メトロに置き忘れてしまったiPhoneの行方

昨日、友人夫婦のお別れピクニックに参加した後、メトロにiPhoneを置き忘れてしまいました。
置き忘れたというか、ポケットからスルッとiPhoneが抜け落ちてしまったというのが正直なところ。
気付いたのはメトロを降りて、アパートに帰って来る途中でした。

つい2週間前に3Gから3GS(4にはしませんでした。2年契約している間に米国を離れる可能性も無きにしも非ずなので…)にしたばかり…。つまりは新しく契約をしたばかり…契約破棄をしても、契約内容を変えたとしても、高額な出費となること必至なので、「iPhoneがない!!」と気付いた時には米Bにこっぴどく怒られましたよ。

米Bが私のiPhoneサービスを停止する手続きをしている間に、私は走って駅に戻りました。と言っても、パニくっていた私は
メトロのことだし、iPhoneはきっと誰かに盗まれて転売されちゃうんだろうな
って思ってました。

悪名高いメトロのことだから、どうせ駅員には冷たくあしらわれてお終いだろうと覚悟をしつつ、窓口に行きました。冷たくあしらわれるくらいなら、ホームに下りてやって来る電車を一本づつつぶさに自分で確認するしかないなと思いました。
なぜなら!!!
・私が降りた駅から終点まではそんなに駅数がない
・お金のないメトロ、週末は本数が少なく限られた列車をフル回転で使用しているであろう→つまり車庫には入らないであろう(もちろん掃除なんて入りません)
・週末は単線運転をしているので、終点まで行って、そのまままた運転してやってくるまで最低30分はかかるであろう
・私が乗った車両は端っこ車両で、どう考えても終点まで行って、また戻って来る間は限りなく空いているであろう
というわけです。

でもとりあえず窓口に行き、お姉ちゃんに相談。彼女、意外にもいい人でした。終点までの各駅に電話を入れて落し物を確認してくれたけど、届けられていないとのこと。←そりゃそうだ、見つけた人はよっぽどのことでない限り転売するだろうし、私の乗った車両はガラ空きで、終点から戻ってきても間違いなくガラ空きだから人の目には触れない可能性が高いからだ。お姉ちゃんが各駅に電話を入れている間に、私がメトロを下りてから30分ちょっとが経とうとしていた。

落し物連絡先をもらって、私はそのままホームへダッシュ。もちろんiPhoneがないか終点からやってくる電車を一本づず確認するため。

一本目。ナシ。

二本目がやってくるまで6分ありました。この6分間に、次にやってくる電車にある!!という根拠のない自信がどうしてだか沸いてきました。本当にこれといった理由などないけど、そんなつよい自信があったのです。

で、二本目。

実は帰って来る時、車両を一度乗り換えています。でも、車両も座った場所もきちんと覚えていたので、確認するのは簡単でした。

二本目がホームに入ってきました。予想通り、端っこ車両はガラ空き。電車が停車し、まず最初に乗った車両座席を確認。
iPhoneはナシ。

次に乗り換えた車両の座席を確認。

あった、あった、あった、あったぁぁぁぁ~~~~!!!
奇跡ぃぃぃぃ!!!

根拠のない自信があったけど、やっぱり自分の目で確認できた時は信じられませんでした。だってあのメトロに置き忘れたiPhoneが戻ってくるなんてぇ!!!

iPhoneを片手に帰宅した私を見た米Bは、You are lucky.と、それはそれは相当驚いていました。

何だか一生分の運を使ってしまった気がするなぁ。
ともあれ、iPhoneが無事手元に戻ってきて何より。
これからは持ち運びには十分気をつけます♪
反省…。
[PR]
トラックバックURL : http://soiallie.exblog.jp/tb/15961261
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by soiallie | 2011-07-17 20:38 | ♪ 日常生活のコト ♪ | Trackback | Comments(0)

バンコクで15年も排気ガスまみれの生活をしたけど、未だ超健康優良人。タイと日本の大学→民間企業→米国大学院→NPO勤務→現在は旦那の米BとジュニアとワシントンDCで生活中。☆DCでの仕事+育児奮闘記ブログ☆


by soiallie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31