英語がとっても楽しかった年月~Mariah Carey~

なんてタイトルだと、まるで今英語が楽しくないような感じですね…大爆笑。
はい、苦痛です…なんてね(笑)。

昨日youtubeである歌を久々に聞いてですね、まるでスポンジのように英語と発音を身につけていったことを思い出しました。英語のには、本当にお世話になったんです。↓


記憶に残っている一番古い英語の歌は、Silomの日本料理屋さん『ごろう』(今は存在しているのかも知りません…)で見た、聞いた、Michael JacksonThriller。5歳だった私は、歌詞には興味を示さなかったけど、今でも大好きな一曲です。

その後、小学3年生の時に見たThe Sounds of Music。英語の家庭教師Gerryにドレミの歌の歌詞を教えてもらい、必死に覚えました。*Gerryは英国人。でも、歌の影響がとっても強く、英国英語を私は話しません…エヘヘ。

中学生になってからはThe BeatlesCarpentersから英語と発音を教えてもらいました。

そして高校生でMariah Careyの歌との衝撃的な出会いがありました。あれは、確かSONYの電池だったかなぁ…SONYのCMで彼女の歌を聞き、ぐぐッと引き込まれたのを覚えています。それからは、彼女の歌を聞きまくりました。歌詞に出てくる知らない単語を、辞書でひきまくったあの日々…懐かしい。辞書でひいては、歌に合わせて歌い、聞こえてくる音と自分が発している音が同じかどうかを確認していたあの日々…オタクっぽいですが(笑)…懐かしい。ポケベルにもピッチにも関心を示さなかった私の興味は、ひたすらこういうことに走りまくっていったのです。

私は、彼女の歌が本当に好きで、デビューアルバムから3,4作品目くらいまでは今でも大切に持っています。1999年くらいから、何だかなぁ~な感じに方向転換してしまった彼女…。それに伴い、歌も何だかなぁ~な感じに…。もう今では彼女には見向きもしなくなってしまいましたが…溜息。

でも、昔の歌は本当に大好きです。とってもドラマチックで、高校生の私の頭でも歌詞から情景が描けてしまうくらい素敵なのです。そこに彼女のあの歌声と声量。ライブも行ったし、youtubeなんかでもいろんなライブを見ました。彼女のすごいところは…ライブでも、まるでCDを聴いているみたいなところ。息つぎもほとんど聞こえません。歌のプロってこういうことなのね…と思わせてくれたのもまた彼女でした。

↓こちらの歌、高校生の時に「私にもこんな風に思える日がいつか来るのかなぁ」と思いながら覚えた歌です。今は、この歌詞がすっと入ってきます。米Bのために、有難迷惑でも情感たっぷりに歌ってあげたいわ♪


ふわぁ~、この時の彼女、本当に可愛いですね。アクセサリーは、指輪以外何もつけていないんですよ。派手な舞台装置もなし。キラッキラの衣装もなし。露出度も低。なのにこの溢れんばかりの可愛らしさ!同性の私もウットリ♪
[PR]
トラックバックURL : http://soiallie.exblog.jp/tb/10904647
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by soiallie | 2009-05-07 21:48 | ♪ 日常生活のコト ♪ | Trackback | Comments(0)

バンコクで15年も排気ガスまみれの生活をしたけど、未だ超健康優良人。タイと日本の大学→民間企業→米国大学院→NPO勤務→現在は旦那の米BとジュニアとワシントンDCで生活中。☆DCでの仕事+育児奮闘記ブログ☆


by soiallie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31