我が家の語学環境

今更言うまでもありませんが、我が家は日米カップルです。
米国人と結婚するなんて思ってもいなかったなぁ。
米Bに言わせれば、「こっちだって日本人と一緒になるなんて考えたこともなかったよ…」と。
お互い人生が変わったものです。

ジュニアが生まれてくるまで我が家の語学環境は英語100%でした。
何せ米B、日本語話せないので…。そもそも結婚するまで日本には興味のきの字もなし。さらに遡り、学生時代にはアジア出身の女の子なんてどこか軽視していたほど。
それが今じゃあ、アジア大好き。日本のことは何でも好き好き大好き。「僕、生まれてきた国を間違えた気がする」と本気でつぶやくことがある米B。
人生面白いものですね。


さて、ジュニアが生まれてからの我が家の語学環境はガラッと変わりました。
私⇔米B  英語
私⇔ジュニア  日本語
米B⇔ジュニア  英語
米B⇔私⇔ジュニア  私とジュニアは日本語、米Bとジュニアは英語、私と米Bは英語

私は、何が何でも我が子をバイリンガルに‼と息巻いている母さんでは全くありませんが、会話と基本的な読み書きだけはちゃんとできるようにしてあげたいなと思うのです。米Bはこの意見に100%賛成しています。

ジュニアが生まれてから私が仕事を辞めるまで、彼はナニーと過ごす時間が多かったので最初に強くなったのは英語ですが、私が仕事を辞め24/7一緒に過ごすようになってからは一気に日本語が伸びました。読んであげる絵本も日本語のみ。見せるTV番組も日本語のもののみ。
米Bは英語担当です。読んであげる絵本は英語のみ。見せるTV番組は英語のみ。
とこんな具合で、彼の語学力は日本語英語ともに同じようなスピードで上達していっています。
でも、時々英語が詰まることがあり、頭の中では日本語になっちゃっているのかなと思う節があります。
b0166491_2229508.jpg



私はジュニアの会話は今となってはどこにいても日本語一本になっていますが、公園など周りに人がいる時は最初は英語になっていました。
外で日本語を話すのが恥ずかしいというよりも、周囲も分かる言葉で話した方がいいのかなという気持ちがありました。
でも、100%スペイン語で娘さんと話をする友人と語学環境について話をしていた時、彼女はこんなことを言いました。
Consistency. This is really important.
「大切なのは一貫性よ」というわけです。強烈なパンチを受けたと同時に、目の前が一瞬にしてパーーッと明るくなった瞬間でした。

ジュニアは私の息子。どこにいたって彼との関係を何よりも重視・尊重しなければいけないのに、そしてそれをしてあげられるのは私しかいないというのに、外では「私⇔ジュニア」の関係よりも「私⇔周囲」の関係を無意識のうちの優先してしまっていたことに気付いたのです。親として失格だなぁと思った瞬間でした。
そしてそれからはどこにいても日本語一本で話をすることを決意したのです。

ジュニアもそれを感じ取ったのでしょう。私と話をする時は彼の口からは英語は一切出てきません。そして彼が米Bと話をする時は、日本語は一切出てきません。
そして面白いことに、私にTVを見たいと伝えてくる時は「アンパンマン」や「しまじろう」など日本の番組しか出てこないし、逆に米BにTV番組を見たいと伝える時には英語の番組しか出てきません。でも、米Bには時々日本語の絵本を持っていくことがあります…。可愛い。

ジュニアが「〇〇で遊んでもいい?」と私に聞いてくると、私は「ダディーに聞いてごらん」と返します。そうすると彼は「Daddy, can I play with........?」と英語で聞いています。
そして米Bが「Did you say THANK YOU! to mommy?」とジュニアに聞くと、彼は私のところにテクテクとやってきて「マミー、ありがとう‼」と言います。
2歳10か月だというのに、上手に切り替えができていて羨ましい限り。

米B、私、ジュニアの3人で話をする時ですが、この時も私は日本語でジュニアに話し、米Bは英語で話します。私と米Bは英語で話をしますが、ジュニアは何を話しているかは分かっています。3人の会話、当初は米Bだけが日本語の部分が分からなかったけれど、最近では何とな~く理解できるようになってきたみたいで、以前ほど逐一米Bのために通訳をする必要はなくなりました。

ちなみに、音ですが、どちらの言葉もネイティブ並みの発音。あ~~、でも、英語が時々「日本語っぽく」聞こえることがあるようです。
まぁ、英語は幼稚園に行きだしたらあっという間に強くなるだろうからな~~~んの心配もしていません。
余談ですが、なんと米Bの英語も「ちょっとネイティブとは違う…」となることがあるようです。彼のパパママや同僚に時々言われているようで、「キミのせいだ」と冗談で責められています。(笑)

と、こんな具合で、我が家ではジュニアの語学の伸びに目を見張るものがあります。
それに続くように、米Bも赤ちゃんが聴きながら言葉を習得していくように、以前より日本語のヒアリングと理解力がぐ~~んとアップしました。
そして彼ら2人に反比例するかのように、私の英語力はどんどんどんどん、とにかく日々ひたすら下降していくばかり…。
言葉はある種の生き物。生かしてあげなければどんどん朽ちていきます…。
あぁ、私の英語の行く末は…。どんよりです。(笑)
[PR]
トラックバックURL : http://soiallie.exblog.jp/tb/22217339
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by soiallie | 2014-03-07 15:07 | ♪ ジュニアたちのコト ♪ | Trackback | Comments(0)

バンコクで15年も排気ガスまみれの生活をしたけど、未だ超健康優良人。タイと日本の大学→民間企業→米国大学院→NPO勤務→現在は旦那の米BとジュニアとワシントンDCで生活中。☆DCでの仕事+育児奮闘記ブログ☆


by soiallie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31