感謝と喜びで満たされる瞬間

帰宅後郵便受けを開けたら…
きゃ~~~~ッ!!!
嬉しい悲鳴を上げそうになりました!!

友人日Kから素敵な贈り物が届けられました。
b0166491_8162714.jpg


COURRiER Japonは私が日本にいた頃愛読していた雑誌。特集内容が”貧困大国(アメリカ)”ということで送ってくれたとのことだけど、この雑誌を私が好きだったということを覚えていてくれていたということが、涙が出るほど嬉しかったのです。

そして『貧困大国アメリカII』と『オバマ演説集』も一緒に送ってくれました。

でも、何よりも嬉しかったのは、直筆の手紙。米Bと一緒に共有できるように英語で書いてくれて、気遣いと優しさを感じました。


私の両親は日本では生活をしていないので、日本から何か送られてくるということはあまりありません…。ちなみに、私が幼い時、私の母も日本からそんなに小包などが送られてくることはなかったです。

何てったって…
あなた、すぐ日本に来たりするんじゃないわよ。もううちの娘でなくなるのだから…
という言葉で私を嫁に出したほどですから。

厳しい~ッ!!って思われるかもしれませんが、私はここに母の娘を想う愛と優しさを感じました。
ここDCでも地元で手に入るもので色々工夫をしていこうと心がけていますが、やはり日本の書籍は高根の花ですからねぇ。。。

昨年は、coupyからの文庫本、日Mがしこたま購入してくれた書籍…今でも大切に大切にしています。子どもたちが大きくなった時に、彼らも読書できるようにこれからもず~っと大事にしていきます。
日K、本当にありがとう。
でも、あなたからの手紙がとてもうれしかったです。あなたの文章を読んだだけなのに、まるであなたと会話をしているような気分になりました。
言葉にならないほど心が満たされました。ありがとう。
[PR]
トラックバックURL : http://soiallie.exblog.jp/tb/13040148
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by soiallie | 2010-03-23 19:13 | ♪ 日常生活のコト ♪ | Trackback | Comments(0)

バンコクで15年も排気ガスまみれの生活をしたけど、未だ超健康優良人。タイと日本の大学→民間企業→米国大学院→NPO勤務→現在は旦那の米BとジュニアとワシントンDCで生活中。☆DCでの仕事+育児奮闘記ブログ☆


by soiallie
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31