安息の日々

いつの日も私は 見えない道を
たよりない足取りで 歩いた
ためいきひとつで 壊れてしまうような
そんな人生を

時には人知れず 休むことを覚え
このまま眠りたいと思った
ありきたりの夢 ありきたりの愛
それさえも煩わしく感じた

ただ流れてゆく 季節の中で
私は何を 何を感じて
生きてゆけば 生きてゆけばいいのか


この空を見上げて 今度こそはと
何度つぶやいてみただろう
春はいつの日も 優しいふりだけで
私の目の前を 過ぎてゆく

ただ流れてゆく 季節の中で
私は何を 何を感じて
生きてゆけば 生きてゆけばいいのか


ああ 限りなく風吹けども この道遠けれども
この瞳をあけて 歩けるような
そんな勇気が
そんな勇気が
今はほしい

安息の日々 By C&A



時々、本当にこんな状態になります。
二本足できちんと立って、しっかりと歩を進めていきたいのに、何もかもが嫌になり真っ暗に思えてしまうことが。
自信を持って、胸張って、堂々としたいのに、何だか完全に自信喪失しちゃってギリギリのところで息してるっていうことが。
こんな性格故、ついついどんなところでも笑顔しちゃうけど、誰ともすれ違わない帰宅時には酷い顔していることが。

10代の時には到底理解できなかったC&Aの「安息の日々」。
今ではバイブルです。(笑)

さ、あんまり頑張りすぎず、良い加減で生きていきますかね。

はてぇ、30代半ばってこんなに悩むんだぁ。
どっち行ったらいいのか分からないことがいっぱい。
苦しすぎて「ヘルプ」サインを首からぶら下げたい気持ちになることも多々あり。
はてぇ、いつになったら上向きになるのかなぁ。
[PR]
トラックバックURL : http://soiallie.exblog.jp/tb/20082588
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by soiallie | 2013-02-27 06:48 | ♪ 日常生活のコト ♪ | Trackback | Comments(0)

バンコクで15年も排気ガスまみれの生活をしたけど、未だ超健康優良人。タイと日本の大学→民間企業→米国大学院→NPO勤務→現在は旦那の米BとジュニアとワシントンDCで生活中。☆DCでの仕事+育児奮闘記ブログ☆


by soiallie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31