後、帰宅途中にワシントン大聖堂があるので、お天気もよかったので寄り道してみました。バレンタインの日に、入籍をしたのですが、愛の誓いをしたのは、大聖堂の中ではなく、Bishops Gardenにあるgazebo(あずま家)です。
b0166491_028550.jpg


あの日は、雨こそ止んだものの、曇り空で、とっても寒かった…。私たちが着ているコートの色は黒。写真を見ると、「あのぉ…お葬式に参列したんですか?」とツッコミたくなります(笑)。コートの下にはちょっとした袖なしドレスを着ていたので、私はなお寒かった…。

b0166491_0413755.jpgこんなお天気のいい日に愛の誓いをしたかったなぁ…。きれいにお花が咲いていて、本当にすてきな場所。大聖堂に行く際には、ぜひぜひこのBishops Gardenにも寄ってみてください♪
[PR]
by soiallie | 2009-05-13 11:25 | ♪ 日常生活のコト ♪ | Trackback | Comments(0)

バンコクで15年も排気ガスまみれの生活をしたけど、未だ超健康優良人。タイと日本の大学→民間企業→米国大学院→NPO勤務→現在は旦那の米BとジュニアとワシントンDCで生活中。☆DCでの仕事+育児奮闘記ブログ☆


by soiallie
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31