調子が狂ってしまった2013年最後の日の午後

2013年最後の日、我が家はここ地元のVAのアレキサンドリアで過ごすことに。
少々風は吹いていたけれど、午前はOld Townに散歩に行き、家族3人水入らずで過ごしました。
b0166491_641479.jpg



今年は、クリスマスも年末年始も米Bとジュニアとエイタン(お腹のベビたんが4月出産予定なのでこの名前になりました)と4人で過ごしています。ジュニアの暴れっぷりに振り回されてはいるものの、義家族と過ごさなくていいというストレスの少ない年末年始でとても穏やかです。

散歩帰りにLe Pain Quoitidianに寄って、3時のおやつにタルトを購入しました。
ジュニアが昼寝をしている間に、久々に米Bと座って話をしたいと思ったのです。
数日前に婚約6周年を迎えた私たち。年末くらい2人で手を握り合いながら、これまた久々にラブラブと見つめあって、話なんかしたいと思っちゃったんです。

お昼も終わり、ジュニアをクリブに入れ、3時のおやつまで米Bは昼食の片づけをし、私はお部屋の掃除をし、気持ちよく3時のおやつにするわよ!!と思ってました。

一方ジュニアは…30分経っても、1時間経ってもまだ一人でお喋りしたり、歌を歌っています。
そしてついにはクリブを蹴りだした我が家の暴れん坊将軍。

そのうち静かになるでしょと思っていた私たち。
b0166491_641725.jpg
私は3時のおやつのタルトをお皿に乗せ、ルイボスティーの準備をし、ついでに写真なんかも撮っちゃったりし、それらをテーブルに運び、米Bに「できたよ~」と声をかけ、2人して椅子に座り、お茶を一口飲み、さぁ!!いよいよ見つめあいながら手を握り合うわよ!!と思った瞬間、ジュニアは静かになるどころかどったんばったんとさらに激しくクリブを蹴り始めました。

米Bはおもむろに席を立ち、ジュニアの部屋へと入っていったのです。
そう「寝なさいね」と言いに。

ところが部屋から聞こえてきたのは「Why did you take your pants off? Oh my.......!!!」という米Bの驚きの声。

こら大変だ!!とすぐに察知した私もいざジュニアの部屋へ行くと…
部屋中ウンチの臭いで充満…。
あぁ、何てこったい。

ズボンは脱ぎ捨てられ、オムツからは大量のウンチがはみ出していたのです…。
洋服もシーツも、さらにシーツの下に敷いているパッドまで汚物まみれ…。

ジュニア、時々昼寝しながらズボンを脱いでしまうことがあります。
しかもここ数日はまたもや便秘でした。
でも、今朝の長い散歩で腸が刺激されたおかげでウンチが出始めたのですが、ジュニアの場合は、便秘後は続けざまにウンチが出ることがほとんど。
ズボンを脱いでしまう癖とこの便秘直後だったタイミングがバッチリ重なり、彼のクリブは大変なことになってしまいました…。

米Bはすぐさまジュニアにシャワーを浴びさせ(シャワー浴びなきゃいけないほど背中にもウンチがビッチリ…)、私は2013年最後の洗濯を終えたと思って疑っていなかったのに、また洗濯をするはめに…。

シャワーを浴びているジュニアのところに行って皮肉をこめながら
「ジュニアよ、Thank you‼」と言ったら
「マミー、どういたしまして‼」
と返ってきた。ちなみに日本語で返ってきました。

ジュニアを再びクリブに入れ、米Bと再度テーブルについたものの、ラブラブなおやつタイムを過ごそうという気はすっかり失せてしまった私たち。ルイボスティーは完全に冷えちゃってるし…。あ~ぁ。
そして手を握り合うどころか、彼はiPadでドラマを見始め、私はブログを書き始め、まったく別なことをしている今この瞬間。

いつもと違うことをしようと思ったのに、結局調子が狂ってしまいいつもと変わらない午後の時間。

やれやれ。
[PR]
トラックバックURL : http://soiallie.exblog.jp/tb/21768540
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by soiallie | 2013-12-31 15:42 | ♪ ジュニアのコト ♪ | Trackback | Comments(0)

バンコクで15年も排気ガスまみれの生活をしたけど、未だ超健康優良人。タイと日本の大学→民間企業→米国大学院→NPO勤務→現在は旦那の米BとジュニアとワシントンDCで生活中。☆DCでの仕事+育児奮闘記ブログ☆


by soiallie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30