ジュニア1号の日本語と英語

前にも書いたことがありますが、我が家の言語環境は…

私⇔ジュニア 日本語
米B⇔ジュニア 英語
私⇔米B 英語

となっています。
今でもそれは変わらず、実に見事なほど分業となっています。(笑)


日本語と英語はそれぞれ上手に話せる1号ですが、ここ1ケ月ほどで「これは日本語」「これは英語」と自分で言語の区別がつくようになってきました。

「マミーはいっぱい英語が話しかけられるね」
*「話せる」が「話しかける」になってしまうジュニア1号。ただいま私は一生懸命直してあげようとしています。

「Daddy, when I get older, I will speak English only?」

「マミー、batは日本語で何て言うの?」

という具合に…。


絵本は、私が日本語、米Bが英語とこちらも完全分業ですが、私のところに英語の絵本を持ってくること最近はあります。逆も然り。
でも、私と米Bはこれでもかというくらいに完全分業に徹し、お互いの言語での読み聞かせを徹底しています。


とは言いつつも、ジュニア1号がこっちの学校に行き始めたら英語が圧倒的に強くなるのは当然のこと。
小さい時はとにかく日本語の基礎を、そして大きくなってもきちんと日常会話はできるようにさせたいので、私が頑張るしかありません。

たくさん日本語で話をし、たくさん本を読んで聞かせ、日本語のアニメを見せて、常に日本語に慣れ親しむことができて、かつ常に日本と日本語に興味が持てるようにさせるのが私の務めです。
ちゃんぽんやlimitedにならないように努力していきます。

4月からは日本語の幼稚園(土曜日のみ)に行くことも決まりました~‼
そんなに空きがないようで、入園は厳しいなと思っていたけど、日本語も問題ないとのことで何とか行けることに。
これまでの努力が初めて、そしてや~っと実を結んだという感じです。

頑張れ1号。
母ちゃんも頑張るよ。
そして2号も兄ちゃんに続いて頑張れ~。
b0166491_0365831.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://soiallie.exblog.jp/tb/24098460
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by soiallie | 2015-02-05 00:02 | ♪ ジュニアたちのコト ♪ | Trackback | Comments(0)

バンコクで15年も排気ガスまみれの生活をしたけど、未だ超健康優良人。タイと日本の大学→民間企業→米国大学院→NPO勤務→現在は旦那の米BとジュニアとワシントンDCで生活中。☆DCでの仕事+育児奮闘記ブログ☆


by soiallie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31